川棚のクスの森

投稿日:

1____p4230009-2017-09-28-06-05.jpg

日本三大樟樹の一つにあげられる「川棚のクス」が下関市豊浦町川棚にあるというので行ってみました。

1____p4230006-2017-09-28-06-05.jpg

そこは公園としてきれいに整備されています。
遠目には「森」のように見えるその姿から「川棚のクスの森」の名がつけられています。

1____p4230010-2017-09-28-06-05.jpg

とにかく大きく、その全容をフレームにおさめるのが困難です。

p4230005-2017-09-28-06-05.jpg

樹齢約1000年、高さ21m、樹幹9.5m。
県下第一の大きさを誇り、四方に伸びる枝は南北に約50mあります。

1____img_1408-2017-09-28-06-05.jpg

また、枝のひとつは折れてその一部が土中に埋もれ、ここより発根して再生しています。
すごい生命力。

1____img_1407-2017-09-28-06-05.jpg

根元には、戦国時代に陶氏の乱に倒された大内義隆公の後を追うように、
この地で命尽きた愛馬「雲雀毛」が埋葬されたという伝承が残っています。

1____p4230002-2017-09-28-06-05.jpg

そのためクスの森霊馬神、馬神とも呼ばれ、その名馬の霊を慰め鎮めるための供養が毎年行われているとのことです。

1____img_1403-2017-09-28-06-05.jpg

1本でも森の風格が十分にあります。

p4230001-2017-09-28-06-05.jpg

人も少なく、ゆっくり散策するのにオススメのスポットです。

img_1404-2017-09-28-06-05.jpg

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中