平野神社

投稿日:

p8211342-2017-09-25-15-30.jpg

福岡県大野城市の南方に「牛頸」(うしくび)との名を持つ町に「平野神社」があります。

p8211367-2017-09-25-15-30.jpg

交差点から見える御神木が目を引きます。

p8211344-2017-09-25-15-30.jpg

通称「牛頸神社」とも呼ばれる当社は、正暦2年(991年)京都の平野神社の分霊を勧請したと伝わります。

p8211346-2017-09-25-15-30.jpg

御祭神は「今木神」(いまきのかみ)、「久度神」(くどのかみ)、「古開神」(ふるあきのかみ)、「比咩神」(ひめのかみ)を本殿に祀り、その奥宮に「大鷦鷯命」(おおささぎのみこと)、すなわち仁徳天皇を祀ります。

p8211350-2017-09-25-15-30.jpg

とまあ、よく分からない御祭神です。

p8211347-2017-09-25-15-30.jpg

大竜寺山山頂に奥宮として後に仁徳天皇を奉祀する、とあるので、ここはまず登って見ます。

p8211348-2017-09-25-15-30.jpg

登り口に「三つの石神」というのがあり、右は「頭の神」、中央は「疱瘡(天然痘)の神」、左は「熱の神」とあります。

p8211351-2017-09-25-15-30.jpg

石の階段を登ります。

p8211352-2017-09-25-15-30.jpg

すぐに頂上が見えて来ます。
近っ。

p8211353-2017-09-25-15-30.jpg

大竜寺山といいますが、山というより丘です。

p8211354-2017-09-25-15-30.jpg

奥宮が見えて来ました。

p8211355-2017-09-25-15-30.jpg

仁徳天皇といえば、神功皇后の子とされる応神天皇の子となります。

p8211356-2017-09-25-15-30.jpg

祠の中には石が祀られていました。

p8211359-2017-09-25-15-30.jpg

「貞応元年(1222年)、筑紫鎮護の祈祷料として御笠(みかさ)、莚田(むしろだ)、志摩(しま)、肥前(ひぜん)、豊前(ぶぜん)に社領を勅賜さる。
古代の牛頸は須恵器を伝え作った人々の邑(村)であった。」と由緒にはあります。

p8211360-2017-09-25-15-30.jpg

須恵器は、渡来の民が持ち込んだ技法で作られたと云います。

p8211361-2017-09-25-15-30.jpg

今木神は「新たに来た神」のことという話なので、徐福らのことを言っているのかもしれません。

p8211362-2017-09-25-15-30.jpg

ただ、牛頸神社は、京都平野神社からの勧請より、さらに古い時期に既に存在していたとも伝わります。
そもそも、「牛頸」という地名が、昔からおっかないなと思っていました。
牛頸の名の由来はいくつかあるようです。

菅原道真公左遷の時、太宰府に行きつくまでに、この地で牛が首を垂れて動かなくなった
牛頸地区の西に位置する古野山の形が、牛が首を伸ばした形に見える
縄文時代、牛頸地区付近は海岸線になっていたことから、アイヌ語の「海の入り江」を表す「うし」が名の由来となった
古墳時代や飛鳥時代にやってきた渡来人の故郷の地名「牛頭」が変化してつけられた

そういえば徐福のこととされる「スサノオ」は「牛頭天王」とも呼ばれていました。
その辺と関係があるのかないのか、ちょっと深読みしすぎな気もしますが、よくわかりません。

p8211364-2017-09-25-15-30.jpg

1413e5b9b3e9878ee7a59ee7a4be-2017-09-25-15-30.jpg

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中