阿部王子神社

投稿日:

1____pa038458-2017-08-18-19-50.jpg

熊野古道街道沿いにある九十九王子のひとつで、大阪府内で唯一現存する王子に「阿部王子神社」(あべのおうじじんじゃ)があります。

1____pa038440-2017-08-18-19-50.jpg

熊野三山の使いである三本足のカラス「八咫烏」(やたがらす)に縁のある社です。
鳥居の前の道が旧熊野街道となるようです。

1____pa038441-2017-08-18-19-50.jpg

仁徳天皇の創建と伝わります。

1____pa038443-2017-08-18-19-50.jpg

ご祭神は「伊邪那岐命」「伊邪那美命」「速素盞鳴命」「応神天皇」。

1____pa038444-2017-08-18-19-50.jpg

阿倍野の王子ということで「阿倍野王子」と呼ばれていたそうです。

1____pa038445-2017-08-18-19-50.jpg

街中にあって、決して広い敷地ではありませんが、様々な社があります。

pa038465-2017-08-18-19-50.jpg

境内にはご神木がそびえていますが、

pa038446-2017-08-18-19-50.jpg

その一柱一柱が神様そのもののようです。

b_ornament-2017-08-18-19-50.jpg

1____pa038449-2017-08-18-19-50.jpg

さて境内を出て50メートルほど北に境外社である「安倍晴明神社」があります。

pa038450-2017-08-18-19-50.jpg

安倍晴明生誕の地とされ、こちらを目当てに訪れる方のほうが多いようです。

pa038459-2017-08-18-19-50.jpg

晴明誕生というからには、晴明には母親がいます。
「葛の葉姫」(くずのはひめ)がその人。

pa038451-2017-08-18-19-50.jpg

葛の葉姫は信太の森の白狐だったという言い伝えです。

1____pa038452-2017-08-18-19-50.jpg

命を「安倍保名」に助けられた白狐は、女の姿となって保名に恩返しをしますが、そのうちに恋仲になってしまいます。

pa038456-2017-08-18-19-50.jpg

やがて子を孕み、「童子丸」を出産。

1____pa038455-2017-08-18-19-50.jpg

童子丸はすくすくと育ち、のちの安倍晴明となるのです。

pa038460-2017-08-18-19-50.jpg

ただ、童子丸が5歳の時、保名に自分がかつて助けられた狐であるとバレてしまいます。

pa038457-2017-08-18-19-50.jpg

バレたからには去らなくてはならないのが、物語の定石。
葛の葉は信太の森へと帰ってゆくのでした。

1____pa038462-2017-08-18-19-50.jpg

0716e5ae89e5808de699b4e6988ee7a59ee7a4be-2017-08-18-19-50.jpeg

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください