赤間神宮

投稿日:

1____p5066704-2017-06-18-22-20.jpg

「今ぞしる みもすそ川の おんながれ 波の下にも 都ありとは」
下関にある目にも鮮やかな朱色の「赤間神宮」は、源平合戦で敗れ、わずが8歳で入水した安徳天皇を祀る神社です。

1____p5066700-2017-06-18-22-20.jpg

安徳天皇の母は平清盛の娘・徳子(建礼門院)です。
源氏の激しい攻勢に、二人は平家一門と一緒に都落ちします。

1____p5066703-2017-06-18-22-20.jpg

下関の壇ノ浦は平氏の最後の砦でした。
最初は優勢だった平氏も潮の流れが変わると次第に劣勢になり、敗北が決定的となると安徳天皇の祖母で清盛の妻「二位尼」は安徳天皇を抱きかかえ入水します。
その時うたった歌が冒頭のものです。
「海の底にも都はあります」と言って、8歳の安徳天皇とともに、激しい関門の海流に飛び込んだのです。

1____p5066699-2017-06-18-22-20.jpg

赤間神宮は当初、後鳥羽天皇の命により御影堂として建立されます。
阿弥陀寺と称し、安徳天皇の霊を慰めるお寺でした。
それがやがて明治維新後の神仏分離令を経て、赤間神宮となりました。

入り口の楼門始め、神宮の造りは「海の底の都」、つまり龍宮を模しているといいます。

1____img_1513-2017-06-18-22-20.jpg

階段を上がって、拝殿へと向かいます。

1____p5066706-2017-06-18-22-20.jpg

拝殿から望む本殿は水の上に建ち、厳島神社を彷彿とさせます。

1____img_1517-2017-06-18-22-20.jpg

平家が隆盛を誇った時代を夢見ているようです。

p5066708-2017-06-18-22-20.jpg

境内には有名な「耳なし芳一」のお堂があります。
その舞台が赤間神宮の元となる「阿弥陀寺」でした。

阿弥陀寺に芳一という盲目の琵琶法師が住んでいました。
芳一は平家物語の弾き語りが得意で、特に壇ノ浦の段は「鬼神も涙を流す」と言われるほどの名手でした。

ある夜、一人の武士が現われ、「高貴なお方」のため琵琶を弾いて欲しいと頼まれます。
そこで芳一は武士につれられて屋敷に向かうと、そこには多くの武将や、女子供も集っているようでした。

芳一が演奏を始めると皆熱心に聴き入ります。
語りが佳境になると皆声を上げてすすり泣き、激しく感動しました。
そこで芳一は七日七晩の演奏して欲しいと頼まれ、夜ごと出かけるようになります。

和尚は目の悪い芳一が夜出かけていく事に気付いて不審に思い後を付けます。
すると芳一は一人、平家一門の墓地の中におり、安徳天皇の墓前で無数の鬼火に囲まれて琵琶を弾き語っていました。
このままでは芳一が平家の怨霊に殺されてしまうと案じた和尚は、芳一の全身に般若心経を書き写し、「今夜は声を出さないように」と言います。

img_1518-2017-06-18-22-20.jpg

その夜、芳一が一人で座っていると、いつものように武士が芳一を迎えに来ました。
しかし経文の書かれた芳一の体は怨霊である武士には見えません。
芳一が呼ばれても返事をしないでいると怨霊は当惑します。
すると暗闇の中に耳が見えたので、「この耳だけでも持ち帰る他あるまい。」と言い、耳をもぎ取ってそのまま去って行きました。
芳一の耳だけはお経が書いていなかったのです。

朝になって帰宅した和尚は耳をもぎ取られ血だらけになって意識のない芳一の様子に驚きます。
怪我は手厚く治療され、その後、彼は「耳なし芳一」と呼ばれるようになりました。

琵琶の腕前も評判になり、その後は何不自由なく暮らしたといいます。

1____p5066707-2017-06-18-22-20.jpg

「芳一堂」の奥には平家一門の墓があります。

「祇園精舎の鐘の声、諸行無常の響きあり。
沙羅双樹の花の色、盛者必衰の理をあらはす。
おごれる人も久しからず、ただ春の夜の夢のごとし。
たけき者も遂にはほろびぬ、ひとへに風の前の塵に同じ。 」

1____p5066713-2017-06-18-22-20.jpg

0513e8b5a4e99693e7a59ee5aeae-2017-06-18-22-20.jpg

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中