浄土ヶ浜

投稿日:

pa060631-2015-10-13-00-081.jpg

「宮古の塩」で有名な岩手県宮古市の三陸海岸。
そこの景勝地のひとつに「浄土ヶ浜」があります。

pa060487-2015-10-13-00-081.jpg

三陸海岸を北から南へ車を走らせていると、眩しいほどの青い海が見えてきました。

img_6830-2015-10-13-00-08.jpg

東日本大震災の時、ここも津波の被害を受けましたが、今は美しい風景が広がっています。

pa060488-2015-10-13-00-081.jpg

浄土ヶ浜にはいくつか展望台がありますが、まずは「剛台展望台」へ。

pa060497-2015-10-13-00-081.jpg

ここからの展望で見所は「蛸の浜」が一望できること。

pa060490-2015-10-13-00-081.jpg

不思議な浸食をうけた「蛸の浜」はその名の通り蛸の足のようです。

pa060498-2015-10-13-00-081.jpg

続いて訪れたい展望台は「御台場展望台」。

pa060501-2015-10-13-00-081.jpg

ここからは「浄土ヶ浜」の全貌が見渡せます。

pa060509-2015-10-13-00-081.jpg

奇怪な造形の島々が横一列に並びます。

pa060510-2015-10-13-00-081.jpg

コバルトブルーからエメラルドグリーンへと色を変える海。

pa060526-2015-10-13-00-081.jpg

「御殿場展望台」を降りてきました。

pa060528-2015-10-13-00-081.jpg

ここには「浄土ヶ浜マリンハウス」がありますが、そこで「さっぱ船」という小さなボートに乗って、遊覧を楽しむことにします。

pa060530-2015-10-13-00-081.jpg

風を切ってさっぱ船が進みます。

pa060532-2015-10-13-00-081.jpg

ウミネコの餌にと渡された「かっぱえびせん」を手にとって掲げます。

pa060542-2015-10-13-00-081.jpg

群がってきたウミネコにちょこちょこ指を突かれ、

pa060545-2015-10-13-00-081.jpg

わりと痛いです。

pa060547-2015-10-13-00-081.jpg

でもしばらく腕に乗ってくれたりして可愛いウミネコ。

pa060554-2015-10-13-00-081.jpg

茶色いウミネコは子供です。

pa060558-2015-10-13-00-081.jpg

奇岩が近づいてきました。

pa060565-2015-10-13-00-081.jpg

先の尖った岩々は「剣の山(針の山)」と言われています。

pa060571-2015-10-13-00-081.jpg

白い岩は古代の火山岩だそうです。

pa060576-2015-10-13-00-081.jpg

大きな岩が近づいてきました。

pa060578-2015-10-13-00-081.jpg

岩の上では、白い「こはまぎく」の花が満開を迎えています。

pa060582-2015-10-13-00-081.jpg

このくぼみは「賽の河原」と言われています。

pa060586-2015-10-13-00-081.jpg

他に「血の池」などもあり、青森の恐山と同じく地獄の地名で呼ばれているのが面白いです。

pa060590-2015-10-13-00-081.jpg

洞窟が見えてきました。

pa060597-2015-10-13-00-081.jpg

岩肌は白く切り立って美しいです。

pa060598-2015-10-13-00-081.jpg

触れると切れそうな鋭い岩。

pa060601-2015-10-13-00-081.jpg

洞窟の奥で潮吹きが見れました。

pa060603-2015-10-13-00-081.jpg

この潮吹きはレアだそうで、見ることができると幸せになれるらしいです。
そして後ろを振り返ってみると、

pa060609-2015-10-13-00-081.jpg

「青の洞窟」と呼ばれる光景が広がっていました。

pa060629-2015-10-13-00-081.jpg

白い岩肌が光を反射して、海底がブルーに光るということですが、
朝に訪れると奥まで光が差し込み、美しさが増すそうです。

pa060630-2015-10-13-00-081.jpg

楽しかった船を降りて、浜を目指します。

pa060634-2015-10-13-00-081.jpg

その光景は、この世とは思えぬ美しさです。

pa060640-2015-10-13-00-081.jpg

浄土ヶ浜の名を付けたのは江戸時代の僧、宮古山・常安寺の「霊鏡竜湖」(れいきょうりゅうこ)和尚だと云います。

pa060655-2015-10-13-00-081.jpg

当時里人もめったに訪れなかった浄土ヶ浜は、舟かあるいは獣道を分け入ってたどり着く秘境だったそうです。

pa060664-2015-10-13-00-081.jpg

霊鏡竜湖は信仰上のテリトリー争いで、金浜の神峯江山寺との軋轢を苦に、享保12年、盛岡での裁判の帰り道、遠野の地で自殺したと伝えられます。

pa060666-2015-10-13-00-081.jpg

「さながら極楽浄土の如し」
孤高の僧が、苦道の果てに見た秘境。
東の果てに楽園はありました。

pa060673-2015-10-13-00-081.jpg

b_ornament-2015-10-13-00-08.jpg

img_6840-2015-10-13-00-08.jpg

追記:宮古市の「蛇の目本店」さんでランチしました。
海鮮丼の盛りに驚愕です!

img_6841-2015-10-13-00-08.jpg

39.65239, 141.97865

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください