比叡山延暦寺-東塔

投稿日:

p2010141-2016-06-10-00-08-2017-07-28-08-08.jpg

平安時代、仏教界に二人のスターが現れました。
最澄と空海、その人です。
最澄は京都と滋賀にまたがる比叡山に延暦寺を開きます。
空海は奈良の山奥、高野山に金剛峰寺を開きます。

p2010121-2017-07-28-08-08.jpg

最澄の建てた延暦寺はその後、高名な僧を数多く輩出し、延暦寺の敷地は広大になり、今では比叡山の全てに至ります。

p2010126-2017-07-28-08-08.jpg

【大講堂】
比叡山延暦寺は大きく3つの区域に分けられます。
「東塔」「西塔」「横川」の3地域です。
その中でも最も中心となるエリアが「東塔」(とうどう)地域です。

p2010123-2017-07-28-08-08.jpg

東塔地域に入ると、すぐに大きな「大講堂」が姿を現します。
各宗派の宗祖の像が立ち並ぶ大講堂で、多くのお坊さんが学問の研究を行いました。

p2010128-2016-06-10-00-08-2017-07-28-08-08.jpg

大講堂の側に「開運の鐘」があります。

p2010133-2016-06-10-00-08-2017-07-28-08-08.jpg

一人一回つけるので、ぜひその優しい響きを堪能したいです。

p2010135-2017-07-28-08-08.jpg

【根本中堂】
大講堂から敷地内を下って行くと、延暦寺最大の聖地にして総本堂の「根本中堂」(こんぽんちゅうどう)が見えてきます。

p2010138-2017-07-28-08-08.jpg

最澄は子供の頃から才に秀で、若干19歳で日本で年間5人しか受からないと言われるエリート官僚になるための試験に受かります。
これまでの日本の仏教は家柄で仏になれる人とそうでない人がいるという教えでした。
それでは大衆を救えないと感じた最澄は遣唐使に随行し、唐で天台宗を学び日本に持ち込みます。
天台宗は人間はもとより、この世の全てのものが仏になれる、という教えでした。

p2010140-2017-07-28-08-08.jpg

最澄は非常に繊細で生真面目な性格だったようです。
天才肌だった空海と対照的に、最澄は努力の人、秀才肌だったようです。
今の僧は都に住み、大衆と交わって修行を怠っていると最澄は感じていました。
自分はこれを改め、山にこもり、そこでひたすらに修行を行うことで民衆を救おうとします。

p6081146-2017-07-28-08-08.jpg

僧は人々の手本になり、人々のために尽くさなければならない。
そのためには一心に学問に励み、修行を積まねばならないと弟子たちに教え伝えます。
ゆえに最澄は「伝教大師」という名を朝廷からいただきます。

p2010144-2017-07-28-08-08.jpg

根本中堂は最澄が「一乗止観院」という草庵を建て、延暦寺の始まりとなったゆかりの場所にあります。
最澄が一刀三礼して彫ったという「薬師瑠璃光如来」を本尊とし、
その前には1200年火を絶やすことのない「不滅の法灯」が3基、厳かに灯っています。

e4b88de6bb85e381aee6b395e781afe38386e383ace382ab-2017-07-28-08-08.jpg

根本中堂内の世界は、あえて言うなら「幽玄」。
言葉では表し難く、実際にそこで感じていただくほかはないと思われます。
ちなみに最澄は色白の女顔で、めちゃイケメンだったようです。

p2010152-2017-07-28-08-08.jpg

【文殊楼】
根本中堂から高く登ったところに「文殊楼」(もんじゅろう)があります。

p2010156-2017-07-28-08-08.jpg

そこからは根本中堂の全容が、少し垣間見れます。

p2010157-2017-07-28-08-08.jpg

東塔エリアは見所も多いです。
阿修羅のような三面大黒天を祀った「大黒堂」、

p2010164-2017-07-28-08-08.jpg

世界中の神仏を祀った「萬拝堂」などを巡ります。

img_7659-2017-07-28-08-08.jpg

小腹が空いたので腹ごしらえをさせていただきました。

img_7657-2017-07-28-08-08.jpg

優しい滋味が疲れを癒してくれます。

p2010175-2017-07-28-08-08.jpg

さて、また登ります。

p2010183-2017-07-28-08-08.jpg

その奥に「東塔」(とうどう)と「阿弥陀堂」(あみだどう)が見えます。

p2010189-2017-07-28-08-08.jpg

最澄と同時期に頭角を表したのが、かの有名な空海です。
その二人の性格も歩んだ道も正反対と言っていいでしょう。

p2010190-2017-07-28-08-08.jpg

当初は最澄と空海、わりと仲が良かったようです。

p2010188-2017-07-28-08-08.jpg

最澄は生真面目な性格でしたが、自分の学んだ仏教のうち、密教に関しては空海の方が優れていると素直に認めます。
ゆえに最澄はプライドを捨て、7歳年下の空海に教えを請います。

p2010179-2017-07-28-08-08.jpg

そんな最澄を空海も受け入れるのですが、しかしやがて二人は決別することになります。
理由の一つは、最澄が密教の経典「理趣釈経」を借りたいと空海に申し出ますが、
経典からばかり学ぼうとする最澄の姿勢に、修行を重んじる空海がそれを貸さなかったこと、
もう一つは最澄の弟子「泰範」を空海に預けましたが、泰範は最澄を裏切り、空海の元から帰らなかったことが原因のようです。

p2010182-2017-07-28-08-08.jpg

泰範は最澄の想い人的な感じだったのでしょうか。。
ボーイズラヴの胎動を感じます。

p2010169-2017-07-28-08-08.jpg

【戒壇院】
最後に東塔エリアで見逃せない聖地が「戒壇院」(かいだんいん)です。

p2010171-2017-07-28-08-08.jpg

僧になるための必須の条件である「大乗戒」を受けるためのお堂です。
延暦寺の中でも、最も重要な堂のひとつ。

p2010172-2016-06-10-00-08-2017-07-28-08-08.jpg

受付でもらう巡拝マップにはあっさりとしか記載されていないので、通り過ぎてしまいそうです。

p2010173-2017-07-28-08-08.jpg

そして東塔地域を一通り見て門を出ると、すぐに次の「西塔」に向かってしまいそうになります

p2010195-2017-07-28-08-08.jpg

が、駐車場の奥にこんな看板がありました。

p2010196-2017-07-28-08-08.jpg

降りてみます。

p2010198-2017-07-28-08-08.jpg

なんかありました。

p2010201-2017-07-28-08-08.jpg

「栄西」と言えば、日本にお茶を広めた人です。

p2010202-2017-07-28-08-08.jpg

比叡山延暦寺で最澄が広めたのは「天台宗」。
天台宗は中国の隋の頃、天台大師「智顗」(ちぎ)が開いた宗派です。
智顗は全てのお経を取り込み、お経のランク付けをした人です。
つまり天台宗は全てのお経を含む宗派で、自由に学びなさいというスタンスを持っています。
ちなみに智顗が最高ランクとしたお経が「法華経」となります。
これに対し、空海の「真言宗」はお経よりも加持祈祷を重要視し、
「密教」こそが仏陀の最たる教えだとこだわります。
究極は即身成仏すること、ということのようです。

p2010204-2017-07-28-08-08.jpg

天台宗では自由に学び、自由に派生していきます。
なので、比叡山の至るところで、どこか聞いたことがあるお坊さんの名前が残る史跡を見かけます。

p2010207-2016-06-10-00-08-2017-07-28-08-08.jpg

天台宗、そして最澄の懐の大きさを、この広大な敷地の延暦寺で感じました。

p2010208-2017-07-28-08-08.jpg

0917e6af94e58fa1e5b1b1e5a4a7e8ac9be5a082-2016-06-10-00-08-2017-07-28-08-08.jpg0918e6af94e58fa1e5b1b1e6a0b9e69cace4b8ade5a082-2016-06-10-00-08-2017-07-28-08-08.jpg0919e6af94e58fa1e5b1b1e69687e6ae8ae6a5bc-2016-06-10-00-08-2017-07-28-08-08.jpg0920e6af94e58fa1e5b1b1e5a4a7e9bb92e5a082-2016-06-10-00-08-2017-07-28-08-08.jpg0921e6af94e58fa1e5b1b1e890ace68b9de5a082-2016-06-10-00-08-2017-07-28-08-08.jpg0922e5bbb6e69aa6e5afbae998bfe5bca5e99980e5a082-2016-06-10-00-08-2017-07-28-08-08.jpg0923e6af94e58fa1e5b1b1e69db1e5a194-2016-06-10-00-08-2017-07-28-08-08.jpg
大講堂・根本中堂・文殊楼・大黒堂・萬拝堂・阿弥陀堂・東塔

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

w

%s と連携中