仏ヶ浦

投稿日:

pa050827-2017-09-3-20-00.jpg

「神のわざ 鬼の手つくり仏宇陀(ほとけうた) 人の世ならぬ処なりけり」

pa050905-2017-09-3-20-00.jpg

青森の先端に近い場所、下北半島にある「仏ヶ浦」(ほとけがうら)は、
海岸沿いに2キロメートル以上に亘り、断崖・巨岩が連なる海蝕崖地形です。
緑色凝灰岩を主とした岩石が非常に長い間の海蝕を受けた結果形成されたものであると云います。

pa050819-2017-09-3-20-00.jpg

仏ヶ浦はクルージングで訪れるのが簡単です。
しかし頑張れば、徒歩で上陸することもできます。
先ほどの展望台からの写真を見ていだたければお分かりですが、断崖絶壁です。
15分ほどの遊歩道という名の山道を下らなければなりません。

pa050818-2017-09-3-20-00.jpg

熊だって出ちゃいます。

pa050820-2017-09-3-20-00.jpg

降りると言うことは、帰りは登ると言うことです。
しかも、下りさえもしんどい道です。

pa050821-2017-09-3-20-00.jpg

やがて見えてきました。
まるで砂浜に作ったお城のようです。

pa050904-2017-09-3-20-00.jpg

砂浜に出る直前の岩の穴にお地蔵さんがいました。

pa050900-2017-09-3-20-00.jpg

ようやく降りてきました。
地蔵堂が建っています。

pa050894-2017-09-3-20-00.jpg

降りたところは「極楽浜」と呼ばれます。
奥の中央の岩は「観音岩」。
左の「ぬりかべ」みたいな岩は「屏風岩」です。

pa050896-2017-09-3-20-00.jpg

屏風岩は近づくと食べられそうです。

pa050897-2017-09-3-20-00.jpg

屏風岩を通り過ぎると地面から浮かんだ岩がありました。
ミラクルです。

pa050898-2017-09-3-20-00.jpg

右端には「五百羅漢」と言われる岩が見えます。
この方向が展望台があった場所です。

pa050895-2017-09-3-20-00.jpg

再び極楽浜に戻ってきましたが、たぶんこちら側がメインディッシュ。

pa050824-2017-09-3-20-00.jpg

歩いていくと、岩がどんどん大きく見えてきます。

pa050829-2017-09-3-20-00.jpg

人影がわかるでしょうか。
人間がゴミ豆のようです。
大きな岩は「帆掛岩」30m。

pa050833-2017-09-3-20-00.jpg

この亀が頭を持ち上げたような岩は「如来の首」と言います。
如来の首のように見えるからです。
かなり目立っています。

pa050890-2017-09-3-20-00.jpg

迷路のような回廊。

pa050886-2017-09-3-20-00.jpg

これ、あれです。
ガウディさんちで見ました。
まんまサグラダなファミリアじゃないですか。

pa050885-2017-09-3-20-00.jpg

この岩は「天竜岩」と言います。
高さ20メートル以上もある岩の頂上が竜が天に登るように見えることから名前が付けられたそうです。

pa050835-2017-09-3-20-00.jpg

「蓮華岩」です。

pa050880-2017-09-3-20-00.jpg

ハスの花のようです。

pa050871-2017-09-3-20-00.jpg

「ヘイ彼女岩」です。
小指を立てているように見えます。
僕が今名付けました。

pa050836-2017-09-3-20-00.jpg

大体の人はこの辺りで引き返します。
遊覧船で上陸した人も、船の時間があるのでしょう、15分ほど上陸してこの辺りで引き返していきます。
が、男なら進むべきでしょう。

pa050838-2017-09-3-20-00.jpg

青い海が、背中を押してくれます。

pa050841-2017-09-3-20-00.jpg

やばいです。この迫力。
しかもなんか亀裂入ってないですか?

pa050842-2017-09-3-20-00.jpg

この岩を形成する緑色凝灰岩は、かなりもろいと聞いてます。
今にも崩れ落ちるんじゃね。

pa050843-2017-09-3-20-00.jpg

この岩は「蓬莱岩」と言います。
高さ90メートル。
そして蓬莱岩と岩の間に窪みがあります。

pa050844-2017-09-3-20-00.jpg

実はここ、激レアスポットです。
干潮時以外は海に覆われ、奥に行くことができません。
干潮時でさえ、進むのは困難です。
服を汚す覚悟で進みます。

pa050849-2017-09-3-20-00.jpg

しかし僕は壁沿いに、ギリギリ伝って進みました。
登山シューズだったのも幸いでした。
忍者のように、華麗に進みます。

pa050845-2017-09-3-20-00.jpg

で、ここ。

pa050847-2017-09-3-20-00.jpg

この水、「不老長寿の水」だそうです。
飲みました。
こんなに海のそばなのに、しょっぱくありません。
むしろ甘みを感じるほどです。

pa050848-2017-09-3-20-00.jpg

神秘的ですね。

pa050851-2017-09-3-20-00.jpg

さらに先はこんなになってます。

pa050850-2017-09-3-20-00.jpg

さすがにもう、先には進めません。

pa050852-2017-09-3-20-00.jpg

シャア専用的な岩が立っています。
「シャア専用岩」です。

pa050855-2017-09-3-20-00.jpg

「一ッ仏」と言うそうです。

pa050856-2017-09-3-20-00.jpg

遊覧船のご一行が見えてました。
見えるでしょうか、まるで豆のようです。

pa050861-2017-09-3-20-00.jpg

仏ヶ浦は、古くは「仏宇多」(ほとけうた)、「仏宇陀」(ほとけうだ)と呼ばれていました。
これは「仏のいる浜」を意味するアイヌ語だそうです。
また、恐山の「奥の院」ともいわれ、恐山参拝の帰りに、この海岸まで巡拝したと云います。
恐山の真西に位置する仏ヶ浦は、浄土の方向にあり、この世で亡くなった者の魂は、この場所を通って天に旅立つと信じられていたのです。

pa050864-2017-09-3-20-00.jpg

冒頭の句は、大正11年の夏に、文人で紀行家としても知られる大町桂月がこの浜を訪ね残したものです。
仏ヶ浦が広く世に知られるようになったのは桂月の功績によるものと云います。

pa050878-2017-09-3-20-00.jpg

帰り際、洞穴のようなものを見つけました。

pa050875-2017-09-3-20-00.jpg

やはり祭祀のような跡があります。

pa050903-2017-09-3-20-00.jpg

一度見たら忘れられないような世界が仏ヶ浦には広がっていました。
ひとしきり感動して、そして僕は下界へと戻っていきます。
あの死ぬような思いの坂道を登って。

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

w

%s と連携中