アラハバキ大神の巨石(丹内山神社)

投稿日:

pa070844-2017-03-18-08-00.jpg

車を走らせ、遠野から花巻市へ移ります。

pa070839-2017-03-18-08-00.jpg

遠野と花巻の境目あたりにある「丹内山神社」(たんないさんじんじゃ)を目指しました。

pa070842-2017-03-18-08-00.jpg

もっと上まで車で登ることもできますが、坂道の参道を10分ほど歩いてみました。

pa070847-2017-03-18-08-00.jpg

緩やかな坂になった参道は、空気も美味しく、気持ち良いです。

pa070846-2017-03-18-08-00.jpg

枯れた御神木の根が残っています。

pa070848-2017-03-18-08-00.jpg

しっとりとした道の先に、

pa070849-2017-03-18-08-00.jpg

相殿がありました。

pa070003-2017-03-18-08-00.jpg

丹内山神社は、超絶なパワースポットにも関わらず、あまり人に知られていないようです。
当然ガイドブックにも載っていない名所、いや迷所といったところでしょうか。

pa070004-2017-03-18-08-00.jpg

勇ましい狛犬が神殿を守っています。

pa070005-2017-03-18-08-00.jpg

丹内山神社には七不思議が伝わっています。

pa070008-2017-03-18-08-00.jpg

七不思議のひとつ。
どんな干ばつの時でも決して干上がらない手水鉢。

pa070038-2017-03-18-08-00.jpg

もうひとつの七不思議「肌石」です。

pa070037-2017-03-18-08-00.jpg

奥には早池峰山の石碑が立っています。

pa070035-2017-03-18-08-00.jpg

ハートのようにも見える「肌石」はほのかに温かく、決して雪が積もらないといいます。

pa070009-2017-03-18-08-00.jpg

丹内山神社の拝殿が見えて来ました。

pa070011-2017-03-18-08-00.jpg

荘厳な拝殿です。

pa070014-2017-03-18-08-00.jpg

本殿はありません。
その裏に磐座がありました。

pa070013-2017-03-18-08-00.jpg

圧倒的存在感、つまりこの大岩がご神体ということです。

pa070016-2017-03-18-08-00.jpg

1300年前から祀られ続ける「アラハバキ大神の巨石」。
「胎内石」とも言われています。

pa070019-2017-03-18-08-00.jpg

「胎内石」のいわれはこの割れた岩穴にあると思われます。
石面に触れることなくこの穴をくぐり抜けられると大願が成就すると云います。

pa070022-2017-03-18-08-00.jpg

潜ってみました。
が、通り抜けるのが精一杯。
とても狭い上に複雑で、石面に触れないようにとか無理でした。

pa070020-2017-03-18-08-00.jpg

「坂上田村麿」「藤原一族」「物部氏」と太古よりそうそうたる人たちの崇敬を受け続ける巨石。
「荒俣宏・高橋克彦の岩手ふしぎ旅」でも紹介されています。

wpid-pa070023-2015-10-19-06-44-2017-03-18-08-00.jpg

巨石の上には大木が生えています。

pa070024-2017-03-18-08-00.jpg

「アラハバキ」とは何か?
「アラハバキ」は「荒脛巾神」と書き、「古事記」「日本書紀」にも出てこない謎多き神。
宇宙人のような形をした「遮光器土偶」と関連があるともされます。

pa070025-2017-03-18-08-00.jpg

諸説ありますが、そのひとつに、まつろわぬ民「蝦夷」の神であるという説があります。
「アラハバキ」が巨石と関連づけされていることから、「ダイダラボッチ」的な神ではないでしょうか。

pa070023-2017-03-18-08-00.jpg

丹内山神社の胎内石は、「何かを変える」そんな力に満ちているような神跡でした。

pa070031-2017-03-18-08-00.jpg

3件のコメント 追加

  1. 73 より:

    凄いです!
    初めて知りました。
    秋田出身、横浜在住のものです。
    伊勢白山道ブログのコメント欄で以前東北は巨石文化があったと返答いただいたことあります。
    よかったら知らないよりは知っていた方がいいことたくさんあるので読んでみてください

    いいね: 1人

    1. CHIRICO より:

      ありがとうございます。
      さっそく、「伊勢白山道ブログ」を検索して拝見しました。
      なかなか奥が深そうな内容ですね。

      僕が今、夢中になっているのは、古代出雲王家の直系の子孫という「富家」が伝える伝承本です。
      古事記・日本書記は、時の権力者などの思惑が交差し、不都合な歴史を神話化したものだと云います。
      富家の伝承も、口伝であるがゆえ、時折つじつまが合わない部分もありますが、
      神と呼ばれた王や人々が紡ぐ、リアルな歴史が語られており、なかなか面白いのです。
      竹内文書やホツマツタエのようなトンデモ本とも一線を画す内容です。
      そうした内容も含め、またブログを更新していきますので、よかったらたまにのぞいてみてください。

      いいね

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください