龍馬の愛した長崎

投稿日:

img_12042-2017-08-17-08-30.jpg

異国情緒の街「長崎」を想いを馳せつつちょっとだけ歩いてみます。

img_1180-2017-08-17-08-30.jpg

「風頭公園」まで上ってみると、有名な龍馬の像がありました。

img_1182-2017-08-17-08-30.jpg

「船が長崎の港内に入ったとき、竜馬は胸のおどるような思いをおさえかね、『長崎は、わしの希望じゃ』と、陸奥陽之助にいった。
『やがては日本回天の足場になる』ともいった」(『竜馬がゆく』司馬遼太郎著)。

img_1183-2017-08-17-08-30.jpg

坂本龍馬は長崎にやってきて、日本の夜明けを感じたようです。

img_1186-2017-08-17-08-30.jpg

そこは異国情緒と活気にあふれた町でした。

img_5867-2017-08-17-08-30.jpg

「亀山社中」は海援隊、始まりの地です。

img_1191-2017-08-17-08-30.jpg

龍馬に関する資料館のようになっています。。

img_1196-2017-08-17-08-30.jpg

かなり大きな「龍馬のぶーつ像」。

p7262801-2017-08-17-08-30.jpg

さて、言わずと知れた観光名所。
「大浦天主堂」と「グラバー邸」。

p7262804-2017-08-17-08-30.jpg

シックな館内を巡ります。

p7262811-2017-08-17-08-30.jpg

外に出れば稲佐山が見えます。

p7262817-2017-08-17-08-30.jpg

グラバーは龍馬を始め、幕末の志士達をかくまったと云います。

p7262827-2017-08-17-08-30.jpg

そこは日本の内外を含めた、様々な思惑が交差した場所でした。

p7262831-2017-08-17-08-30.jpg

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

w

%s と連携中