水天宮と流し灯籠

投稿日:

p8150106-2017-08-11-07-28.jpg

筑後川の花火大会でも有名な久留米の「水天宮」で、8月15日に流し灯籠があります。

1____p4086380-2017-08-11-07-28.jpg

久留米の水天宮は全国にある水天宮の総本宮になります。

1____p4086379-2017-08-11-07-28.jpg

御祭神は「天御中主神」(あめのみなかぬしのかみ)や「安徳天皇」などになります。
安徳天皇と言えば源平合戦の折、壇ノ浦で幼くして激流に身を投じた哀しき天皇です。

p8150043-2017-08-11-07-28.jpg

水天宮は安徳天皇の母「高倉平中宮」(たかくらたいらのちゅうぐう)に仕えていた「伊勢」がこの地に逃れてきて、初めて水天宮を祀ったことに始まります。

p4086385-2017-08-11-07-28.jpg

伊勢は剃髪して、のちに名を「千代」と改めました。
千代は里人に請われるままに加持祈祷を行いましたが、次第に霊験あらたかであると評判になったそうです。

p4086386-2017-08-11-07-28.jpg

水天宮は寒い季節には数々の種類豊富な椿が咲き乱れることでも有名です。

p4086390-2017-08-11-07-28.jpg

張りつめた空気の中、凛と咲く花が美しいです。

p8150041-2017-08-11-07-28.jpg

本殿裏手には「彌都波能売神」(みつはのめのかみ)を祀る「水神社」があります。
その前には

p8150039-2017-08-11-07-28.jpg

とても愛嬌のある「肥前狛犬」が鎮座します。

p8150040-2017-08-11-07-28.jpg

自分の痛いところと同じ場所を撫でると痛みがとれるそうです。

p8150038-2017-08-11-07-28.jpg

境内から川岸に降りると、大らかな筑後川が流れています。

p8150046-2017-08-11-07-28.jpg

川に、ゆっくりと灯籠が流れていきます。

p8150058-2017-08-11-07-28.jpg

8月15日の夕刻に、あの世へと帰っていくご先祖様を供養しお見送りする流し灯籠。

p8150066-2017-08-11-07-28.jpg

日もゆっくり暮れていきます。

p8150071-2017-08-11-07-28.jpg

カラフルな灯籠には、故人と自分の名前が書き込まれ、また故人へのメッセージも綴られています。

p8150080-2017-08-11-07-28.jpg

日が暮れるにつれ風も流れ始め、沢山の灯籠が動き始めました。

p8150084-2017-08-11-07-28.jpg

それぞれの故人が並んで帰っていくようです。

p8150092-2017-08-11-07-28.jpg

それは儚く、

p8150094-2017-08-11-07-28.jpg

美しい光景でした。

p8150100-2017-08-11-07-28.jpg

僕にはまだ、見送る人はいませんが、

p8150103-2017-08-11-07-28.jpg

ご先祖様を偲ばせていただきました。

p8150118-2017-08-11-07-28.jpg

日は完全に暮れ、灯籠の明かりが一層輝きます。

p8150125-2017-08-11-07-28.jpg

祈るように、僕もしばらくの間灯籠を眺めていました。

p8150127-2017-08-11-07-28.jpg

0609e6b0b4e5a4a9e5aeae-2017-08-11-07-28.jpg

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください