天岩戸神社・天安河原

投稿日:

p4226674-2017-03-26-06-38.jpg

高千穂の東にある「天岩戸」(あまのいわと)は日本神話において、最も重要な神跡のひとつです。

p4226675-2017-03-26-06-38.jpg

「天岩戸神社 西本宮」へやって来ました。

p4226676-2017-03-26-06-38.jpg

社務所に訪れて、「天の岩戸」遥拝をお願いすれば、神跡「天の岩戸」を渓谷越しではありますが、参拝することができます。

wpid-p4226678-2015-11-6-06-38-2017-03-26-06-38.jpg

手水舎で手口を清めた後、まずは「祓所」で身の穢れを祓います。

pb160043-2017-03-26-06-38.jpg

一礼をして、楼門をくぐります。

p4226680-2017-03-26-06-38.jpg

拝殿へ伺い、参拝。

p4226679-2017-03-26-06-38.jpg

神代(かみよ)の昔、天界の「高天原」では太陽神「天照大神」(アマテラスオオミカミ)を始めとする神々が暮らしていました。
天照大神の弟「須佐之男命」(スサノオノミコト)はやんちゃ者で、高天原で様々ないたずらを行います。
しかし、そんないたずらが行きすぎて、あるとき機織りの女が事故で死んでしまうということが起こりました。
あまりのひどいことに天照大神はお怒りになり「天の岩戸」という洞窟に隠れてしまいます。

wpid-pb160047-2015-11-6-06-38-2017-03-26-06-38.jpg

「天の岩戸」の硬い岩の戸はしっかりと閉まり、太陽神が隠れてしまったことによりこの世は闇夜になります。
食べ物は育たなくなり、病気になる者もたくさんでてきます。
困った八百万(やおよろず)の神々は「天安河原」(あまのやすかわら)という河原に集まり、「神議り」(かむはかり/神々の会議)が行われました。
そこで知恵の神「思兼神」(オモイカネノカミ)が一計を案じます。

wpid-pb160045-2015-11-6-06-38-2017-03-26-06-38.jpg

神々はまず、「天の岩戸」の前で長鳴鷄(ながなきどり)を鳴かせました。
長鳴鷄とは今の鶏(にわとり)のことで太陽の神を呼ぶ力があるとされます。
次に芸能の神「天鈿女命」(アメノウズメノミコト)が招霊の木(おがたまのき)の枝を手に肌もあらわに踊ります。
それを見て神々は騒ぎたてると、岩戸の中の天照大神は気になって扉を少し開けて様子を伺いました。

wpid-pb160042-2015-11-6-06-38-2017-03-26-06-38.jpg

「外は真っ暗でみんな困っているはずなのに楽しそうに騒いでいるのは何でなの?」と聞いてみると、
「あなたより美しく立派な神様がいらっしゃいました」と天照大神に鏡を見せます。
鏡に映ったのが自分の顔だとわからなかった大神はもう少し良く見てみようとまた扉を少し開きます。
その時チャンスとばかりに「思兼神」が天照大神の手を引き、力持ちの神「手力男命」(タヂカラオノミコト)が扉を開け放ち、
天照大神は「天の岩戸」から出てくることになりました。

そして世の中は再び明るく平和な時代に戻ったと言うことです。

p4226685-2017-03-26-06-38.jpg

その時「手力男命」の凄まじい怪力は岩戸の戸を長野の方まで飛ばしたそうです。
その戸は隠されて、その地が「戸隠」(とがくし)と呼ばれるようになりました。
此度の原因の須佐之男命は地上へ追放となり、出雲の地に降り立ちます。
須佐之男命はその後出雲の怪物ヤマタノオロチを退治し、出雲の英雄神となりました。

p4226694-2017-03-26-06-38.jpg

さて、いよいよ本殿の横の扉から「天の岩戸」の神跡である洞窟を見に行きます。

p4226682-2017-03-26-06-38.jpg

が、もちろんそこは日本最大の禁足地。
撮影することはできません。
この杜の奥に渓谷があり、それを挟んだ先に崩壊して木も茂り、うっすら窪んだ神跡を伺うことができます。

p4226681-2017-03-26-06-38.jpg

境内横には往年の風格をにじませた神楽殿があります。

p4226684-2017-03-26-06-38.jpg

この建物は旧社殿の一部を再利用しているそうです。

b_ornament-2017-03-26-06-38.jpg

pb160049-2017-03-26-06-38.jpg

岩戸に引きこもった天照を世に取り戻すため、神々が話し合った場所が「天安河原」(あまのやすかわら)です。
天安河原は、天岩戸神社の裏参道を抜けた数百メートル先の沢を下ったところに実在します。

wpid-p4226688-2015-11-6-06-38-2017-03-26-06-38.jpg

下り坂を沢に向かって降りていきます。

p4226689-2017-03-26-06-38.jpg

だんだんと空気に変化を感じてきます。

pb160050-2017-03-26-06-38.jpg

太鼓橋がありました。

pb160052-2017-03-26-06-38.jpg

橋を渡ろうとした時、

pb160057-2017-03-26-06-38.jpg

渓流の奥から吹く風で、ぶるっときました。

pb160065-2017-03-26-06-38.jpg

江原啓之氏曰く、ここは濃密なパワースポットのようです。
この橋が結界で、異界に踏み込んだような感じが、僕にはしました。

pb160072-2017-03-26-06-38.jpg

やがて積まれた無数の小石が見えて来ます。

pb160098-2017-03-26-06-38.jpg

そしてついに「天安河原」に着きました。

pb160103-2017-03-26-06-38.jpg

そこには「仰慕ヶ窟」(ぎょうぼがいわや)という大きな洞窟が口を開いています。

pb160089-2017-03-26-06-38.jpg

窟の奥へ、参道が続きます。

pb160096-2017-03-26-06-38.jpg

ここは八百万の神々が集うので、ありとあらゆる願い事が叶う場所とされています。

pb160093-2017-03-26-06-38.jpg

その願いの数だけ、小石が積まれていきます。

pb160092-2017-03-26-06-38.jpg

が、人の欲、思念が積もったこの場所に、霊感なくとも長く滞在できる人は少ないでしょう。

pb160087-2017-03-26-06-38.jpg

b_ornament-2017-03-26-06-38.jpg

p4226653-2017-03-26-06-38.jpg

さて、「天岩戸神社」には「西本宮」があるように、「東本宮」もあります。

p4226652-2017-03-26-06-38.jpg

東本宮は、西本宮から天岩戸や天安河原に続く渓谷を渡り、車で5分足らずのところにあります。

p4226654-2017-03-26-06-38.jpg

東本宮は観光コースから外れているようで、賑やかな西本宮と対照的に落ち着いた、静謐な空気に満ちています。

p4226670-2017-03-26-06-38.jpg

東本宮は天岩戸の窟がある崖の上にあります。

p4226669-2017-03-26-06-38.jpg

ここは、岩戸から出てきた天照大神が思兼神に手を取られ、その後の住いと決めた場所にあります。

p4226667-2017-03-26-06-38.jpg

岩戸から出て来た天照大神に須佐之男命は、出雲で退治したヤマタノオロチから手に入れた神剣「天叢雲剣」(あめのむらくものつるぎ)を献上します。
これによって姉神は弟神を許し、和解に至ることとなります。

p4226666-2017-03-26-06-38.jpg

東本宮に注ぐ陽光は、安らぎを得た天照大神の優しげな微笑みのようでした。

p4226661-2017-03-26-06-38.jpg

本殿参拝の後は、奥の杜を少し歩きます。

p4226658-2017-03-26-06-38.jpg

行きついたところには、「御神水」があります。

p4226660-2017-03-26-06-38.jpg

清らかな水が、体に染み込みました。

p4226672-2017-03-26-06-38.jpg

wpid-0102e5a4a9e5b2a9e688b8e7a59ee7a4be-2015-11-6-06-38-2017-03-26-06-38.jpg

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中