穴森神社

投稿日:

p3200790-2017-04-2-23-00.jpg

彼、維義は「おそろしきもの」の末なりけり。

p3200781-2017-04-2-23-00.jpg

宮崎と大分にまたがる標高1,756mの日本百名山「祖母山」(そぼさん)は、日本初代天皇とされている神武天皇の祖母「豊玉姫」が祀られているのでその名がついたと云います。
豊玉姫は海の神「綿津見神」(ワダツミノカミ)の子孫で、龍宮の姫と伝わります。
先だって、高千穂の「鬼八伝説」を検証している時に、鬼八の妻「鵜之目姫」は祖母岳明神の娘だっというので、祖母岳明神とは豊玉姫のことだろうかと調べていました。
すると平家物語に記される、一つの伝承へ行き着きました。

p3200815-2017-04-2-23-00.jpg

その伝承が伝わる場所は、祖母山の北側、大分県寄りの中腹に鎮座する「穴森神社」(あなもりじんじゃ)を舞台とします。

p3200782-2017-04-2-23-00.jpg

壮絶な源平合戦で源氏方が勝利した後、平家の残党は九州の各地へと逃げ延びました。
この九州に落ち延びた平家を駆逐するべく指名されたのが、豊後の豪族「緒方三郎惟栄(維義)」(おがたさぶろうこれよし)です。
惟栄の5代前の祖先が、祖母岳明神の化身である大蛇と里の娘との間に生まれた子供であると『平家物語』巻第八・緒環に紹介されているのです。

p3200783-2017-04-2-23-00.jpg

維義という者は、「いとおそろしきもの」の末裔でした。

p3200784-2017-04-2-23-00.jpg

昔、豊後国の山里に女がおりました。
ある者の一人娘でしたが、夫もいないその女の所へ、母も知らぬうちに、怪しげな男が夜な夜な通い、年月も過ぎて女は身ごもってしまいました。
母はこれを不審に思い、「お前の所に通う者は何者だ」と問い詰めますが、「来るのは見るけれども、帰るのはわからない」と娘は言います。
「それならば男が帰ろうとする時に糸を付けて、行く先をたどって見よ」と母は言いつけました。
娘は母の教えどおりに、朝帰っていく男の着ている水色の狩衣の、襟に針を刺し、倭文(しず)の緒環(おだまき)を付けて、男の後を糸を頼りにたどって行きました。

p3200785-2017-04-2-23-00.jpg

すると、豊後国と日向国との境にある、「優婆岳」(祖母岳)という山の麓の大きな岩屋(窟)の中に糸は続いています。
女は岩屋の入り口でたたずみ、中の様子を伺うと、大きなうめき声が聞こえてきました。
それに応えて女は「私はここまで尋ねて来ました。あなたにお会いしたい」と言いました。
すると岩屋の主は「私は人の姿ではない。お前が私の姿を見ればびっくりして恐れてしまうだろう。とっとと帰りなさい。お前のお腹にいる子はおそらく男子であろう。弓矢・刀を持たせたなら、九州、壱岐・対馬に匹敵する者はおるまいぞ」と言いました。

p3200786-2017-04-2-23-00.jpg

女は再び言いました。
「あなたがたとえ、どのような姿であっても、これまでの日々の思いをどうして忘れることができましょうか。互いに姿を見せ合いましょう」
「そこまで言うなら」といって、ついに岩屋の中から、とぐろを巻いた姿が五、六尺、体を伸ばせば十四、五丈はあろうかという大蛇が、動揺しつつも這い出てきました。
狩衣の襟に刺したと思った針は、大蛇の喉笛に刺さっていたのです。
女はこれを見て、恐れ驚き、体は震え上がります。
連れてきた家来十数人も、足腰立たず慌てふためき、わめき叫んで逃げ去りました。
女はなんとか家に帰り着き、間もなくお産をしましたが、その子は男子でした。

p3200789-2017-04-2-23-00.jpg

母方の祖父の太大夫が育ててみようといって育てたところ、その子はまだ十歳にも満たないのに、背が高く顔が長く体が大きくなりました。
七歳で元服させ、母方の祖父を太大夫というので、この子を大太(だいた)と名づけました。
その子は夏も冬も手足に大きなあかぎれがいっぱいできていたので、「あかがり大太」と呼ばれました。
件の大蛇は日向国で祀られる「高知尾(たかちお)明神」の神体でした。
この緒方三郎維義は、あかがり大太の五代の孫になります。
このような恐ろしい者の末裔であったので、国司の命令を院宣と称して、九州、壱岐・対馬に廻文をしたところ、武士どもが維義に従いました。

p3200788-2017-04-2-23-00.jpg

緒方三郎惟栄の生没年は不明です。
豊後の有力豪族にして「平家物語」では「おろしき者の末裔」と称されています。
早くから反平家として九州にいた惟栄は、九州に落ち延びた平家を更に追い落としていきます。
平家滅亡後は義経に与して、船に乗りますが難破し、ついには頼朝方に捕縛されて上野国沼田へ流され、その後の消息は不明と云います。

p3200787-2017-04-2-23-00.jpg

そこにはガラス張りの拝殿がありました。
拝殿のみです。
本殿は見当たりません。

p3200792-2017-04-2-23-00.jpg

拝殿の裏手には洞窟がありました。

p3200794-2017-04-2-23-00.jpg

古くはこの地には冬でも青葉が繁り、満々と水をたたえる一町歩ばかりの池があったそうです。
その池には穴森大明神と呼ばれる大蛇が棲んでいました。

p3200796-2017-04-2-23-00.jpg

里人はこれを御神体と崇め、四季の祭を行なっていましたが、一度でも祭が粗末に行われると天候は急変し、里人を苦しめる禍が起きました。

p3200797-2017-04-2-23-00.jpg

岡藩主「中川久清」公はこれを憂慮し、「住民を困らす神」があるはずはないと奉行に命じて、「池さらえ」を行い、水を放出して今日の態様にしたところ、以後、禍は皆無となったと云います。

p3200795-2017-04-2-23-00.jpg

元禄16年10月、この洞窟より大蛇の骨が発見され宝永2年に現在の岩穴に御神体として祀ることにしました。
つまりこの洞窟が本殿なのです。

p3200800-2017-04-2-23-00.jpg

洞窟は200円で灯る照明設備が為され、中に入ることができます。
が、とてもそんな気持ちにはなれませんでした。

p3200802-2017-04-2-23-00.jpg

ここから覗き見るだけでも、畏れ多い、そんな気持ちになります。

p3200805-2017-04-2-23-00.jpg

洞窟から這い出て、境内の横を歩いてみました。

p3200806-2017-04-2-23-00.jpg

立派な夫婦杉や、

p3200807-2017-04-2-23-00.jpg

意味不明の七福神像がありますが、

p3200808-2017-04-2-23-00.jpg

その奥に二つの祠が鎮座しています。

p3200810-2017-04-2-23-00.jpg

これが「淡島様」と「生目様」でしょうか、なにやら神秘的な雰囲気が漂います。

p3200811-2017-04-2-23-00.jpg

参道を戻ろうとして驚きました。

p3200812-2017-04-2-23-00.jpg

妙に生々しい、リアルな大蛇の頭が僕を伺っています。

p3200813-2017-04-2-23-00.jpg

目玉を書き込んでいない反対側に回ってみましたが、十分大蛇に見えます。
鼻息さえ聞こえそうな蛇頭に、「おそろそきもの」を感じました。

p3200814-2017-04-2-23-00.jpg

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中