鵜戸神宮

投稿日:

p6130091-2017-05-1-09-36.jpg

ある時、山幸彦のもとに、龍宮で夫婦となった妻の「豊玉姫」が訪ねてきました。

rimg0010-2016-06-18-20-36-2017-05-1-09-36.jpg

豊玉姫が言うには、山幸彦の子を妊娠したというのです。

rimg0007-2016-06-18-20-36-2017-05-1-09-36.jpg

姫は天津神である山幸彦の子を「わたつみの宮」で出産するわけにもいかず陸に上がってきました。

「波打ち際に鳥の鵜(う)の羽で小さな産屋を建ててください。私はそこであなたの子を産みます。」

と姫は申し出ました。

b_ornament-2017-05-1-09-36.jpg

p6130050-2017-05-1-09-36.jpg

日南の有名な「鵜戸神宮」へやってきました。
幾度と訪れた鵜戸神宮でしたが、まだ僕の知らない発見が、この神社の奥にありました。

dscf0272-2017-05-1-09-36.jpg

観光バスで訪れますと、通常、この新参道トンネルを通ると思いますが、

dscf0277-2016-06-18-20-36-2017-05-1-09-36.jpg

しかし旧参道の「八丁坂」は上り下りが大変ですが、歩いてみる価値があります。

rimg0026-2016-06-18-20-36-2017-05-1-09-36.jpg

長年多くの人が歩いたその石段は、中央が擦れて丸くえぐれていて、歴史の重みを感じさせます。

b_ornament-2017-05-1-09-36.jpg

p6130052-2016-06-18-20-36-2017-05-1-09-36.jpg

楼門をくぐる前に右手を見てもらいましょう。
まるで大きな狛犬のような、「神犬石」(いぬいし)が見えます。

p6130056-2017-05-1-09-36.jpg

立派な楼門が見えます。
それはさながら龍宮の門のようです。

p6130060-2016-06-18-20-36-2017-05-1-09-36.jpg

鵜戸神宮の神の御使いはうさぎです。
鵜=卯で、うさぎだそうです。

p6130061-2017-05-1-09-36.jpg

絵馬も可愛いです。

p6130062-2017-05-1-09-36.jpg

手水舎で清めて本殿へ向かいます。

p6130065-2017-05-1-09-36.jpg

途中に太陽の遥拝所のようなところもありました。

p6130073-2017-05-1-09-36.jpg

そしていよいよ本殿が見えてきました。

p6130076-2017-05-1-09-36.jpg

切り立った断崖絶壁の洞窟に、鵜戸神宮本殿はあります。
鵜戸神宮は日本三大下り宮のひとつに数えられる神社です。

p6130081-2017-05-1-09-36.jpg

下に降り立つと、不思議な形に浸食された奇岩を間近に見ることができます。

p6130083-2017-05-1-09-36.jpg

不思議な形にえぐられた岩を眺めていると、異界に迷い込んだような錯覚を覚えます。

p6130087-2017-05-1-09-36.jpg

祓戸がありました。

p6130089-2017-05-1-09-36.jpg

奇岩の中に「亀石」と呼ばれる岩があります。

p6130064-2017-05-1-09-36.jpg

しめ縄で囲まれた、甲羅のくぼみに「運玉」(うんたま)を投げ入れます。

p6130092-2017-05-1-09-36.jpg

運玉とは素焼きされた小さな玉のことです。

p6130094-2017-05-1-09-36.jpg

女性は右手、男性は左手で投げ入れ、うまく入れば願いが叶うと云います。

p6130098-2017-05-1-09-36.jpg

洞窟の中の拝殿までやってきました。
とてもきらびやかで、こちらも龍宮のようです。

p6130100-2017-05-1-09-36.jpg

豊玉姫は出産のため、鵜の羽で産屋を作って欲しいと願います。

p6130101-2017-05-1-09-36.jpg

しかし、産屋が完成しないうちに、姫は産気づいてしまいました。

p6130102-2017-05-1-09-36.jpg

あわてて姫は山幸彦に「どうか、私が子を産む時には、お願いですから絶対に中を見ないでください」
と伝えて作りかけの小屋に入りました。

p6130146-2017-05-1-09-36.jpg

「見るな」と言われると見たくなってしまうのが人の性。
お約束通り、山幸彦は産屋を覗いてしまいます。

p6130109-2017-05-1-09-36.jpg

そこで山幸彦が見たのはサメの姿でのたうち回る豊玉姫でした。
姫の本来の姿はサメだったのです。
その姿にあわてて後ずさりする山幸彦。
そこに出産を終えた豊玉姫が人の姿で現れます。

p6130111-2017-05-1-09-36.jpg

「あれほど見ないでとお願いしたのに、私は本当の姿を見られてとても恥ずかしく思います。
これからはこの子を育てるために海から通おうと思っていたのに、それもできなくなりました。さよーならー。。」
「豊玉姫~~~っ!!」

当然です!

p6130132-2017-05-1-09-36.jpg

豊玉姫は海へ帰る時、せめてと「おっぱい」をもぎ取り、岩にガシッっと取り付けて去ります。
豊玉姫、すげえ。

p6130138-2017-05-1-09-36.jpg

御子はこの岩に取り付けた乳から滴る水を吸って、すくすくと育っていったと伝わります。

p6130141-2017-05-1-09-36.jpg

僕たちは、この姫のありがたいお乳を、「お乳水」としていただくことができます。
一口含んでみると、とても優しい味がしました。

p6130142-2017-05-1-09-36.jpg

それはなんとも、ミルキーなママの味です。

p6130107-2017-05-1-09-36.jpg

さて、この時生まれた子供は「鵜の羽を産屋の屋根に葺き終わらないうちに生まれた子」ということで
「鸕鷀草葺不合尊」(ウガヤフキアエズのみこと)と名付けられました。
さすがのネーミングセンス、さすが山幸彦!としか言いようがありません。
僕がこんな名前をつけられたら、思わず盗んだバイクで走り出すとこですが、息子は真っ直ぐ優しい青年に育っていきます。

p6130103-2017-05-1-09-36.jpg

このウガヤフキアエズの尊が鵜戸神宮の御祭神となります。
洞窟の最奥には「皇子神社」があり、御祭神はウガヤフキアエズの尊の第一皇子で、神武天皇の兄「彦五瀬命」(ひこいつせのみこと)となっています。

p6130108-2017-05-1-09-36.jpg

龍宮に戻った豊玉姫は、残してきた我が子の事が心配で仕方ありません。
豊玉姫は、妹の「玉依姫」(たまよりひめ)に皇子を育てて欲しいと願いました。

p6130119-2017-05-1-09-36.jpg

そうして玉依姫は陸にやってきて、お乳岩から滴るお乳で、ウガヤフキアエズの尊を大切に育て上げたのでした。

p6130123-2017-05-1-09-36.jpg

そして御子は育ち、いつしか立派な青年となりました。
青年ウガヤフキアエズは、これまで献身的に育ててくれた玉依姫に恋心を抱くようになりました。
ついに青年は姫に求婚します。
玉依姫は幼い頃から育ててきた皇子からの求婚に最初は戸惑いつつも、彼の真剣な想いに、これを受けることになります。

p6130144-2017-05-1-09-36.jpg

ウガヤフキアエズの尊にとって玉依姫は乳母であり叔母でしたので、当然ずいぶんな年の差婚でしたが、
龍宮の姫はおそらく年齢を感じさせない、若々しく素敵な女性だったのでしょう。

b_ornament-2017-05-1-09-36.jpg

p6130147-2017-05-1-09-36.jpg

さて、鵜戸神宮には、僕も最近知った凄い場所がありました。

p6130151-2017-05-1-09-36.jpg

多くの人は本殿に参拝した後、境内を後にすることと思いますが、ここで少し寄り道をしてみます。
社務所の横あたりにお稲荷さんがあります。

p6130152-2017-05-1-09-36.jpg

そこにある小さな案内板です。
ここに「吾平山御陵」(あひらのやまのうえのみささぎ)と「波切神社」(なきりじんじゃ)という文字が見えます。

p6130150-2017-05-1-09-36.jpg

吾平山上陵はウガヤフキアエズの御陵候補地として、有力な場所の一つとなっています。
ウガヤフキアエズの御陵は他にも幾つか候補地があるようです。

p6130154-2017-05-1-09-36.jpg

まずは鵜戸稲荷社を目指します。

p6130155-2017-05-1-09-36.jpg

赤い社の横を見ると、

p6130156-2017-05-1-09-36.jpg

あります、入り口が。

p6130160-2017-05-1-09-36.jpg

そこは、一歩足を踏み入れると、異世界です。

p6130161-2016-06-18-20-36-2017-05-1-09-36.jpg

苔むした石の階段。
かなり滑りやすい石の階段を登っていきます。

p6130162-2017-05-1-09-36.jpg

途中、開けたところに出ました。

p6130164-2016-06-18-20-36-2017-05-1-09-36.jpg

木が高いです。

p6130165-2017-05-1-09-36.jpg

さらに登ります。

p6130166-2017-05-1-09-36.jpg

深淵が広がっています。
きついし怖い。

p6130173-2017-05-1-09-36.jpg

そしてありました。

p6130170-2017-05-1-09-36.jpg

ウガヤフキアエズの尊が眠りし陵墓。
ここから先は入れないようですが、入りたいとも思いません。

p6130171-2017-05-1-09-36.jpg

この威圧に耐えるのがやっとです。

p6130172-2017-05-1-09-36.jpg

しばし立ち尽くし、深く頭を下げて、その場を立ち去りました。

b_ornament-2017-05-1-09-36.jpg

p6130174-2017-05-1-09-36.jpg

さて、元来た道を戻って、途中で別のルートに入ります。

p6130175-2017-05-1-09-36.jpg

ここからは岩場を歩いて下っていきます。

p6130176-2017-05-1-09-36.jpg

前回も触れた神話の話です。
イザナギとイザナミは国生みの末、イザナミは黄泉の国「出雲」へ逝ってしまいます。
ひと目イザナミに会いたいと黄泉の国へ向かったイザナギでしたが、イザナミの約束を破り、腐敗した彼女の姿を見て驚き、逃げてきます。

イザナギとイザナミ、凪と波、この国生みの二柱は渡来系海人族だったと思います。
出雲は渡来人系の王国だったようですので、神話を素直に読み解くと、出雲の女王と国づくりを行おうとしたイザナギは、盟約を違えて筑紫に追われたということにならないでしょうか。

p6130177-2017-05-1-09-36.jpg

筑紫の志賀島にやってきたイザナギは禊を行います。
ここで三貴子(みはしらのうずのみこ)に先立って綿津見三神、住吉三神を交互に、相次いで生み落とします。
これはイザナギと筑紫の海人族との深い交流があったことを示しています。

p6130179-2017-05-1-09-36.jpg

イザナギは禊の最後に三貴子、つまり天照大神、月読命、素盞嗚尊を生み落としますが、
天照大神は=卑弥呼のことであり、筑紫・山門で邪馬台国(倭国)を治める女王となります。
月読命は謎多い神ですが、綿津見三神を祀る安曇族と壱岐に渡ったか、また海人族にとって不可欠な月(月齢)が神格化したた可能性があります。

p6130181-2017-05-1-09-36.jpg

そして素盞嗚尊、彼は天照大神の弟という設定ですが、姉が太陽、兄が月という象徴的なネーミングなのに対し、スサノオとはその響きも、文字の意味も難解なものとなっています。
スサノオに関しては、別のところで詳しく追っていきますが、僕はイザナミ派の渡来人系海人族であると仮定しています。

p6130207-2017-05-1-09-36.jpg

さて、岩場の細道を突き進んでいくと、何やら見えてきました。

p6130205-2017-05-1-09-36.jpg

そこは今まで僕が知らなかった、海に面した洞窟です。

p6130204-2017-05-1-09-36.jpg

大地を横に大きく切り裂いたように、洞穴が広がっています。

p6130192-2017-05-1-09-36.jpg

そこには「波切神社」と書かれた鳥居があります。

p6130195-2017-05-1-09-36.jpg

元は不動尊だったようですが、

p6130196-2017-05-1-09-36.jpg

廃仏毀釈の流れで、神社に変えたみたいです。

p6130190-2017-05-1-09-36.jpg

さて天照大神=卑弥呼であるとして、卑弥呼とは世襲名だったと思います。
初代卑弥呼「向津姫」は筑前を治め、天の岩戸伝説を経て2代目「台与」の頃に高千穂へ、そしてさらには日向へと都を移していったのではないかと思っています。

p6130188-2017-05-1-09-36.jpg

台与の子孫が瓊瓊杵尊となるのでしょう。
そして瓊瓊杵尊は山族「大山祇神」(おおやまづみのかみ)の娘、「木花咲耶姫」と結婚します。
日向倭国は山族と深い結びつきを得て、三人の御子に恵まれます。
そして山族の血を濃く受けついだ御子「火遠理・山幸彦」は海人族・安曇の姫「豊玉姫」と結婚します。
ここに日向倭国は、大山祇族・安曇族という大きな部族の力を得て、出雲王朝のニギハヤヒ大王が治める畿内大和国へ進出を決めるのです。

p6130189-2017-05-1-09-36.jpg

しかし約束を違えた山幸彦に豊玉姫は決別します。
一度は安曇族の協力を失いかけた日向倭国でしたが、再び和睦したのでしょう、
その子ウガヤフキアエズの尊は、同じく安曇族の姫、玉依姫を妃としました。

p6130197-2017-05-1-09-36.jpg

ウガヤフキアエズの尊と玉依姫の夫婦はとても仲睦まじかったようで、瓊瓊杵尊や山幸彦のような、夫婦の不仲は伝えられていません。

p6130194-2017-05-1-09-36.jpg

ウガヤフキアエズの尊を祀る鵜戸神宮の奥に、ひっそりと守られるようにある波切神社は、姫と安曇の民を偲ぶ聖地のように思われました。

p6130199-2017-05-1-09-36.jpg

0301e9b59ce688b8e7a59ee5aeae-2016-06-18-20-36-2017-05-1-09-36.jpg

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中