辰の島

投稿日:

p8057435-2017-08-9-08-00.jpg

壱岐はその本島ももちろん素晴らしいところですが、
さらにそこから2kmほど離れた離島にパラダイスがありました。

img_2454-2017-08-9-08-00.jpg

壱岐北端の港、勝本港からクルージングで向かうのは無人島「辰の島」(たつのしま)です。

p8057406-2017-08-9-08-00.jpg

船はすぐに大海原にでます。

p8057409-2017-08-9-08-00.jpg

海にただ漂う船は、どこか孤独を感じさせます。

p8057410-2017-08-9-08-00.jpg

そして辰の島にもあっという間に着いてしまうのですが、まずは島の周りをクルージング。

p8057414-2017-08-9-08-00.jpg

のっそりとゴリラが覗いています。

p8057416-2017-08-9-08-00.jpg

こちらはまるでサザエのような岩。

p8057419-2017-08-9-08-00.jpg

そして辰の島海域でシンボル的な「マンモス岩」が見えてきます。
ウニ、サザエ、アワビの宝庫ということですが、海流が荒く、命を落とした漁民も多いと云います。

img_2459-2017-08-9-08-00.jpg

そして海がエメラルドグリーンになってきました。

p80574291-2017-08-9-08-00.jpg

そこには日本とは思えない光景が待っていました。

p8057437-2017-08-9-08-00.jpg

「海の宮殿」です。

p8057433-2017-08-9-08-00.jpg

ため息がでます。
ここはエーゲ海なのか!?

p8057438-2017-08-9-08-00.jpg

「オオカミ岩」が見えてきました。

p8057449-2017-08-9-08-00.jpg

そして船はビーチへとたどり着きます。

p8057444-2017-08-9-08-00.jpg

空と海の境界が曖昧になるほど、全てが青いです。

p8057448-2017-08-9-08-00.jpg

海岸には、エメラルドグリーンの遠浅が広がっています。

p8057441-2017-08-9-08-00.jpg

ここで思う存分泳ぐのはもちろん最高ですが、

p8057509-2017-08-9-08-00.jpg

島を散策するのも楽しいです。

p8057481-2017-08-9-08-00.jpg

「鬼の足跡」です。
デイという鬼が、片足を渡良に、片足を辰の島にまたいで立ち、フンドシで鯨3頭をすくったと伝えられています。

p8057482-2017-08-9-08-00.jpg

さらに島を登っていくと

p80574851-2017-08-9-08-00.jpg

断崖の絶景があります。。

p8057491-2017-08-9-08-00.jpg

めっちゃ足が竦みますが、気持ち良い。

p80574961-2017-08-9-08-00.jpg

「羽奈毛崎」(はなげさき)というそうです。

p8057499-2017-08-9-08-00.jpg

「蛇ヶ谷」というところもあります。

p8057493-2017-08-9-08-00.jpg

壱岐まで来たなら、辰の島も楽しまないともったいないです。

p8057507-2017-08-9-08-00.jpg

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください