松下村塾・萩・他

投稿日:

p3264691-2017-05-12-08-08.jpg

山口県の日本海沿いにある「萩」。
そこは陸の孤島と言ってもよさそうな辺境の地ですが、「吉田松陰」や「高杉晋作」、「木戸孝允」、「伊藤博文」など、
多くの幕末志士を生み出した、明治維新胎動の地として知られています。
そんな萩を、ぶらり歩いてみました。

b_ornament_24_0m-2017-05-12-08-08.jpg

1____img_0050-2017-05-12-08-08.jpg

【萩往還】
長州藩が参勤交代のため開いた「御成道」(おなりみち)を「萩往還」(はぎおうかん)といいます。
日本海側の萩(萩市)と瀬戸内海側の三田尻港(防府市)をほぼ直線で結ぶ、およそ53kmの道です。
幕末の志士たちも、この道を駆け抜けたと云います。

img_0052-2017-05-12-08-08.jpg

萩往還の萩市入り口には「道の駅」があります。
そこに著名な維新志士の像が多数立っていました。

1____img_0057-2017-05-12-08-08.jpg

萩は小さな町です。
しかしそこから、日本をひっくり返すほどの偉人が、何人も生まれています。
それはなぜか!?

1____img_0058-2017-05-12-08-08.jpg

僕が聞いた話です。
「毛利元就」(もうりもとなり)は偉大な戦国大名として中国地方の多くを領地とし、支配していました。
しかし関ケ原の戦いで豊臣家に味方した毛利家は以後、「周防」(すおう)と「長門」(ながと)の2ヶ国に領地を減らされます。
その時、毛利は、ありったけの優秀な人材を萩へ連れて言ったと云うことです。

1____img_0060-2017-05-12-08-08.jpg

慶長9年(1604年)、元就の子「毛利輝元」(てるもと)が防長二州36万石の居城として萩城を築城します。

1____img_0062-2017-05-12-08-08.jpg

以後、約260年間、優秀な遺伝子を育んで、明治維新に至ったということです。

img_0064-2017-05-12-08-08.jpg

中でも明治維新の火付け役となった「吉田松陰」(よしだしょういん)は萩市の大スター。
「萩往還」道の駅にも、その資料館が無料で開放されています。

b_ornament_24_0m-2017-05-12-08-08.jpg

1____p2060236-2017-05-12-08-08.jpg

近年「世界遺産登録」で湧き上がった萩。
そのシンボルといっても良い遺物が史跡「萩反射炉」です。

1____p2060237-2017-05-12-08-08.jpg

それは小高い丘の上の公園内にありました。

p2060241-2017-05-12-08-08.jpg

これは炉の煙突部分ですが、この長い煙突が大量の空気を炉内に取り込み、炉を高温に保ちました。
この反射炉は「硬くてもろい鉄」を「軟らかくて粘りのある鉄」に変えることができたそうです。

p2060244-2017-05-12-08-08.jpg

b_ornament_24_0m-2017-05-12-08-08.jpg

1____p2060245-2017-05-12-08-08.jpg

吉田松陰誕生の地にほど近いところに、「松陰神社」があります。
御祭神はもちろん、吉田松陰。

1____p2060247-2017-05-12-08-08.jpg

境内に入るとすぐのところに「明治維新胎動之地」と記された石碑があります。
これは、昭和43年(1968)に明治維新100年を記念して建立されたもので、故「佐藤栄作」元首相の書と云います。
吉田松陰が開いた「松下村塾」(しょうかそんじゅく)は、近代日本の原動力となった数多くの逸材を輩出しました。

1____p2060248-2017-05-12-08-08.jpg

吉田松陰は変人といってもいい、なかなかのヤンチャ者だったようです。

1____p2060249-2017-05-12-08-08.jpg

21歳の時、江戸にいた松陰は東北の海防に興味を持ち、調査の旅を計画します。
が、自藩の長州藩に申請した通行手形がなかなかもらえず、脱藩しました。
当時脱藩は死罪にあたる重罪です。

1____p2060251-2017-05-12-08-08.jpg

なんとか江戸に戻った松陰は当然謹慎処分を受けます。
そして、松陰 23歳の時、黒船が来航しました。
人々が恐れ慄く中、松陰は「先進国の文明を学ぶチャンス」と捉え、黒船に乗り込み密航させてもらおうと考えます。

p2060253-2017-05-12-08-08.jpg

そしてペリーが来航した時、松陰はろくな計画もなく、盗んだ小舟で漕ぎ出し、黒船のデッキに乗り込みます。
ペリーは松陰の、この特異な好奇心に感心しますが、やはりそれは許されることではなく、追い返してしまいます。
この後、松陰は牢獄に入れられました。

1____p2060250-2017-05-12-08-08.jpg

松蔭はこの時の気持ちを一句詠みました。
「かくすれば かくなるものと知りながら やむにやまれぬ大和魂」
(このようなことをすれば、こうなることはわかっていたが、それでも私の日本を想う心がそうさせた。)
この後、吉田松蔭は仮釈放になって牢獄から出ます。
そして、謹慎中の家で近所の人相手に講義を始めたのが「松下村塾」です。

1____p2060255-2017-05-12-08-08.jpg

松下村塾の建物は、松陰神社の境内にあります。

1____p2060256-2017-05-12-08-08.jpg

吉田松陰はここで、「高杉晋作」、「久坂玄瑞」、「伊藤博文」、「山県有朋」など、多くの門人を育てました。

p3264689-2017-05-12-08-08.jpg

この広いとは言えない小屋で、松陰が教育したのは、わずか1年と云います。

1____p2060266-2017-05-12-08-08.jpg

しかしそこには間違いなく、明治維新の卵が胎動し始めていたのです。

p2060268-2017-05-12-08-08.jpg

境内にはもう一つ建物があります。
吉田松陰が幽囚された旧宅です。

1____p2060267-2017-05-12-08-08.jpg

さて、仮釈放中の松陰ですが、「井伊直弼」とその右腕「間部詮勝」(まなべあきかつ)の独断政治に怒りを爆発させます。
そこで松陰は長州藩に「間部を暗殺するので、暗殺に使う武器を提供して欲しい」と願い出ますが、
当然藩はこれを受けることはせず、松陰をまたも牢獄にいれます。

1____p2060269-2017-05-12-08-08.jpg

心配する松下村塾の弟子たちは血判状まで出して諭すのですが、これが逆効果になり、
松陰はさらに激昂し、弟子たちとの絶交さえ決意します。
そして松陰は老中暗殺計画を自ら暴露し、井伊直弼の大粛清により死罪となります。
世にいう安政の大獄において、松蔭は、最後の刑死者になりました。

1____p2060271-2017-05-12-08-08.jpg

こうして吉田松陰はわずか29歳でその生涯を閉じますが、彼の意志を継いだ弟子たちが力を尽くし、松蔭の死後8年たって、日本は明治という新時代を迎えました。
明治23年(1890)に吉田松陰を祀って神社が建てられます。
現在の社殿は昭和30年(1955)に完成したもの。
御神体として松陰が終生愛用した赤間硯と父叔兄宛に書いた文書が遺言によって納められています。

1____p2060272-2017-05-12-08-08.jpg

旧社殿は「松門神社」として、松陰の門人であった人々の霊を祀っています。

1____p2060277-2017-05-12-08-08.jpg

激動の中、さらに激しく生きた吉田松陰。
彼ははこんな言葉を最後に残しました。

「諸君、狂いたまえ。」

ー Be Crazy ー

img_1542-2017-05-12-08-08.jpg

0509e69dbee999b0e7a59ee7a4be-2017-05-12-08-081.jpg

3件のコメント 追加

  1. Santo より:

    Thank you! It was quite interesting to read, just
    as usual. Keep writing! I’m looking ahead to read some fresh
    content from you. May you compose some guide
    or tips and hints for those people who desires to develop personal composing abilities?

    It will be super helpful, particularly for students, since modern students need to compose a big amount of different papers for college and
    universities. It is great that there are can be found internet
    sites such as this one Santo which makes evaluations
    on various paper authoring organizations.

    いいね: 1人

    1. CHIRICO より:

      Thank you for your visit.
      As long as it is not for commercial purposes, you are free to link, reprint and so on.
      However, please be aware that the content of the article uses a lot of personal subjectivity.
      Please understand that I can not speak much English.

      いいね

  2. gift ideas より:

    certainly like your web-site but you need to take a look at the spelling on quite a few of your
    posts. A number of them are rife with spelling problems and I find
    it very troublesome to inform the truth then again I will definitely
    come again again.

    いいね

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

w

%s と連携中