霧島岑神社

投稿日:

pb300479-2017-06-15-22-30.jpg

霧島連山を取り囲むようにして点在する神社の幾つかを称して「霧島六社権現」(きりしまろくしゃごんげん)といいます。
六社の総称(現在は一社が合祀され五社)であり、一社に祀る神が六座あることが由来のようです。

pb300477-2017-06-15-22-30.jpg

そのひとつ「霧島岑神社」(きりしまみねじんじゃ)は「霧島中央権現宮」と言われた時期もあるらしく、由緒ある社のひとつです。

pb300478-2017-06-15-22-30.jpg

この神社は何と言っても参道が良い。
参道が全てと言ってもいいくらいです。
入り口には愛嬌のある仁王が出迎えてくれます。

pb300495-2015-12-7-22-44-2017-06-15-22-30.jpg

昼間でも薄暗く感じる参道は、濃密な、大いなる自然の空気を満たしています。
参道をゆっくりと歩けば、心が天に持ち上げられるような気分になります。

pb300480-2017-06-15-22-30.jpg

霧島の神社の歴史は、霧島連山の度重なる噴火との歴史とも言えます。
元は高千穂峰の中腹にあったとされる「霧島岑神社」。

pb300482-2017-06-15-22-30.jpg

噴火のたびに遷宮を繰り返し、同じく霧島六社権現のひとつであった「夷守神社」(ひなもりじんじゃ)を合祀し、旧夷守神社敷地内に社を移して現在に至ります。

pb300483-2017-06-15-22-30.jpg

境内はこじんまりとして簡素な印象。

pb300484-2017-06-15-22-30.jpg

本殿は最近建て替えられたらしいです。

pb300485-2017-06-15-22-30.jpg

稲が二束供えてありました。

pb300489-2017-06-15-22-30.jpg

簡素ではありますが、かつては「島津義弘」も厚く崇敬した由緒ある神社。

pb300490-2017-06-15-22-30.jpg

山の気配を色濃く漂わせる神社だと思います。

pb300491-2017-06-15-22-30.jpg

0910e99ca7e5b3b6e5b291e7a59ee7a4be-2015-12-7-22-44-2017-06-15-22-30.jpg

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中