人吉

投稿日:

p6177213-2017-04-15-07-46.jpg

熊本の南の端、人吉には、幾つかの面白いスポットがあります。

b_ornament_24_0m-2017-04-15-07-46.jpg

【青井阿蘇神社】

img_4043-2017-04-15-07-46.jpg

人吉の中心地にある「青井阿蘇神社」は、その5棟が国宝に指定されています。

img_4044-2016-05-7-07-46-2016-05-11-07-46-2017-04-15-07-46.jpg

入口では神鶏が出迎えてくれます。

p6177155-2017-04-15-07-46.jpg

境内手前の池は蓮の葉でいっぱいです。

p6177160-2017-04-15-07-46.jpg

まず、楼門の威容に感嘆します。

p6177162-2017-04-15-07-46.jpg

本家阿蘇神社に負けない風格。
国宝です。

p6177164-2017-04-15-07-46.jpg

楼門の天井板には、消えかけた龍の絵がうっすら見えます。

p6177166-2017-04-15-07-46.jpg

かつては鮮やかな龍が描かれていたことでしょう。

p6177168-2017-04-15-07-46.jpg

拝殿も国宝。

p6177169-2017-04-15-07-46.jpg

茅葺の屋根が印象的です。

p6177170-2017-04-15-07-46.jpg

幣殿のほか、本殿と廊も国宝になります。

p6177175-2017-04-15-07-46.jpg

境内に「青井大神宮」というものがありました。

p6177178-2017-04-15-07-46.jpg

伊勢神宮の内宮と外宮が祀ってあります。

p6177179-2017-04-15-07-46.jpg

社に覆いかぶさるように「神楠」が寄りかかっていました。

p6177183-2017-04-15-07-46.jpg

b_ornament_24_0m-2017-04-15-07-46.jpg

【永国寺】

p6177189-2017-04-15-07-46.jpg

「永国寺」というお寺があります。

p6177192-2017-04-15-07-46.jpg

ここは「ゆうれい寺」と呼ばれています。

p6177195-2017-04-15-07-46.jpg

なぜなら本堂に、ゆうれいの掛け軸が飾ってあるからです。

p6177197-2016-05-7-07-46-2016-05-11-07-46-2017-04-15-07-46.jpg

恐ろしい絵ですが、ご安心ください、レプリカです。
とある知名の士が妾を囲いましたが、本妻の嫉妬に悩み、妾は球磨川に身を投げて非業の死を遂げます。
女は霊となり、本妻を苦しめました。
本妻に相談を受けた実底和尚は、現れた女の霊に因果の道理を説き、一枚の絵を見せました。
和尚が描いた己の姿の醜さに驚いた霊は和尚に引導を渡してほしいと懇願します。
実底和尚の引導により、霊は成仏したということです。

p6177201-2017-04-15-07-46.jpg

霊が現れたという池には、美しい蓮の花が咲いていました。

b_ornament_24_0m-2017-04-15-07-46.jpg

【黒坂】

p6177202-2017-04-15-07-46.jpg

矢黒町というところに、隠れたパワースポットがありました。

p6177204-2017-04-15-07-46.jpg

味のある石橋を渡ると、「矢黒神社」があります。

p6177205-2017-04-15-07-46.jpg

矢黒神社は戦神を祀っているそうで、勝負運や流れを変えたい時にご利益があるそうです。

p6177219-2017-04-15-07-46.jpg

矢黒神社から少し歩いたところにすごい場所がありました。
「矢黒切り通し」、「黒坂」と呼ばれているところです。

p6177206-2017-04-15-07-46.jpg

小さな工場のような敷地の横を入っていきます。

p6177216-2017-04-15-07-46.jpg

道の横では蜂を飼ってありました。

p6177208-2016-05-7-07-46-2016-05-11-07-46-2017-04-15-07-46.jpg

その先に入口があります。
一見洞窟のように見えるその先には、

p6177210-2016-05-7-07-46-2016-05-11-07-46-2017-04-15-07-46.jpg

岩の崖のような間に道がありました。
道幅は2.5mくらい、崖の高さは5~15mくらいあります。

p6177212-2017-04-15-07-46.jpg

かつては里道として使われていたようで、今でも利用している人もいるそうです。

p6177215-2016-05-7-07-46-2016-05-11-07-46-2017-04-15-07-46.jpg

とてもひんやりとして、気持ち良い道でした。

b_ornament_24_0m-2017-04-15-07-46.jpg

【球泉洞】

p6177224-2017-04-15-07-46.jpg

人吉から球磨川沿いに帰る途中、「球泉洞」という鍾乳洞があります。

p6177238-2017-04-15-07-46.jpg

この鍾乳洞の特徴は「縦に深い」ということです。
通常のコースと「探検コース」がありますが、オプション料金がかかるものの、「探検コース」を選択することを強くおすすめします。

p6177236-2016-05-7-07-46-2016-05-11-07-46-2017-04-15-07-46.jpg

通常コースでは一般的な鍾乳洞探索を楽しめます。

p6177230-2017-04-15-07-46.jpg

観音様そっくりな鍾乳石がありました。

p6177234-2016-05-7-07-46-2016-05-11-07-46-2017-04-15-07-46.jpg

見返り観音です。

img_4055-2017-04-15-07-46.jpg

さて、探検コースはここからです。
ここから地下200mまで降りていきます。
鉄梯子伝いに真下に降りていきます。
落ちたら多分痛いです。

p6177241-2016-05-7-07-46-2016-05-11-07-46-2017-04-15-07-46.jpg

その先にはなんと、滝がありました。

p6177242-2016-05-7-07-46-2016-05-11-07-46-2017-04-15-07-46.jpg

地底の滝です。

img_4063-2016-05-7-07-46-2016-05-11-07-46-2017-04-15-07-46.jpg

地下を流れる川を歩いていきます。

img_4071-2017-04-15-07-46.jpg

途中、ハートの石があるので、踏まないよう気をつけます。
そしてその最奧には、

img_4068-2017-04-15-07-46.jpg

奥まで広がる地底の世界。
ロマンティックです。

0611e99d92e4ba95e998bfe89887e7a59ee7a4be-2016-05-11-07-46-2017-04-15-07-46.jpg

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

w

%s と連携中