ウトロ

投稿日:

p6040151-2017-03-3-07-00.jpg

北海道はとても広いので、1日フルに楽しむために、深夜のうちの、日が昇る前から車を走らせます。
向かう先は東の果て、知床。

p6031121-2017-03-3-07-00.jpg

知床が近づいてくると、奇岩が浮かぶ海が見えて来ました。

p6031082-2017-03-3-07-00.jpg

途中に鹿園がありましたが、道東では野生の鹿をどこでも見ることができます。

p6031088-2017-03-3-07-00.jpg

知床の中心地を「ウトロ」といいます。

p6031105-2017-03-3-07-00.jpg

ウトロに入るとすぐに「オシンコシンの滝」が見えて来ます。

p6031111-2017-03-3-07-00.jpg

「オシンコシンの滝」はアイヌ語で「チャラツセナイ=すべり落ちる滝」と呼ばれ、知床半島最大の名瀑です。
二筋に分かれた流れは優雅なカーブを描いて海へ注ぐため「双美の滝」とも呼ばれています。

p6031217-2017-03-3-07-00.jpg

ウトロ港に着くとエアーズロックばりに目立つ大岩があります。

p6031161-2017-03-3-07-00.jpg

「オロンコ岩」と呼ばれるその岩は先住民族「オロッコ族」に由来し、
「そこに座っている岩」を意味するアイヌ語が語源となっているそうです。

wpid-p6031164-2015-11-9-10-13-2017-03-3-07-00.jpg

垂直に切り立った側壁を階段で登りますが、

p6031172-2017-03-3-07-00.jpg

かなりの急勾配に息が切れます。

p6031169-2017-03-3-07-00.jpg

一息つくと、いたるところでウミネコの歓迎を受けました。

wpid-p6031196-2015-11-9-10-13-2017-03-3-07-00.jpg

ここはウミネコの巣になっているようです。

p6031182-2017-03-3-07-00.jpg

ようやく階段をのぼりきると、そこには空中庭園があります。

wpid-p6031200-2015-11-9-10-13-2017-03-3-07-00.jpg

まさに天空の楽園です。

p6031207-2017-03-3-07-00.jpg

汗ばんだ体に風が気持ちいいです。

p6031203-2017-03-3-07-00.jpg

儚げな花々。

p6031211-2017-03-3-07-00.jpg

海側の風景も格別。

wpid-p6031199-2015-11-9-10-13-2017-03-3-07-00.jpg

下を見下ろすと、何かに似た岩がありました。
今にも車が踏みつぶされそうです。

wpid-p6031219-2015-11-9-10-13-2017-03-3-07-00.jpg

見たまんま、「ゴジラ岩」。

p6031190-2017-03-3-07-00.jpg

散策を楽しんだら、下に降ります。

p6031214-2017-03-3-07-00.jpg

b_ornament-2017-03-3-07-00.jpg

p6031122-2017-03-3-07-00.jpg

更に東の奥へ車を走らせます。

p6031148-2017-03-3-07-00.jpg

九州では見ることのない白樺の森が広がっていました。

p6031226-2017-03-3-07-00.jpg

白い幹の森は幻想的で、精霊のささやきが聴こえてきそうです。

p6031234-2017-03-3-07-00.jpg

ぐんぐん進みます。

p6031268-2017-03-3-07-00.jpg

この日は6月で真夏のような暑さでしたが、知床の山には雪が残っていました。

p6031251-2017-03-3-07-00.jpg

風が冷んやりとして来ます。

p6031297-2017-03-3-07-00.jpg

そしてついた先が「知床峠」。
ウトロと羅臼の中間に位置する峠です。

p6031303-2017-03-3-07-00.jpg

羅臼岳が堂々とそこにあり、

p6031294-2017-03-3-07-00.jpg

海の彼方には北方領土「国後島」の島影も見えます。

p6031308-2017-03-3-07-00.jpg

風が気持ち良い。

p6031328-2017-03-3-07-00.jpg

帰り道に雪解け水の小さな滝を見つけました。

b_ornament-2017-03-3-07-00.jpg

wpid-p6030138-2015-11-9-10-13-2017-03-3-07-00.jpg

「プユニ岬」は夕日の名所だそうです。
この日の夕日は柔らかく、包み込むように夜の帳が降りてきました。

p6021039-2017-03-3-07-00.jpg
夕日の名所「サロマ湖」の夕暮れも下に残しておきます。

p6021042-2017-03-3-07-00.jpg

東の果てから望む夕日は、とても穏やかで、美しかったです。

p6031333-2017-03-3-07-00.jpg

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

w

%s と連携中