卯子酉様

投稿日:

pa070140-2017-03-19-07-30.jpg

遠野の「愛宕神社」のふもとに「卯子酉神社」(うねどりじんじゃ)があります。

pa070139-2017-03-19-07-30.jpg

民家の横をすり抜けるように続く参道。

wpid-pa070142-2015-10-19-18-06-2017-03-19-07-30.jpg

地元では「卯子酉様」(うねどりさま)と親しまれています。

pa070145-2017-03-19-07-30.jpg

祀られる神の正式名称は「卯子酉大明神」、恋愛成就の神と伝わります。

pa070144-2017-03-19-07-30.jpg

境内には「愛宕神社」の分社と「水神」の祠があります。
水神の祠から愛宕神社へは、御神木の根が繋ぐように伸びているのが印象的です。

pa070147-2017-03-19-07-30.jpg

そして圧倒されるのが、境内に結ばれた無数の赤い帯。

wpid-pa070148-2015-10-19-18-06-2017-03-19-07-30.jpg

赤い帯は本殿で無人販売されています。
これに願い事を書き、左手で結ぶと縁が結ばれると云います。

pa070149-2017-03-19-07-30.jpg

この辺りはかつて大きな淵であり、ここの「方葉の葦」に恋の願いを書いた紙を結ぶと「淵の主」が願いを叶えたということが由来のようです。
特に信仰の篤い者には時として主自らが姿を現したとも云います。

pa070152-2017-03-19-07-30.jpg

「卯子酉」とは方角でいうと「東北西」となり、「南」=「午」が抜けていることになります。
遠野では「オシラサマ」というの馬の神を祀る風習がありますが、この二つの神に何か関係があるのかもしれません。

pa070153-2017-03-19-07-30.jpg

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

w

%s と連携中