熊野古道

投稿日:

pa017952-2017-05-22-05-29.jpg

和歌山、奈良、三重にかけて幾重にも伸びる道「熊野古道」。
「熊野三山」信仰が古代から中世にかけて高まり、「蟻の熊野詣」と言われるほど多くの人が切れ目なく熊野に参詣しました。

pa017909-2017-05-22-05-29.jpg

熊野古道は大きく分けて「紀伊路」「小辺路」「中辺路」「大辺路」「伊勢路」の5つがあります。
このうち「小辺路」「中辺路」「大辺路」が世界遺産「紀伊山地の霊場と参詣道」として認定されています。

pa017899-2017-05-22-05-29.jpg

熊野古道を一つでも踏破しようと試みるなら、数日の日数と相当の体力を要します。
僕はお手軽に熊野古道を体感できるコースを歩いてみることにしました。

pa017900-2017-05-22-05-29.jpg

それは「中辺路」の「発心門王子」から「熊野本宮大社」を目指すルートです。
まず「熊野本宮大社」からバスに乗り「発心門王子」まで向かいます。
あとは再び「熊野本宮大社」まで緩やかな下り坂を歩いて2時間半ほどで戻ります。

wpid-pa017904-2015-11-14-07-29-2017-05-22-05-29.jpg

たどり着いた「発心門王子」付近は杉林の中にあり、心地よいところにありました。

pa017905-2017-05-22-05-29.jpg

「王子社」とは熊野の神様の御子神を祀った社のこと。

pa017910-2017-05-22-05-29.jpg

熊野古道沿いには「九十九王子」(つくもおうじ)と呼ばれるほどのたくさんの王子社があり、
参詣者は各王子社を巡りながら、またここで休憩をしつつ熊野三山を目指しました。

pa017902-2017-05-22-05-29.jpg

「発心門」とは山岳信仰の四門修行に由来した言葉で、「聖域への入り口」を表しています。

pa017911-2017-05-22-05-29.jpg

ひとまずここで心を清め、足を進めます。

wpid-pa017913-2015-11-14-07-29-2017-05-22-05-29.jpg

このルートは林道と民間道を交互に歩くようなコースになっています。

pa017916-2017-05-22-05-29.jpg

歩き始めてすぐに石でできた水路の跡のようなものがありました。

pa017919-2017-05-22-05-29.jpg

のどかな風景が心に染み込みます。

wpid-pa017920-2015-11-14-07-29-2017-05-22-05-29.jpg

王子社の他にも小さな祠がいたるところにあります。

pa017922-2017-05-22-05-29.jpg

細長いやつもいました。

pa017923-2017-05-22-05-29.jpg

民家の間をしばらく歩くと、若い杉が立ち並ぶ山道に入ります。

wpid-pa017924-2015-11-14-07-29-2017-05-22-05-29.jpg

気が遠くなるくらいたくさんの杉。

pa017925-2017-05-22-05-29.jpg

しばらく歩くと「水呑王子跡」(みずのみおうじあと)というところに出ます。

pa017931-2017-05-22-05-29.jpg

「水呑王子」とは「発心門の内の水飲」という意味らしいです。

pa017932-2017-05-22-05-29.jpg

ここではレトロな廃校が素敵です。

pa017934-2017-05-22-05-29.jpg

再び深い山道に入ります。

wpid-pa017936-2015-11-14-07-29-2017-05-22-05-29.jpg

森が深くなってきました。

wpid-pa017937-2015-11-14-07-29-2017-05-22-05-29.jpg

熊野古道の森は命に満ち溢れています。

pa017939-2017-05-22-05-29.jpg

杉に囲まれたこの小道も、果てしない数の人たちに愛されてきたのでしょう。

pa017940-2017-05-22-05-29.jpg

昔の人たちは長い日数をかけ、この祈りの路を歩きました。

wpid-pa017944-2015-11-14-07-29-2017-05-22-05-29.jpg

道脇の切り株には、そうした祈りの石が積まれ、

pa017947-2017-05-22-05-29.jpg

そこかしこに、命の芽吹きを感じます。

pa017948-2017-05-22-05-29.jpg

杉の隙間から、朝日が優しく降り注ぎます。

wpid-pa017953-2015-11-14-07-29-2017-05-22-05-29.jpg

熊野古道の風物詩の一つが小さなお地蔵さん。

wpid-pa017955-2015-11-14-07-29-2017-05-22-05-29.jpg

赤い前掛けをかけ、ここを行く人に愛されています。

wpid-pa017956-2015-11-14-07-29-2017-05-22-05-29.jpg

ふいに民家が点在する場所に出ました。

pa017957-2017-05-22-05-29.jpg

のどかな山村です。

pa017958-2017-05-22-05-29.jpg

見事な富士形の山が見えました。

pa017960-2017-05-22-05-29.jpg

それにしても熊野の山々は深い。

pa017963-2017-05-22-05-29.jpg

熊野本宮の森「大斎原の森」を伏し拝む。
「伏拝王子」(ふしおがみおうじ)からの光景です。

pa017968-2017-05-22-05-29.jpg

お茶畑がありました。

wpid-pa017969-2015-11-14-07-29-2017-05-22-05-29.jpg

またしばらく歩くと

pa017970-2017-05-22-05-29.jpg

「三軒茶屋跡」に出ます。

pa017971-2017-05-22-05-29.jpg

実際にお茶屋さんがあり、鮎の干物と栗の渋皮煮をいただきました。

img_2674-2017-05-22-05-29.jpg

こうした素朴な味を堪能するのも、旅の醍醐味。

pa017972-2017-05-22-05-29.jpg

ハート型の石を見つけました。

pa017973-2017-05-22-05-29.jpg

疲れも出てきましたが、せっかくなのでちょっとより道してみます。

pa017974-2017-05-22-05-29.jpg

「大斎原」の大鳥居が一望できました。
熊野古道を歩いてきた人たちがこの情景を見たときの感動が伝わります。

wpid-pa017978-2015-11-14-07-29-2017-05-22-05-29.jpg

ゴールはもう近い。

pa017979-2017-05-22-05-29.jpg

いよいよ本宮手前まで来ました。
最後に「祓殿王子跡」(はらいどおうじあと)にて心身に積もった汚れを祓い清め、聖域へと足を進めました。

wpid-pa017981-2015-11-14-07-29-2017-05-22-05-29.jpg

1件のコメント 追加

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください