槵觸神社・四皇子峰・高天原遥拝所

投稿日:

p4226639-2017-03-25-08-00.jpg

筑紫の 日向の 高千穂の くしふる峰に 天降り(あもり)まさしめき

p4226614-2017-03-25-08-00.jpg

古事記にあるこの一文は、天孫「瓊々杵尊」(ニニギノミコト)が天降ったところは「くしふる峰」だということを伝えています。

p4226617-2017-03-25-08-00.jpg

高千穂に「くしふる峰」と呼ばれる山があります。
その中腹にある「槵觸神社」(くしふるじんじゃ)に訪れました。

p4226618-2017-03-25-08-00.jpg

しっとりとした空気に包まれた参道を歩き、階段を上って拝殿へ向かいます。

p4226619-2017-03-25-08-00.jpg

御祭神は「天津日子番邇々杵命」(アマツヒコホノニニギノミコト)ですが、かつては祀る神を「高智保神」(高智保皇神 / タカチホスメガミ)としていた時期もあり、
この「高智保神(高知尾神)」は異伝として、「八幡宇佐宮御託宣集」に神武天皇の御子である神八井耳命の別名で、「阿蘇神」の兄神であると記され、「平家物語」では、豊後緒方氏の祖神であるとし、その神体は「大蛇」であると記されています。

p4226621-2017-03-25-08-00.jpg

槵觸神社は本来、槵触山そのものを神体とし、直接山を拝する原始の祭祀が営まれていたようですが、後に拝殿が造られました。

b_ornament-2017-03-25-08-00.jpg

p4226623-2017-03-25-08-00.jpg

そしてあまり知られていないのですが、境内に続く杜の中はとても神秘的な聖域となっています。

p4226651-2017-03-25-08-00.jpg

「四皇子峰」(しおうじがみね)という場所があります。

p4226648-2017-03-25-08-00.jpg

「四皇子峰」は神話にも出てくる日本最初の天皇「神武天皇」とその兄弟4人が生まれた場所と伝わります。

p4226650-2017-03-25-08-00.jpg

神が降り立った聖域、宗像大社の「高宮斎場」などに似た空気を感じます。

b_ornament-2017-03-25-08-00.jpg

wpid-p4226641-2015-11-5-22-53-2017-03-25-08-00.jpg

四皇子峰から先に続く参道があります。

p4226627-2017-03-25-08-00.jpg

そこに厳かな空気漂う場所がありました。

p4226628-2017-03-25-08-00.jpg

「高天原遥拝所」(たかまがはらようはいしょ)です。

p4226632-2017-03-25-08-00.jpg

地上に降りた神々が天界「高天原」を遥拝した場所が、杜の最奥にひっそりと在ります。

p4226634-2017-03-25-08-00.jpg

玉垣に囲まれた静謐な世界。
微かな清い風だけが囁いています。

p4226630-2017-03-25-08-00.jpg

「高天原」と刻された石碑の前に立つと、自然と膝が地に着きます。
目を閉じて僕も、麗しき高天原に思いを寄せました。

p4226635-2017-03-25-08-00.jpg

wpid-0103e3818fe38197e381b5e3828be7a59ee7a4be-2015-11-5-22-53-2017-03-25-08-00.jpg

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中