日本最古のりんごの木

投稿日:

pa030154-2017-09-1-19-30.jpg

「日本最古のりんごの木」というものがあるそうなので尋ねてみました。

pa030155-2017-09-1-19-30.jpg

それはりんごの名産地、青森県つがる市にあります。

pa030157-2017-09-1-19-30.jpg

僕はここで、りんごがこんなに美しいものだと、初めて知りました。

pa030159-2017-09-1-19-30.jpg

一面に実るりんご。

pa030168-2017-09-1-19-30.jpg

ピンクや青、

pa030151-2017-09-1-19-30.jpg

真っ赤なりんごが実るここは、色が溢れる世界でした。

pa030163-2017-09-1-19-30.jpg

そう、まるでおとぎ話の世界のようです。

pa030164-2017-09-1-19-30.jpg

そしてその先に目指すりんごの木がありました。

pa030165-2017-09-1-19-30.jpg

1878年(明治11年)に栽植された苗木のうち3本が残っていて、日本国内で最古のりんごの木とみなされているそうです。

pa030166-2017-09-1-19-30.jpg

りんごは品種改良、交配を繰り返し、また疫病などによる大伐採を繰り返しているので、これほど古い木というわけではないようです。
が、それでもこの老木は、今もたわわに実をつけています。
この3本の木は、「りんごの樹」の名で1960年(昭和35年)に青森県指定天然記念物となりました。

pa040393-2017-09-1-19-30.jpg

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

w

%s と連携中