八劔神社

投稿日:

p4110106-2017-09-17-10-00.jpg

遠賀川沿いの道すがら、大きなイチョウの木を見かけます。

p4110117-2017-09-17-10-00.jpg

この大イチョウがある所は「八劔神社」(やつるぎじんじゃ)と言います。
神功皇后の時代から遡ること、景行天皇の時代、日本武尊(やまとたけるのみこと)は九州の熊襲征伐にやってきたと記紀は語ります。
その時、尊はこの地にあった立屋敷に立ち寄りますが、ここで讒言により都から逃れてきた「砧姫」(きぬたひめ)と出逢います。

p4110110-2016-05-4-20-33-2017-09-17-10-00.jpg

やがて二人は結ばれ、その証として植えられたのがこの大イチョウです。

p4110111-2017-09-17-10-00.jpg

熊襲征伐を成し遂げた日本武尊は都へ帰っていきます。
砧姫はこの地に残りますが、尊は強く再会を誓って旅立ちました。
しかし後に砧姫が聞いたのは、尊は東征の果てに亡くなったという悲報。
深く悲しんだ砧姫は、二人が過ごしたこの地に祠を立て、尊を祀りました。

p4110115-2017-09-17-10-00.jpg

二人の過ごした、短くも穏やかな日々が残された、穏やかな聖地です。

p4110116-2017-09-17-10-00.jpg

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中