桃源郷岬

投稿日:

p6130362-2017-05-1-22-34.jpg

延岡の北、日向には不思議な造形の岬が多くあります。

rimg0035-2017-05-1-22-34.jpg

「日向のお伊勢さま」と謳う「大御神社」(おおみじんじゃ)の海岸も複雑な造形です。

rimg0030-2017-05-1-22-34.jpg

境内にある大きな「さざれ石」には、瓊瓊杵命が立ち乗って大海原を眺めたそうです。

rimg0072-2017-05-1-22-34.jpg

「クルスの海」は一見の価値があります。

rimg0041-2016-06-20-22-34-2017-05-1-22-34.jpg

恋人の聖地モニュメントの下には、

rimg0049-2017-05-1-22-34.jpg

本当に入江がクロスしてます。
漢字の「叶」にも見えることから、「願いが叶う」聖地だそうです。

rimg0060-2016-06-20-22-34-2017-05-1-22-34.jpg

柱状節理の大絶壁「馬ヶ背」は迫力に圧倒されます。

b_ornament-2017-05-1-22-34.jpg

p6130357-2017-05-1-22-34.jpg

そして6月、あじさいの絶景が見れると噂を聞いてやってきたのは「桃源郷岬」です。

p6130353-2017-05-1-22-34.jpg

酷道と言える山道を走り抜けると、いきなりあじさいの平原がありました。

p6130356-2017-05-1-22-34.jpg

この先が岬のようです。

p6130358-2017-05-1-22-34.jpg

ちょっと仰々しめな看板がありました。

p6130360-2017-05-1-22-34.jpg

ここでも奇岩がありました。

p6130361-2017-05-1-22-34.jpg

なるほど、言われてみれば「ウミガメ」に見えます。

p6130364-2017-05-1-22-34.jpg

斜面にもたくさんのあじさいがありました。

p6130366-2017-05-1-22-34.jpg

種類はあまり豊富ではなさそうですが、

p6130365-2017-05-1-22-34.jpg

色合いは綺麗です。

p6130368-2017-05-1-22-34.jpg

あじさいの小道を歩きます。

p6130373-2017-05-1-22-34.jpg

紫のグラデーションに包まれています。

p6130377-2017-05-1-22-34.jpg

一番の絶景ポイントがあるというので、行ってみます。

p6130397-2017-05-1-22-34.jpg

そこそこきつい丘を登ります。

p6130382-2017-05-1-22-34.jpg

平地に出ました。

p6130395-2017-05-1-22-34.jpg

海とあじさいのコラボレーションです。

p6130398-2017-05-1-22-34.jpg

まだ上に登ります。

p6130381-2017-05-1-22-34.jpg

この岬では、「ウガヤフキアエズの尊」を祀っていたと云います。

p6130393-2017-05-1-22-34.jpg

そして登りきったところにあった景色がこれです。

p6130386-2017-05-1-22-34.jpg

すごい絶景!というにはやや物足りない気もしますが、でも綺麗でした。

p6130400-2017-05-1-22-34.jpg

下に降りる頃、日が差してきました。

p6130405-2017-05-1-22-34.jpg

「あじさいの楽園」、確かにそう呼んでもいいのかもしれません。

p6130407-2017-05-1-22-34.jpg

0313e5a4a7e5bea1e7a59ee7a4be-2016-06-20-22-34-2017-05-1-22-34.jpg

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中