シチメンソウ群生地〜東与賀海岸

投稿日:

pb070105-2017-09-16-07-00.jpg

「海の紅葉」が見れるというので、11月の佐賀、有明海沿いにある「東与賀海岸」へ行ってみました。

pb070051-2017-09-16-07-00.jpg

「干潟よか公園」という公園を目印に向かうと良いです。

pb070052-2017-09-16-07-00.jpg

佐賀市東与賀町にある有明海の干潟に面した泥の海岸は、全国的に珍しい シチメンソウ の群生地だそうです。

pb070059-2017-09-16-07-00.jpg

延々と続くシチメンソウはまるでレッドカーペッドのようです。

pb070370-2017-09-16-07-00.jpg

ただ、ネットで見かける写真はこのくらい赤々としたものが多いですが、実際にはもっとくすんでいます。
この写真は彩度をいじってあります。
ライトアップの光や夕日を重ねて、赤く見せた写真が多いようです。

pb070093-2017-09-16-07-00.jpg

僕もあれこれ撮り方を工夫してみましたが、実際に目で見た感じは、これよりももっとくすんで見えてました。

pb070054-2017-09-16-07-00.jpg

シチメンソウはアカザ科の植物で、ホウレン草と同じ仲間だそうです。
塩生植物という珍しい植物で、干潮の時に陸地となり、満潮の時に海水が入ってくる干潟だけに生える種で、 日本では有明海沿岸の干潟だけに自生する、絶滅危惧種です。

pb070111-2017-09-16-07-00.jpg

夏は緑色をしていて、秋には鮮やかな赤に変わります。

pb070085-2017-09-16-07-00.jpg

有明海といえば干潟。

pb070192-2017-09-16-07-00.jpg

干潟を見ると小さな魚が飛び跳ねています。

pb070343-2017-09-16-07-00.jpg

むっちゃんやん、って思いましたが、どうやらトビハゼという似たやつだったみたいです。

pb070344-2017-09-16-07-00.jpg

のんびり訪れるには良い場所です。

pb070347-2017-09-16-07-00.jpg

北海道には同じように海を赤く染める「サンゴ草」が見られるところもあるそうです。
いつかそちらにも行ってみたいです。

pb070348-2017-09-16-07-00.jpg

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中