難所ヶ滝

投稿日:

p2130025-2017-09-26-22-00.jpg

宇美町の「昭和の森」から宝満山へ登る途中にある「難所ヶ滝」では、2月の寒さ極まる頃に見事な「氷瀑」が見られます。

p2130001-2017-09-26-22-00.jpg

難所ヶ滝は正式名称を「河原谷」(ごうらだに)と言います。

p2130003-2017-09-26-22-00.jpg

昭和の森には 上と下に駐車場がありますが、難所が滝へ行くには下の駐車場に停めると良いです。
駐車場は無料なので助かります。

p2130005-2017-09-26-22-00.jpg

難所ヶ滝に至る道は、川や岩場があり、勾配もややきつめです。
途中、川を渡る場所もあり、まれに道に迷う人もいると云います。

img_0111-2017-09-26-22-00.jpg

しかしシーズンには多くの人が氷瀑を目指しますので、道に迷うことはないでしょう。
アイゼン靴と多少の準備は必要ですが、比較的容易に雪山登山を楽しめます。
アイゼンの他にスティックもあった方がいいと思います。

p2130014-2017-09-26-22-00.jpg

90分も登り続けると、お目当の滝が見えて来ます。

p2130022-2017-09-26-22-00.jpg

標高724mに位置する河原谷の大つらら。

p1243722-2017-09-26-22-00.jpg

冷え込みが厳しい時だと、このくらいの量の氷瀑が見れます。

p6114813-2017-09-26-22-00.jpg

夏はこんな感じ。
滝らしさはありませんが、これはこれで迫力ある崖を見ることができます。

p2130024-2017-09-26-22-00.jpg

最近は温暖化でこんな感じですが、

p1243741-2017-09-26-22-00.jpg

以前はこんなでした。

p2130034-2017-09-26-22-00.jpg

それでも滝の真下まで歩いて行けるので、迫力のあるつららの大群を見ることができます。

p2130035-2017-09-26-22-00.jpg

大きなものでは高さ20mもの見事な大つららになることもあるそうです。

p2130044-2017-09-26-22-00.jpg

登っているときは暑いくらいに体は温まりますが、ここでしばらく休むと、すぐに体が冷えてきます。

p2130046-2017-09-26-22-00.jpg

岩から滲み出た水が、少しずつ凍ってできた芸術。

p2130050-2017-09-26-22-00.jpg

自然が創り出す、壮大な氷の彫刻です。

p2130061-2017-09-26-22-00.jpg

1~2月の寒気が続いた後の気温の低い午前中が狙い目。
夕日にきらめく氷瀑も美しいと聞きますが、下山時刻には要注意です。

p6114814-2017-09-26-22-00.jpg

帰り道でふと見つけたのは、とある登山家への遺碑。
山は様々な想いも、全て包み込みます。

p2130009-2017-09-26-22-00.jpg

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中