白鳥陵

投稿日:

p4030642-2017-09-17-19-00.jpg

「白鳥陵」(しらとりのみささぎ)は、ヤマトタケルの陵のことです。
現在、奈良県御所市富田と大阪府羽曳野市軽里の2ヶ所が治定されているというので、訪ねてみます。

p4030631-2017-09-17-19-00.jpg

御所市冨田にある白鳥陵は民家の裏山といった感じにあって、場所がすぐに分かりませんでした。

p4030632-2017-09-17-19-00.jpg

「日本書紀」 によると、伊吹山で痛手を負ったヤマトタケルは、故郷の大和に想いを馳せつつも、その地に帰えること叶わず、能煩野(のぼの)で亡くなります。
ヤマトタケルの死を悲しんだ人たちは、そこに能褒野陵を築き丁重に葬りますが、そこに一羽の白鳥が現れ、天高く飛んで行きました。

p4030633-2017-09-17-19-00.jpg

その白鳥は、ヤマトタケルの生まれ変わりであり、やがて大和の「琴弾原」、次に河内の「古市邑」(羽曳野市)に舞い降りた後、天高く飛んで消えたと云います。

p4030634-2017-09-17-19-00.jpg

人々は、それぞれの地に陵を築き、それは白鳥陵と呼ばれるようになります。

p4030638-2017-09-17-19-00.jpg

琴弾原の白鳥陵と思われるのがここです。

p4030640-2017-09-17-19-00.jpg

御所市史に「琴ひき原と呼ばれる地の御茶山という塚が白鳥陵ではないか」と書かれてあるそうですが、それがここのようです。
御所市と亀山市、羽曳野市の3市で、毎年順番に祭りをおこなっているそうです。

p4030637-2017-09-17-19-00.jpg

b_ornament-2017-09-17-19-00.jpg

p4030436-2017-09-17-19-00.jpg

大阪は羽曳野市にある、河内の「古市邑」とされる白鳥陵古墳です。
全長約190メートル、後円部の径約106メートル、前方部の幅165メートルの前方後円墳で、幅40~80メートルの濠が巡っています。

p4030444-2017-09-17-19-00.jpg

ヤマトタケルが伊勢国能褒野で薨じ、そこに「陵」が造られたことは、「古事記」「日本書紀」ともに同じなのですが、そこから白鳥(古事記では八尋白智鳥)となって飛び去り、降り立った場所には違いがありました。
古事記では能褒野から河内国志幾に留まり、そこに「陵」を造ったとあります。

p4030440-2017-09-17-19-00.jpg

「日本書紀」では白鳥となったヤマトタケルは、まず大和国琴弾原にとどまり、さらに河内国旧市邑に行き、とどまったそうです。

p4030442-2017-09-17-19-00.jpg

そしてまた白鳥となったヤマトタケルは、そこで天に昇ったと云います。

p4030437-2017-09-17-19-00.jpg

皇子の墓を「陵」というのは、古事記、日本書紀においてヤマトタケルの能褒野陵と、この2つの白鳥陵のみで、例外的なのだそうです。
後にヤマトタケルの墓を「能褒野墓」と定め、また日本書紀の所伝をも尊重し、「白鳥陵」2つを能褒野墓に附属するものとして今に至るそうです。

p4030443-2017-09-17-19-00.jpg

と、ここまで盛り上げておいて何ですが、実はヤマトタケルの物語は、創作だと云います。
つまりヤマトタケルは架空の人物です。
その墓があるとはおかしな話なので、これらは別の有力な豪族や王家の墓であると思われます。
しかしそのヤマトタケルも完全な空想ではなく、モデルとなった人物がいたそうです。
その人は「景行天皇」。
ヤマトタケルの父王とされる人です。
記紀は真実を語っていませんが、確かに九州北部には、景行天皇が行幸し、まつろわぬ民を征伐した伝承が至る所に残っています。

筑紫の物部イクメ王はついに大和東征を果たします。
その功績を記紀は故意に古く見せかけ、神武天皇という架空の天皇に置き換えました。
大和に拠点を置いたイクメ王ですが、すぐに民の支持を得られたわけでもなく、その息子「オシロワケ」も王位を継いだものの十分な支配力を持つに至りませんでした。
そのオシロワケこそ景行天皇と呼ばれる人です。
オシロワケは支配力を得るために、九州や各地を自ら制圧に向かったと云います。

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中