南無十六大阿羅漢

投稿日:

p5312202-2017-04-5-19-10.jpg

早良区の石釜、坊主谷の奥に、人知れずすごい場所があります。

p5312203-2017-04-5-19-10.jpg

参道とありますが、これはむしろ山道と言うべきです。

p5312211-2017-04-5-19-10.jpg

まずは気持ちの良い竹林が出迎えてくれます。

p5312219-2017-04-5-19-10.jpg

しかしすぐに本格的な山道になっていきます。

p5312220-2017-04-5-19-10.jpg

澤沿いに石を踏み、登ること20分。

p5312226-2017-04-5-19-10.jpg

切り立った大きな岩場に行き着きます。

p5312233-2017-04-5-19-10.jpg

そこの岩を良く見ると、梵字や

p5312238-2017-04-5-19-10.jpg

仏様が彫ってあります。

p5312241-2017-04-5-19-10.jpg

高さ5、6メートルの屏風岩(びょうぶいわ)です。

p5312249-2017-04-5-19-10.jpg

僕には良く分かりませんでしたが「南無十六大阿羅漢」の8文字が彫ってあるそうです。

p5312252-2017-04-5-19-10.jpg

作者、年代は不詳。
寛政の頃、野焼きの火が延焼し村人が初めてこれを発見したそうです。

p5312248-2017-04-5-19-10.jpg

僕は数回、ここに訪れましたが、未だひとりの人とも会ったことがありません。
そしてここに辿り着く頃は、なんだか頭が少し痛いような重いような感じになります。

p5312246-2017-04-5-19-10.jpg

すぐ近くには地元で有名な「坊主ヶ滝」があります。
疲れも気持ちも、ここですっと流して帰るのが良いようです。

p5312254-2017-04-5-19-10.jpg

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中