一関 厳美渓・猊鼻渓

投稿日:

pa090118-2015-10-14-08-26.jpg

一関には、有名な二つの渓谷があります。
「厳美渓」(げんびけい)と「猊鼻渓」(げいびけい)、二つの個性的な渓谷を訪ねてみました。

b_ornament_24_0m-2015-10-14-08-26.jpg

pa090117-2015-10-14-08-26.jpg

【厳美渓】
厳美渓(げんびけい)を訪れての第一印象は、「わりと小さい」でした。

pa090103-2015-10-14-08-26.jpg

思ったほど規模は大きくなかったですが「高千穂峡」に似た「ポットホール」という、丸くえぐれた岩が数多く見られます。

img_6923-2015-10-14-08-26.jpg

が、ここで一番のお楽しみは何と言っても「空飛ぶだんご」で有名な「郭公だんご」。

img_6918-2015-10-14-08-26.jpg

対岸からカゴにお代を入れ木槌で板を叩きます。

pa090095-2015-10-14-08-26.jpg

するするとカゴが引っ張られ、

img_6922-2015-10-14-08-26.jpg

中にだんごが入って戻されるというシステム。

img_6925-2015-10-14-08-26.jpg

だんごが400円はやや高いと思いましたが、二人に一つで十分な、かなりのボリューム。
そして三つの味のそれぞれがとても美味で餅もやわらかです。
特に黒ごまあんの美味さは格別でした。

pa090115-2015-10-14-08-26.jpg

空飛ぶイベント抜きにしても食べる価値ありです。

pa090109-2015-10-14-08-26.jpg

もちろん、肝心の渓流を堪能して次へと進みます。

pa090113-2015-10-14-08-26.jpg

b_ornament-2015-10-14-08-26.jpg

【猊鼻渓】
「厳美渓」から車で30分弱。

img_6897-2015-10-14-08-26.jpg

「猊鼻渓」(げいびけい)では壮大な渓谷を川下り(川上り?)で楽しみます。

pa090012-2015-10-14-08-26.jpg

平たい船を船頭さんが漕いで、川を上って下る旅。

pa090021-2015-10-14-08-26.jpg

目の前に広がる渓谷は首が痛くなるほど高く、壮大です。

pa090019-2015-10-14-08-26.jpg

登りはゆったりすすみます。

pa090024-2015-10-14-08-26.jpg

様々な名称の岩々を船頭さんが説明してくれました。

pa090022-2015-10-14-08-26.jpg

秋の空と色づいた岩肌のコンストラストが美しい。

pa090033-2015-10-14-08-26.jpg

途中にある「毘沙門洞」です。
奥に毘沙門天を祀ってあります。

pa090047-2015-10-14-08-26.jpg

舟はやがて目的地へ着きます。

pa090062-2015-10-14-08-26.jpg

ここで一旦舟を降り、砂利の洲を歩きます。

pa090065-2015-10-14-08-26.jpg

その奥には日本百景に選ばれた「獅子ヶ鼻」が待ってます。

pa090068-2015-10-14-08-26.jpg

橋を渡った先にある、

pa090070-2015-10-14-08-26.jpg

断崖絶壁に囲まれた、神秘的な空間。

pa090072-2015-10-14-08-26.jpg

日本百景「獅子ヶ鼻」です。

pa090071-2015-10-14-08-26.jpg

崖の真ん中あたりを見てもらうと、

pa090073-2015-10-14-08-26.jpg

崖から突き出た巨大な岩があります。

pa090080-2015-10-14-08-26.jpg

これはどう見ても鼻の形。
なるほど、獅子の鼻のようです。
そう、これが渓谷の名の由来の「大猊鼻岩」。
鼻息さえ感じられそうです。

pa090077-2015-10-14-08-26.jpg

目のような穴が対岸にあります。

img_6898-2015-10-14-08-26.jpg

ここに「運玉」を投げ入れ、見事穴に入れば願いが叶うといいます。

img_6899-2015-10-14-08-26.jpg

ところが対岸まではかなりの距離があり、そもそも僕の肩では届かせるのも困難。

pa090079-2015-10-14-08-26.jpg

しばし秋の涼を堪能して、再び舟へ。

pa090023-2015-10-14-08-26.jpg

帰り道には船頭さんが舟唄を歌ってくれました。

pa090060-2015-10-14-08-26.jpg

渓谷に響く唄声を聴きながら穏やかな風に吹かれ、ゆるゆると帰途につきました。

pa090083-2015-10-14-08-26.jpg

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

w

%s と連携中