吉塚うなぎ

博多でうなぎと言えば「吉塚うなぎ」ではないでしょうか。 中洲の川沿いにある老舗のうなぎ屋は、タモリさんはじめ著名人にも人気です。 いつも人が並んで待っています。 店内に入るとすぐにうなぎを注文します。 そして出来上がるま…

うえむら

人吉に来たなら、そうだ「うなぎ」を食べよう。 ということで、人吉でうなぎを食べるなら「うえむら」さんです。 「うえむら」さんは人吉の細い道沿いにあります。 そしていつも列ができるほどの人気ぶり。 同じ通り沿いに、すぐ近く…

皿屋敷(お菊大明神)

「一枚、二枚、さぁ~ん枚、・・・九枚、、、うらめし~ぃ...」 で、有名な皿屋敷伝説、それが福岡の嘉麻市にもあったりします。 のどかな民家の中に、ぽつんとあります。 臼井石竹というところに「清左衛門」という豪農がおりまし…

御島神社〜神功皇后紀 22

海水にその身の全てを沈ませ、女は思った。 ここはいつも、懐かしい故郷のようだ。 雑音は消え、静かな息遣いのみが聴こえる。 振りほどかれた長い髪は波の流れになびいていた。 … 橿日の浦では潮が引き、海を割るように一筋の砂州…

志賀海神社〜神功皇后紀 21

奈多の浜では夜通しかがり火が焚かれ、一人の女が舞を踊っていた。 その周りには数人の人影がある。 そのうちの一人は神功皇后であり、武内宿禰であった。 夜空に星は出ているものの、明かりは乏しく、海原は漆黒の闇に見えた。 やが…

相島

新宮の沖合に、近年「猫の島」として注目を集めている小さな島があります。 「相島」(あいのしま)は万葉集、続古今集にも歌われる歴史ある島です。 島の外周にある道は約6km。 半日もあれば、ゆっくり見て回れる大きさです。 釣…

脊振神社(下宮・上宮)

福岡と佐賀の境界に、背をくねらせて横たわる巨体があります。 標高1,054.6mの脊振山。 その姿が背を振る龍に似ているからついた名だと云います。 その中腹に「脊振神社」(下宮)があります。 脊振山の佐賀側305号線沿い…

宮地嶽神社〜神功皇后紀 20

神功皇后は橿日の宮を過ぎ、福津の宮地嶽山の麓に来ていた。 先ほど山頂では天神地祇を祭祀したばかりである。 麓の社では皇后の知る二人が祀られていた。 「姫様、もう日が暮れます。そろそろ宮へお戻りください。」 武内宿禰が皇后…

現人神社(住吉本津宮)〜神功皇后紀 19

「辺りの木を切り倒せ。」武内宿禰は檄を飛ばし、兵士らを突き動かした。やがて水路の先にある頑強な大岩が全容を見せる。 … 「この山の連なりの向こうに、住吉様の聖地がございます。そこに神田を設けられてはいかがでしょうか。」
…

巨石パーク

三瀬峠を越えて佐賀市内へ向かう嘉瀬川(かせがわ)沿い、佐賀大和I.Cからほど近いところに「巨石パーク」と書かれた、巨石の看板があります。 この道は景色も良いので、福岡から佐賀散策によく通った道でした。 なのでそこに巨石パ…

佐用姫伝説

「音に聞き目にはいまだ見ず佐用姫が領巾振りきとふ君松浦山」 万葉集に数首歌われる日本三大悲恋物語「松浦佐用姫」のお話です。 537年、大伴狭手彦(おおとものさでひこ)は新羅を討ち、任那・百済を救済するため軍を率いて松浦に…

伊都の層々岐山(雷山)〜神功皇后紀 18

不思議な音色が聴こえていた。 流れるような琴の音だ。 真っ白な霧の向こうに人影が見える。 後ろ姿は、どこか懐かしい面影。 そういえば、ここは仲哀天皇の父君が訪れた聖地であった。 あの方が尊であろうか。 もしそうであるなら…