英彦山:雲母坂・参道

投稿日:

p5290374-2017-06-1-10-00.jpg

現在、英彦山神宮への参道は、「銅鳥居」(かねのとりい)のある地点が起点となっています。
ここから奉幣殿までは長い石段の参道が伸びていて、その数約900段といいます。
今はスロープカーもできていて、気軽に奉幣殿まで進むことができるようになっていました。

p5290307-2017-06-1-10-00.jpg

さて、銅鳥居から奉幣殿とは反対の方向を望むと、「雲母坂」(きららざか)という、なんとも美しい響きの坂の名が見えました。
坂を登るのは大変そうなので、銅鳥居に車を停め、雲母坂へと下ってみることにしました。

p5290308-2017-06-1-10-00.jpg

すぐに、古びた石の階段があります。

p5290311-2017-06-1-10-00.jpg

脇に積まれた石垣は、思わず見惚れるほど美しい、こだわりの造形です。

p5290315-2017-06-1-10-00.jpg

苔むした道をのんびり歩いていきます。
過酷な英彦山の登山道とはまるで心持ちが違ってきます。

p5290318-2017-06-1-10-00.jpg

僕はすっかり、この道が雲母坂だと思っていましたが、ここは「次平の坂」と呼ばれるそうです。

p5290319-2017-06-1-10-00.jpg

ここはかつての参道、古道というやつでしょう。

p5290320-2017-06-1-10-00.jpg

唐突に赤い鳥居がありました。
「新森稲荷神社」とあります。

p5290322-2017-06-1-10-00.jpg

細い参道を少し歩くと、

p5290323-2017-06-1-10-00.jpg

小さな祠がありました。

p5290324-2017-06-1-10-00.jpg

ここはとても気持ち良いです。
スッと伸びた樹木に、気持ちも引き上げられるようです。

p5290326-2017-06-1-10-00.jpg

祠の中には稲荷がいます。

p5290328-2017-06-1-10-00.jpg

祠の裏手に回ってみると、

p5290330-2017-06-1-10-00.jpg

森の奥に、光が反射する石碑が見えました。

p5290331-2017-06-1-10-00.jpg

なにやら文字が彫ってあるようです。

p5290332-2017-06-1-10-00.jpg

さながら森の聖地といった趣でした。

p5290333-2017-06-1-10-00.jpg

b_ornament-2017-06-1-10-00.jpg

p5290336-2017-06-1-10-00.jpg

再び、侘びた古道を歩きます。

p5290343-2017-06-1-10-00.jpg

それにしても、何と石が多い山でしょうか。

p5290344-2017-06-1-10-00.jpg

石の階段を降り終えると、

p5290347-2017-06-1-10-00.jpg

のどかな平地が見えてきました。

p5290349-2017-06-1-10-00.jpg

小川がせせらぎ、「八龍地蔵尊」があります。

p5290351-2017-06-1-10-00.jpg

しばしなだらかな坂を下ります。

p5290354-2017-06-1-10-00.jpg

民家などの隙間を歩いていくと、

p5290358-2017-06-1-10-00.jpg

また山深い道に入りました。

p5290359-2017-06-1-10-00.jpg

下はふかふかかと思いきや、石が敷き詰められていました。

p5290363-2017-06-1-10-00.jpg

よくみると美しい、石畳の道になっています。

p5290364-2017-06-1-10-00.jpg

そう、これが雲母坂です。

p5290368-2017-06-1-10-00.jpg

滋賀・京都にある比叡山の雲母坂を模して造られた道と云います。
風が吹き抜け、小京都の趣を感じます。

p5290369-2017-06-1-10-00.jpg

昔は大勢の人が、この道を登って英彦山へ参拝していたのでしょう。

p5290370-2017-06-1-10-00.jpg

休憩所だったのでしょうか、「可休松」という石碑と、

p5290373-2017-06-1-10-00.jpg

彦山の十二景の一つを表す「雲母晴嵐」の石碑がありました。

p5290372-2017-06-1-10-00.jpg

b_ornament-2017-06-1-10-00.jpg

雲母坂の出口は「南坂本」のバス停があり、銅鳥居までコミュニティバスで戻ることができます。
本数は少ないのですが、待ち時間があれば、近くに喫茶店もありました。
コミュニティバスは利用者が少ないせいか、猛スピードで通過していきそうな勢いでしたので、両手を振ってバスを停めます。

p5290375-2017-06-1-10-00.jpg

今日は楽チン散策コースを満喫したいので、銅鳥居からはスロープカーを利用します。

p5290381-2017-06-1-10-00.jpg

スロープカーは景観もよく、料金も良心的なので、気軽に利用できます。

p5290384-2017-06-1-10-00.jpg

スロープカーは麓の「幸駅」から、途中「花駅」で乗り換えて、奉幣殿手前の「神駅」まで行きます。

p5290386-2017-06-1-10-00.jpg

途中にある花駅は廃校となった「英彦山小学校」の校舎を利用して作られています。

p5290408-2017-06-1-10-00.jpg

b_ornament-2017-06-1-10-00.jpg

p5290391-2017-06-1-10-00.jpg

神駅に到着です。

p5290388-2017-06-1-10-00.jpg

駅を降りると、奉幣殿は目の前でした。
これは楽チン。

p5290394-2017-06-1-10-00.jpg

奉幣殿に参拝後、今度は参道を歩いて降ります。

p5290396-2017-06-1-10-00.jpg

情緒ある石の階段、

p5290395-2017-06-1-10-00.jpg

その横には宮司さんが管理する花園がありました。

p5290398-2017-06-1-10-00.jpg

可憐な花が咲いていますが、

p5290402-2017-06-1-10-00.jpg

鹿がすぐに荒らしてしまうようです。

p5290404-2017-06-1-10-00.jpg

初夏の暑い日でしたが、風が涼しいです。

p5290405-2017-06-1-10-00.jpg

あちこちに自生するピンクの花は「ジキタリス」です。
毒を持っているので、鹿も食べません。

p5290411-2017-06-1-10-00.jpg

参道脇の遺跡は、かつてここに三千人の山伏が修行していた時の名残です。

p5290412-2017-06-1-10-00.jpg

800に及ぶ坊があったと云います。

p5290413-2017-06-1-10-00.jpg

夢の跡を感じていると初夏の風が吹き抜けました。

p5290414-2017-06-1-10-00.jpg

石畳を進んでいくと、

p5290415-2017-06-1-10-00.jpg

「財蔵坊」(ざいぞうぼう)という、ひときわ立派な建物がありました。

p5290416-2017-06-1-10-00.jpg

財蔵坊は、江戸時代後期の修験者の住居だと云います。

p5290417-2017-06-1-10-00.jpg

今は週末、休憩所を兼ねて一般公開されているようです。

p5290418-2017-06-1-10-00.jpg

侘びた手水鉢と

p5290420-2017-06-1-10-00.jpg

立派な屋根が印象的でした。

p5290423-2017-06-1-10-00.jpg

さていよいよ銅鳥居が見えてきました。
休日には、参道巡りだけでも風情を味わえる英彦山に足を延ばすのも良いものです。

p5290425-2017-06-1-10-00.jpg

1件のコメント 追加

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中