伊都の層々岐山(雷山)〜神功皇后紀 18

不思議な音色が聴こえていた。 流れるような琴の音だ。 真っ白な霧の向こうに人影が見える。 後ろ姿は、どこか懐かしい面影。 そういえば、ここは仲哀天皇の父君が訪れた聖地であった。 あの方が尊であろうか。 もしそうであるなら…

鏡神社〜神功皇后紀 17

「みろ襲津彦、釣れた、釣れたぞ!」 大きな石の上に裸足で立ち、釣竿を手にはしゃいでいるのは神功皇后。
晴れ渡った空の下、武内宿禰は胸を撫で下ろしていた。
久しぶりに見る皇后の笑顔だ。
 そう、もともとはこんなに無邪気な人…