三ヶ所神社・二上神社・奥宮

投稿日:

p3200657-2017-03-31-11-00.jpg

下界の荒れように心を痛めた天照大神は、自分の孫「瓊々杵尊」(ににぎのみこと)を地上に降ろし、治めさせようとします。
いわゆる「天孫降臨」です。
その伝承地はいくつかありますが、その一つが高千穂と五ヶ瀬の町境いに鎮座する「二上山」と云います。

b_ornament-2017-03-31-11-00.jpg

p3200630-2017-03-31-11-00.jpg

【三ヶ所神社】
かつて、二上山の天孫降臨の地に「三ヶ所神社」が建てられました。
しかしそれは山頂にほど近い、険しい場所にあります。

p3200631-2017-03-31-11-00.jpg

ある時、参拝しやすい麓に里宮を建てようという話になります。
しかし山を挟んで南と北、高千穂町と五ヶ瀬町、どちらに宮を建てるべきかと話し合われます。
どっちにも建てたらいいじゃん、ってなことで結局里宮は2つに分かれました。
五ヶ瀬町側にある分社が今の「三ヶ所神社」(さんがしょじんじゃ)となります。

p3200632-2017-03-31-11-00.jpg

素朴な石を使った手水舎があります。

p3200636-2017-03-31-11-00.jpg

その向かいには祓戸がありました。

p3200637-2017-03-31-11-00.jpg

しっとりとした石の階段を登ります。

p3200639-2017-03-31-11-00.jpg

拝殿が見えました。

p3200638-2017-03-31-11-00.jpg

御祭神は「伊弉諾尊」(イザナギノミコト)、「伊弉冉尊」(イザナミノミコト)。
他に「瓊々杵尊」(ニニギノミコト)、「猿田彦尊」(サルタヒコノミコト)も祀ります。

p3200643-2017-03-31-11-00.jpg

二上山とは二神をさしており、雄岳に伊弉諾尊を、雌岳に伊弉冉尊を祀っているのでしょう。

p3200640-2017-03-31-11-00.jpg

拝殿の隣にある社殿の風格が気になりましたが、

p3200641-2017-03-31-11-00.jpg

こちらは旧本殿だったようです。

p3200642-2017-03-31-11-00.jpg

三ヶ所神社の見所は本殿の彫刻にあります。

p3200648-2017-03-31-11-00.jpg

本殿正面上部に、中央に「夫婦岩」の彫刻があり、両端に「海馬」の彫刻があります。

p3200646-2017-03-31-11-00.jpg

海に戯れる馬の彫刻は、海馬と呼ばれ、脳の海馬と関連付けされています。

p3200647-2017-03-31-11-00.jpg

脳の海馬は記憶に関する大切な所なので、三ヶ所神社は脳を守る一風変わったご利益があるとの評判です。

p3200649-2017-03-31-11-00.jpg

本殿を取り巻く他の彫刻も、とにかく見事です。

p3200650-2017-03-31-11-00.jpg

その歳の干支にちなんだ彫り物もあったりするようです。

p3200654-2017-03-31-11-00.jpg

三ヶ所神社は高千穂に向かう218号線から外れて、車で5分ほど五ヶ瀬の町を走った先にあります。

p3200651-2017-03-31-11-00.jpg

アクセスも容易なので、高千穂散策のついでに立ち寄っても良いと思います。

p3200656-2017-03-31-11-00.jpg

b_ornament-2017-03-31-11-00.jpg

p3200660-2017-03-31-11-00.jpg

【二上神社】
もう一つの里宮、「二上神社」(ふたがみじんじゃ)を目指します。
同じく218号線を高千穂に入る入り口付近で横道に逸れます。
するとすぐに渓谷の雰囲気を醸し出す山道に入ります。
見えてきたのは「轟の滝」、

p3200669-2017-03-31-11-00.jpg

「禊の岩屋」です。

p3200697-2017-03-31-11-00.jpg

最初は走りやすかった道も、

p3200701-2017-03-31-11-00.jpg

だんだん本格的な山道、農道となっていきます。

p3200674-2017-03-31-11-00.jpg

15分ほど細い道を進むと、

p3200673-2017-03-31-11-00.jpg

鳥居が見えてきました。

p3200675-2017-03-31-11-00.jpg

奥に進んで驚愕です。

p3200677-2017-03-31-11-00.jpg

山に向かって伸びる、高い石段。

p3200686-2017-03-31-11-00.jpg

苦労して登った先には、宇宙人のような狛犬が待っていました。

p3200690-2017-03-31-11-00.jpg

まさに神は坐しきと言わんばかりの風格です。

p3200691-2017-03-31-11-00.jpg

御祭神ははやり「伊弉諾尊」、「伊弉冉尊」のお二神。

p3200692-2017-03-31-11-00.jpg

境内の御神木は、伊弉諾尊と伊弉冉尊が国生みを行った際の、神聖な男女の持ち物が自然に形とられたもので、「二上銀杏」と呼ばれて大切にされています。

p3200694-2017-03-31-11-00.jpg

訪問には、苦道を進む勇気が必要ですが、労に合う聖域が待っています。

p3200695-2017-03-31-11-00.jpg

b_ornament-2017-03-31-11-00.jpg

pb160224-2017-03-31-11-00.jpg

【三ヶ所神社 奥宮】
さて、天孫降臨の山「二上山」の真の聖地へ向かいたいと思います。
本来の天孫降臨の社が、二上山9合目付近にあります。

そこへは高千穂側の「二上神社」方面から行くこともできますが、その山道がナビにありません。
したがって五ヶ瀬町側の「三ヶ所神社」方面から登って行くことにします。
登ると言っても車で行けます。
離合不可能な細い道が続いたり、崖崩れがあった場所があったりしますが、車で行けます。

pb160223-2017-03-31-11-00.jpg

最初は看板があったりしますが、山に入れば入るほど、看板もなく心細くなります。
やっぱり引き返そう、そう心が折れかける頃に上の標識が見えてきました。

pb160221-2017-03-31-11-00.jpg

その横が「三ヶ所神社 奥宮」の参道になります。

pb160189-2017-03-31-11-00.jpg

天孫降臨の地の伝承はいくつか存在します。

pb160190-2017-03-31-11-00.jpg

古事記には「竺紫(=筑紫)の日向の高千穂の久士布流多氣(くじふるたけ)に天降りまさしめき」とあり、高千穂の「くしふる峰」がその候補地である根拠となっています。

pb160191-2017-03-31-11-00.jpg

日本書紀には「日向の襲の高千穂峯(たかちほのたけ)に天降ります」とあり、霧島の「高千穂峯」がその地であるという根拠となっているようです。

pb160192-2017-03-31-11-00.jpg

そして日向國風土記逸文では
「日向の國の風土記に曰はく、臼杵の郡の内、知鋪(=高千穂)の郷。
天津彦々瓊々杵尊、天の磐座を離れ、天の八重雲を排けて、稜威の道別き道別きて、日向の高千穂の二上の峯に天降りましき。」
とあり、この二上山が天降りの聖地であることを伝えています。

pb160193-2017-03-31-11-00.jpg

しばらく参道を登ると、すぐに広間にでますが、

pb160194-2017-03-31-11-00.jpg

そこからまた登り道が続きます。

pb160195-2017-03-31-11-00.jpg

登ります。

pb160198-2017-03-31-11-00.jpg

もういやだ、ってくらい登ります。

pb160197-2017-03-31-11-00.jpg

時間的には10分くらいだと思いますが、あまりの急坂に心折れます。

pb160199-2017-03-31-11-00.jpg

ポッキリ逝きそうなころ、神殿が見えてきました。

pb160200-2017-03-31-11-00.jpg

神殿が岩に喰われています。

pb160203-2017-03-31-11-00.jpg

崖の上から落ちてきたであろう大石にしめ縄がかけられています。

pb160208-2017-03-31-11-00.jpg

展望はいまいち。

pb160205-2017-03-31-11-00.jpg

しかしこの圧倒感、これを見るために登った甲斐はありました。

pb160210-2017-03-31-11-00.jpg

昔の人は、ここまで徒歩で登って参拝したのだろうか。

pb160214-2017-03-31-11-00.jpg

さすがにひと気はなく、心置きなく聖地を独り占めできます。

pb160216-2017-03-31-11-00.jpg

ここに神が舞い降りたという話もうなづける心地よさでした。

pb160218-2017-03-31-11-00.jpg

こんな場所ですが、ここは九州全体の真ん中にあたり、「杉の越」とかつて呼ばれ、九州の要路だったそうです。

pb160220-2017-03-31-11-00.jpg

西南の役には西郷どんもここを通ったそうで、歴史あるすごい道でした。

wpid-0321e4b889e383b6e68980e7a59ee7a4be-2015-11-17-22-21-2017-03-31-11-00.jpg三ヶ所神社(里宮)

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

w

%s と連携中