佐用姫伝説

「音に聞き目にはいまだ見ず佐用姫が領巾振りきとふ君松浦山」 万葉集に数首歌われる日本三大悲恋物語「松浦佐用姫」のお話です。 537年、大伴狭手彦(おおとものさでひこ)は新羅を討ち、任那・百済を救済するため軍を率いて松浦に…