知床五湖

投稿日:

p6030039-2015-11-10-00-12.jpg

日本最東端の世界遺産「知床」。
そこにある「知床五湖」は類稀なる自然を守るため、国立公園として厳重に管理されています。

img_4532-2015-11-10-00-12.jpg

ヒグマの生息地でもあり、活動期には専門のガイドによる引率と入園前にレクチャーを受ける必要があります。

wpid-img063-2015-11-10-00-12-2015-11-10-00-12.jpgwpid-img064-2015-11-10-00-12-2015-11-10-00-12.jpg

また園内に入る前は植生保護のため、外来種を持ち込まぬようの靴裏の清掃などを行います。

p6030002-2015-11-10-00-12.jpg

準備ができたならいよいよ入園です。

p6030003-2015-11-10-00-12.jpg

ときめきを感じながら、秘境の知床五湖へと向かっていきます。

p6030006-2015-11-10-00-12.jpg

緑に包まれる森。
と、突然、葉の擦れる音がして、ガイドさんが警戒します。

p6030010-2015-11-10-00-12.jpg

ヒグマではありませんでした。
ここはエゾ鹿の楽園でもあります。

p6030013-2015-11-10-00-12.jpg

光が注ぐ森を歩きます。

wpid-p6030015-2015-11-10-00-12-2015-11-10-00-12.jpg

高い木の幹に深く刻まれた爪痕をガイドさんが教えてくれました。

p6030016-2015-11-10-00-12.jpg

ヒグマの運動能力は非常に高く、木の上に逃げても命の保証はないそうです。

p6030028-2015-11-10-00-12.jpg

まずたどり着いたのは「五湖」。
「五湖」から「一湖」へと順を追って歩いていきます。

p6030019-2015-11-10-00-12.jpg

風がない日は、

p6030022-2015-11-10-00-12.jpg

湖面が鏡のように、辺りの景色を映し出します。

p6030023-2015-11-10-00-12.jpg

美しい水鏡が広がっていました。

p6030029-2015-11-10-00-12.jpg

再び歩き出し、白樺の森の中へ入っていきます。

p6030030-2015-11-10-00-12.jpg

「四湖」に着きました。
立木や倒木が味を添えます。

p6030033-2015-11-10-00-12.jpg

まるでモネの世界。

p6030034-2015-11-10-00-12.jpg

光と影のコントラストがとてもロマンティックです。

p6030041-2015-11-10-00-12.jpg

岸に沿うように歩きます。

p6030045-2015-11-10-00-12.jpg

鳥のさえずりが響いています。

wpid-p6030054-2015-11-10-00-12-2015-11-10-00-12.jpg

中が完全に空洞になった巨木に出会いました。
この木は生きています。

wpid-p6030052-2015-11-10-00-12-2015-11-10-00-12.jpg

樹木は外側を水分栄養分が行き来するので、外皮が犯されなければ生きていけるのだそうです。

p6030056-2015-11-10-00-12.jpg

鹿はこの外皮の上下を切断するように、ぐるりと一周食べてしまうので、
木を枯れさせてしまいます。
鹿を害獣とみなすのは、これが原因のようです。

p6030067-2015-11-10-00-12.jpg

ガイドさんが、ぬかるみやすい土にヒグマの足跡を発見しました。

p6030069-2015-11-10-00-12.jpg

でかいです。
鋭い爪痕が生々しい。

p6030079-2015-11-10-00-12.jpg

普段は人を避けるヒグマも、恋の季節には、オスはメスに強さアピールをするために、
人間に攻撃してくるのだそうです。

p6030061-2015-11-10-00-12.jpg

そして「三湖」に着きました。

p6030078-2015-11-10-00-12.jpg

そこには息を呑む光景が広がっています。

p6030071-2015-11-10-00-12.jpg

風はなく、

p6030064-2015-11-10-00-12.jpg

時も止まったかのようです。

img_4533-2015-11-10-00-12.jpg

鏡の湖面に映る青い空と知床連山。

p6030072-2015-11-10-00-12.jpg

あまりに美しい風景です。

p6030082-2015-11-10-00-12.jpg

名残惜しく先を進むと、

p6030087-2015-11-10-00-12.jpg

やがて「知床五湖」最大の大きさを誇る「二湖」が見えてきました。

p6030089-2015-11-10-00-12.jpg

次々と現れる絶景。

p6030093-2015-11-10-00-12.jpg

「二湖」は広いのでゆっくり半周します。

p6030094-2015-11-10-00-12.jpg

見えてきたのは広大な湖。

p6030099-2015-11-10-00-12.jpg

知床連山の全てを見渡せます。

p6030101-2015-11-10-00-12.jpg

わずかに風が吹いて来ましたが、それでも十分に美しいです。

p6030109-2015-11-10-00-12.jpg

さらに進んで

p6030114-2015-11-10-00-12.jpg

最後の「一湖」にたどり着きました。

p6030127-2015-11-10-00-12.jpg

「一湖」には木道が架かっています。

p6030116-2015-11-10-00-12.jpg

黄昏始めた湖は優しく、夜を迎える準備にはいります。

p6030118-2015-11-10-00-12.jpg

ここから高架に上がり、センターへと戻っていきます。

p6030126-2015-11-10-00-12.jpg

この木道はヒグマに襲われる心配がないため、誰でも自由に散策できます。

p6030120-2015-11-10-00-12.jpg

木道だけを散策するのも良いですが、知床五湖の美しさを知るには、時間をかけて遊歩道を歩くことを強くおすすめします。
ただし、守るべきルールだけは遵守したいもの。

p6030122-2015-11-10-00-12.jpg

自然の優しさと厳しさを内包した「知床五湖」。
その優美さは、北海道の忘れられない光景のひとつとなりました。

p6030124-2015-11-10-00-12.jpg

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中