イーハトーブ

投稿日:

img_6972-2017-03-23-08-03.jpg

宮沢賢治の理想郷「イーハトーブ」を求めて花巻を散策してみます。

b_ornament-2017-03-23-08-03.jpg

pa100324-2017-03-23-08-03.jpg

まず向かうのは「賢治先生の家」。

pa100325-2017-03-23-08-03.jpg

賢治先生の家は、今は花巻空港近くの「花巻農業高校」敷地内に移設保管されています。

pa100349-2017-03-23-08-03.jpg

「賢治先生の家」は「羅須地人協会」(らすちじんきょうかい)という名の私塾でした。

wpid-pa100345-2015-10-23-08-03-2017-03-23-08-03.jpg

当校の前身「花巻農学校」で教師をしていた宮沢賢治は「農民になれ」と生徒に教える一方、自分自身は俸給を受ける身であることに葛藤します。

pa100348-2017-03-23-08-03.jpg

やがて教師を辞して自ら農民となることを決意します。

pa100328-2017-03-23-08-03.jpg

夜はこの「羅須地人協会」にて農民に勉強を教えていました。

pa100329-2017-03-23-08-03.jpg

学生の元気な声が響く校庭の端に、ひっそり佇む賢治先生の家。

pa100330-2017-03-23-08-03.jpg

賢治先生はここで、充実した時を感じたに違いありません。

pa100332-2017-03-23-08-03.jpg

有名な黒板が入り口にあります。

pa100333-2017-03-23-08-03.jpg

このメッセージには、とある秘密があるようです。
この真意は「先生は畑に行って家は留守にしているが、おやつはそこに置いてあるよ」という優しい心遣いがかくされているのです。
子供たちは学校の帰りに先生の家を訪ね、おやつを探し、勝手に食べては帰るということを楽しんでいたそうです。

pa100336-2017-03-23-08-03.jpg

家の中に入ります。

pa100338-2017-03-23-08-03.jpg

「風の又三郎」のマントが飾ってありました。

pa100339-2017-03-23-08-03.jpg

寒い夜も熱い講義が為されていたに違いありません。

pa100342-2017-03-23-08-03.jpg

家の中は当時の様子をあたたかに再現していました。

pa100340-2017-03-23-08-03.jpg

賢治先生の至福の時間が、そのまま止まっているよう。

pa100341-2017-03-23-08-03.jpg

今にも笑い声が聞こえてきそうです。

pa100351-2017-03-23-08-03.jpg

外では「花巻農業高校 鹿踊り部」の皆さんが大会に向けての練習をしていました。

pa100353-2017-03-23-08-03.jpg

鹿踊りは一度見てみたかったのですが、都合上諦めていたので、嬉しい出会いです。

wpid-pa100354-2015-10-23-08-03-2017-03-23-08-03.jpg

鹿の格好をしているのは一年生の女の子。
勇ましくてとても可愛いです。
お邪魔だったろうに、快く撮影させていただきました。ありがとう!
遠く福岡から、応援しています!

wpid-img_6975-2015-10-23-08-03-2017-03-23-08-03.jpg

b_ornament_24_0m-2017-03-23-08-03.jpg

wpid-img_6952-2015-10-23-08-03-2017-03-23-08-03.jpg

次に向かうは「宮沢賢治 童話村」。

pa100286-2017-03-23-08-03.jpg

宮沢賢治童話村は、賢治童話の世界を体感できるやや小ぶりなテーマパークです。

pa100279-2017-03-23-08-03.jpg

メインの施設が5つのゾーンからなる「賢治の学校」。

pa100278-2017-03-23-08-03.jpg

「ファンタジックホール」は「賢治の椅子」が置かれた空間です。

pa100291-2017-03-23-08-03.jpg

とても不思議な形の椅子の数々、

pa100295-2017-03-23-08-03.jpg

それらは賢治の物語の世界へと誘ってくれます。

pa100299-2017-03-23-08-03.jpg

先へ進むと銀河広がる世界や、

img_6954-2017-03-23-08-03.jpg

イーハトーブを吹き抜ける風の世界、

pa100300-2017-03-23-08-03.jpg

イーハトーブに生きとし活けるものたちの世界が広がります。

pa100302-2017-03-23-08-03.jpg

園内には他にも様々な施設があり、

pa100272-2017-03-23-08-03.jpg

賢治先生の探究した世界や、

pa100303-2017-03-23-08-03.jpg

空想したもの、

wpid-pa100264-2015-10-23-08-03-2017-03-23-08-03.jpg

育んだ自然などを知ることができます。

pa100269-2017-03-23-08-03.jpg

b_ornament_24_0m-2017-03-23-08-03.jpg

img_6957-2017-03-23-08-03.jpg

道に迷ってお腹が空いたらこちらがおすすめ、

img_6958-2017-03-23-08-03.jpg

「注文の多い料理店」で有名な

wpid-img_6959-2015-10-23-08-03-2017-03-23-08-03.jpg

山猫軒です。

wpid-img_6962-2015-10-23-08-03-2017-03-23-08-03.jpg

入る前からワクワクします。

wpid-img_6963-2015-10-23-08-03-2017-03-23-08-03.jpg

おきまりの「注文」があちこちに書いてありました。

img_6967-2017-03-23-08-03.jpg

僕自身が食べられることはなく、

img_6969-2017-03-23-08-03.jpg

「すいとん」セットをいただきました。

img_6970-2017-03-23-08-03.jpg

宮沢賢治が「ふわふわの雲をたべているやうだ」と言った、すいとんの中を銀河鉄道が走っていきます。

img_6966-2017-03-23-08-03.jpg

「銀河鉄道の夜」といえば、モチーフとなった眼鏡橋が遠野にあります。

pa080198-2017-03-23-08-03.jpg

夜のライトアップが美しい。

b_ornament_24_0m-2017-03-23-08-03.jpg

pa100217-2017-03-23-08-03.jpg

賢治先生が名付けた「イギリス海岸」。

pa100218-2017-03-23-08-03.jpg

ぼこぼことした白い石がイギリスっぽいと名付けたそうですが、今はあまり見ることができません。

pa100220-2017-03-23-08-03.jpg

b_ornament_24_0m-2017-03-23-08-03.jpg

pa100227-2017-03-23-08-03.jpg

そしていよいよ花巻市桜町にある「下ノ畑」へやってきました。

pa100229-2017-03-23-08-03.jpg

のどかな田園の中を歩きます。

pa100230-2017-03-23-08-03.jpg

この先にあるようです。

wpid-pa100231-2015-10-23-08-03-2017-03-23-08-03.jpg

37歳で生涯を終える「宮沢賢治」は人を愛し、

pa100232-2017-03-23-08-03.jpg

自然を愛した作家であり、教師であり、農民でありました。

pa100234-2017-03-23-08-03.jpg

「賢治先生の家 羅須地人協会」は、元は小高い丘の上にありました。

wpid-pa100236-2015-10-23-08-03-2017-03-23-08-03.jpg

今、そこには「賢治先生の石碑」が立っています。

pa100233-2017-03-23-08-03.jpg

賢治が愛した終焉の地は花巻の市街地から離れた「北上川」のそばにあり、目をあげれば遠野の「早池峰山」が望めます。

pa100237-2017-03-23-08-03.jpg

宮沢賢治はこの風景を愛したのでしょう。

pa100238-2017-03-23-08-03.jpg

のどかな光景が広がります。

pa100244-2017-03-23-08-03.jpg

丘を下り「下ノ畑」を目指します。

pa100248-2017-03-23-08-03.jpg

物語にあるような小道の先に

pa100252-2017-03-23-08-03.jpg

ありました。

pa100254-2017-03-23-08-03.jpg

宮沢賢治が汗を流し、生きることの本当の意味と素晴らしさを得た場所。

pa100255-2017-03-23-08-03.jpg

短い生涯でありながら、誰よりも深く生きた人生。

pa100257-2017-03-23-08-03.jpg

「イーハトーブ」に僕もたどり着きました。

pa100258-2017-03-23-08-03.jpg

e99ba8e381abe38282e8b2a0e38191e38199e382992-2017-03-23-08-03.jpg

img_7397-2017-03-23-08-031.jpg

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中