観世音寺

投稿日:

p9120014-2017-09-15-15-00.jpg

太宰府は天満宮だけじゃない。
「観世音寺」は是非訪れる価値のある古刹でした。

b_ornament_24_0m-2017-09-15-15-00.jpg

p9120043-2017-09-15-15-00.jpg

【戒壇院】
観世音寺に行く前にお隣の「戒壇院」(かいだんいん)に訪れてみました。

p9120044-2017-09-15-15-00.jpg

のどかな風景の先に戒壇院があります。

p9120045-2017-09-15-15-00.jpg

戒壇とは中央部に石で築いてある壇のことで、出家する者に対して、正式な僧侶になるために必要な戒律を授けるための儀式が行われる場所ということです。

p9120046-2017-09-15-15-00.jpg

もとは観世音寺の一部として、唐の名僧鑑真和上を招いて創建した「三大戒壇」の一つでした。
三大戒壇とは奈良東大寺、下野薬師寺、それに観世音寺の戒壇院をいうそうです。

p9120047-2017-09-15-15-00.jpg

現在の戒壇院は、江戸時代に観世音寺から独立して、博多聖福寺の末寺となっています。

p9120050-2017-09-15-15-00.jpg

境内はきれいに掃き清められています。

p9120051-2017-09-15-15-00.jpg

中央は「毘廬舎那仏」で戒壇院の本尊。
平安時代の作で国の重要文化財です。
印はお釈迦様が説法するときの形で「説教印」といいめずらしいそうです。

向かって左は「弥勒菩薩」、右は「文殊菩薩」となっています。

p9120056-2017-09-15-15-00.jpg

右側は「鑑真和上」の供養塔です。

p9120057-2017-09-15-15-00.jpg

石の五重塔もありました。

p9120059-2017-09-15-15-00.jpg

鑑真和尚が中国から持ってきたという菩提樹があります。

p9120061-2017-09-15-15-00.jpg

では観世音寺へ歩いていきましょう。

p9120062-2017-09-15-15-00.jpg

b_ornament_24_0m-2017-09-15-15-00.jpg

p9120002-2017-09-15-15-00.jpg

【観世音寺】
観世音寺で有名なのは「日本最古の梵鐘」です。

p9120004-2017-09-15-15-00.jpg

しかし境内に足を踏み入れて、まず感じるのは森の深さ。

p9120008-2017-09-15-15-00.jpg

木が多いと感じます。

p9120018-2017-09-15-15-00.jpg

観世音寺は、天智天皇が母君の冥福を祈るために発願されましたが、完成はその80年後の聖武天皇の時代でした。

p9120021-2017-09-15-15-00.jpg

「源氏物語」でも語られている名刹です。

p9120010-2017-09-15-15-00.jpg

古くは九州の寺院の中心的存在であったと云います。

p9120012-2017-09-15-15-00.jpg

そして有名な梵鐘がありました。
この梵鐘は国宝で、京都妙心寺の梵鐘と兄弟鐘といわれています。

p9120016-2017-09-15-15-00.jpg

古さに於いても優秀さに於いても正に日本一と称され、
「都府楼は纔(わず)かに瓦色を看る 観音寺は唯(ただ)鐘声を聴く」と菅原道真も詠っています。
糟屋郡多々良で鋳造されたそうです。

p9120022-2017-09-15-15-00.jpg

では本堂へ向かいます。

p9120030-2017-09-15-15-00.jpg

本堂前に「展磑」(てんがい)という大きな石臼があります。

p9120029-2017-09-15-15-00.jpg

寺院建築の時に塗料として使用した「朱」を粉末にしたものではないかと云われています。

p9120034-2017-09-15-15-00.jpg

本堂の「聖観音像」は顔が直接見れないようになっています。

p9120037-2017-09-15-15-00.jpg

さて、今までその存在は知っていましたが、入館をスルーしていた建物があります。

p9120038-2017-09-15-15-00.jpg

「宝蔵」とある正倉院風な建物は収蔵庫です。
500円の拝観料もあって一度も入ったことがありませんでしたが、初めて訪れてみるとその凄さに圧倒されました。

e8a6b3e4b896e99fb3e5afba2-2017-09-15-15-00.jpg

中での撮影は禁止されていましたので、パンフレットを掲載させていただきました。
しかしこれでは、本来の凄さは伝わらないと思います。
仏像に少しでも興味があれば、是非その目で確かめていただく価値が、十分にあると思います。

p9120026-2017-09-15-15-00.jpg

e6b885e6b0b4e5b1b1e8a6b3e4b896e99fb3e5afba-2017-09-15-15-00.jpg

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中