拝ヶ石巨石群

投稿日:

1____pc120103-2017-04-15-20-00.jpg

熊本の金峰山に近いところに、「拝ヶ石巨石群」(おがみがいしきょせきぐん)と呼ばれる、謎の巨石があるというので、行ってみました。

1____pc120045-2017-04-15-20-00.jpg

そこは金峰山の外輪山にあたる場所です。

1____pc120047-2017-04-15-20-00.jpg

中途半端に整備された感のある道を歩きます。

pc120048-2017-04-15-20-00.jpg

途中に「方位石」という看板があったので、辺りを見回してみます。

pc120049-2017-04-15-20-00.jpg

草に埋もれるように、大きめの石がありました。

pc120050-2017-04-15-20-00.jpg

表面に星座を思わせる穴が空いており、「方位」を示しているそうです。
石全体には斜めに引っ掻いたような線がいくつも入れられています。

pc120051-2017-04-15-20-00.jpg

さらにこの方位石は「強烈な磁気異常」が見られるそうです。

1____pc120054-2017-04-15-20-00.jpg

しばらく進むと、階段が見えてきました。

1____pc120056-2017-04-15-20-00.jpg

この階段がかなり急勾配な上、

1____pc120058-2017-04-15-20-00.jpg

幅がやたら広かったり、足をかけられないほど狭かったりで、なかなか登りにくいです。

1____pc120055-2017-04-15-20-00.jpg

しかしなんとか登っていくと、雄大な景色が見えてきました。

1____pc120060-2017-04-15-20-00.jpg

門を思わせる大きな石が出迎え、

1____pc120063-2017-04-15-20-00.jpg

神殿のような巨石が姿を現します。

1____pc120064-2017-04-15-20-00.jpg

古くは「おかミノ石(拝みの石)」と呼ばれていたという巨石群。

1____pc120074-2017-04-15-20-00.jpg

最大約7mとも言われる巨岩がコの字型に立ち並び、なにやら古代の祭祀場を思わせます。

1____pc120068-2017-04-15-20-00.jpg

手前の「夫婦石」と呼ばれる大小の巨石は、地震によって倒れたようです。

1____pc120071-2017-04-15-20-00.jpg

手前に設けられている祠の裏は、祭祀場のような空間があります。

1____pc120072-2017-04-15-20-00.jpg

祠に祀られる不動像。

1____pc120073-2017-04-15-20-00.jpg

裏の祭祀場です。

1____pc120077-2017-04-15-20-00.jpg

とても神聖な空気が漂います。

pc120079-2017-04-15-20-00.jpg

ここで終わりかと思いきや、まだこの先の頂上にも巨石がありました。

1____pc120083-2017-04-15-20-00.jpg

「頂上石」と呼ばれる、ストーンサークルです。

1____pc120085-2017-04-15-20-00.jpg

静謐に佇む巨石の群れ。

1____pc120101-2017-04-15-20-00.jpg

これらの石の中には、古代シュメール語によく似たペトログリフ(古代岩刻文字)が刻まれているそうです。

1____pc120102-2017-04-15-20-00.jpg

また磁気異常により、コンパスなどは狂ってしまうといいます。

1____pc120089-2017-04-15-20-00.jpg

頂上石の先に「亀石」という標識がありました。
辺りを見回すと、

pc120091-2017-04-15-20-00.jpg

なんか白さが目立つ石があります。
これが亀石のようです。

pc120093-2017-04-15-20-00.jpg

甲羅の模様が刻まれているといいますが???

pc120094-2017-04-15-20-00.jpg

ん???

pc120092-2017-04-15-20-00.jpg

これ、転がっています。
たぶん、先の大地震で、転がっちゃったのでしょう。

pc120098-2017-04-15-20-00.jpg

白かった部分はもともと土に面していた部分で、甲羅の部分は真下になっています。

1____pc120109-2017-04-15-20-00.jpg

「メンヒル」と書かれた標識がありました。
メンヒルとは、単一で直立した巨石記念物のことで、ブルトン語の「長い石」を意味する単語に由来しているということです。

pc120106-2017-04-15-20-00.jpg

ありました、メンヒル。

pc120108-2017-04-15-20-00.jpg

頂部は綺麗な鏡面をしていることから「鏡石」とも呼ばれ、そこに正確に東西南北を示す十字が刻まれているということです。

1____pc120112-2017-04-15-20-00.jpg

自然にできたものか、人の手によるものなのか、何のためにあるのか、謎多き拝ヶ石巨石群。
もっと知名度が上がっても良さそうな、ミステリースポットでした。

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

w

%s と連携中