月山民宿 かるべ(右京坊)

投稿日:

pa040676-2017-10-12-22-00.jpg

山形県の西川町というところにやってきました。
町、というよりは集落、と言ったほうが近いかもしれません。
国道112号線から数キロ、山の中に入り、忽然と現れる町です。

pa040672-2017-10-12-22-00.jpg

なぜ、そんなところにやってきたかというと、今回山形の旅をエスコートしてくださった「山口さん」おすすめの宿に宿泊するためです。
ちなみにこの山口さん、後から知りましたが、某大企業の会長さんでした。。
とても気さくな方です。

pa040671-2017-10-12-22-00.jpg

「かるべ」さんに行く前に、すぐ近くに気になる神社がありました。
なので行ってみます。

pa040673-2017-10-12-22-00.jpg

こんな片田舎に、なぜ、と思わず呟くほどの立派な社殿。

pa040675-2017-10-12-22-00.jpg

重厚な向拝。

pa040684-2017-10-12-22-00.jpg

「岩根沢三山神社」(いわねさわさんざんじんじゃ)です。
正式社号は「月山神社出羽神社湯殿山神社摂社 月山出羽湯殿山三神社(旧日月寺)」と、なんだが「じゅげむじゅげむ」のような名前です。

pa040680-2017-10-12-22-00.jpg

こちらは羽黒山山頂にある、出羽三山神社が管理しており、出羽三山神社岩根沢社務所とも呼ばれているそうです。
もとは長耀山日月寺という天台宗寺院であり、月山神社の別当寺であったと云います。

pa040681-2017-10-12-22-00.jpg

実はここ、岩根沢は、月山への登山道があり、出羽三山への修験道として主要な登山口となっています。
つまり右京坊たる「かるべ」さんは修験者、山伏さんたちが宿泊する施設なのです。

pa040683-2017-10-12-22-00.jpg

月山神社の別当寺であった日月寺は、月山の祭神である月読神の本地仏として、阿弥陀如来への信仰も篤かったそうです。
当初は真言宗でしたが、江戸時代初期に、羽黒山寂光寺の天宥上人(てんゆうしょうにん)が、天台宗に改宗したのに併せて、日月寺も同宗に改宗、輪王寺の直末寺となります。

pa040685-2017-10-12-22-00.jpg

天宥上人は25歳で第50代羽黒山別当に就任し、布教制度を確立し、日光東照宮の分霊を勧請して東照社を創建、さらに堂宇の再建と改修、参道の石段の整備や石灯籠の設置、須賀の滝の造園など数々の実績を残しました。
また、新田開発や植林など産業にも力を入れ羽黒山の発展に力を尽くしたと云います。

pa040689-2017-10-12-22-00.jpg

天宥は幕府の庇護を得るため、幕府の実力者である天海大僧正に弟子入りし、真言宗だった出羽三山全山を天台宗に改宗し得ようと画策します。
天海僧正に弟子入りした天宥は、天海の「天」の字を賜り、元の名であった「宥誉」(ゆうよ)から「天宥」に改称しています。

pa040690-2017-10-12-22-00.jpg

羽黒山と月山は良好な関係を保ち、天台宗へと改宗したのに対し、湯殿山は反発、湯殿山派のみ真言宗を守り続けました。
そのため諍いも絶えなかったと云います。

pa040700-2017-10-12-22-00.jpg

天宥は半ば強行に改革を進めていた事もあり、寛文8年(1668年)、反対派からの工作などで幕府の裁定で敗訴、新島(東京都新島村)に流され82歳で入寂しています。
しかし天宥は亡くなるその時まで、新島でも島民に学問などを教えていたと伝わります。

pa040692-2017-10-12-22-00.jpg

と、社殿の彫刻の素晴らしさに、目を奪われました。

pa040699-2017-10-12-22-00.jpg

生き生きとした二匹の龍、

pa040698-2017-10-12-22-00.jpg

戯れるように天空を泳いでいます。

pa040696-2017-10-12-22-00.jpg

日月寺の伽藍は火災によりたびたび焼失しているそうで、現存の建物は、天保12年(1841年)に建立されたものだそうです。

pa040693-2017-10-12-22-00.jpg

神仏分離令により、明治3年(1870年)、当院は寺号を廃して神社となります。
この時、羽黒山がいち早く神社への転換を行ったので、他社が激しく破却されたのに比べると、伽藍が良好に残されています。

pa040694-2017-10-12-22-00.jpg

本建物は、仏堂、客殿、座敷、庫裏等を、全て一つの建物内に納めた複合建築で、山里の小さな学校を彷彿とさせました。

pa040701-2017-10-12-22-00.jpg

奥には神田があり、たわわに稲が実っています。

pa040703-2017-10-12-22-00.jpg

ぐるりと社殿を一周したら、いよいよ宿へと向かいます。

pa040707-2017-10-12-22-00.jpg

b_ornament-2017-10-12-22-00.jpg

pa040709-2017-10-12-22-00.jpg

元は宿坊でしたが、今はスキー客から登山客まで受け入れる民宿としても経営されている「かるべ」さんです。
外観はときめくものはないかもしれませんが、外面で決めつけてしまってはもったいないのです。

pa051015-2017-10-12-22-00.jpg

部屋は質素ですが、とても清潔です。

img_1110-2017-10-12-22-00.jpg

トイレやお風呂も、気持ちよく利用できます。

img_1112-2017-10-12-22-00.jpg

熱々の風呂が、とても気持ち良い。
しかし「かるべ」さんの一番の魅力はやはり食事です。

img_1086-2017-10-12-22-00.jpg

初日の夕食です。

img_1087-2017-10-12-22-00.jpg

菊のおひたし。

img_1088-2017-10-12-22-00.jpg

これは「マスタケ」っておっしゃってました。
お父さんが山で採ってきたものらしい。
ジュワッと出汁が滲み出る、美味しいキノコです。

img_1093-2017-10-12-22-00.jpg

そしてメインディッシュ、「つやつやのごはん」です。
東北といえばコメ。
コメ最高です!

img_1094-2017-10-12-22-00.jpg

鮎、ですかね、焼き魚が出たと思ったら、

img_1090-2017-10-12-22-00.jpg

来ました!
山形といえばこれ。
山形の各家庭が誇る、自慢の逸品「芋煮」(いもに)です。

img_1092-2017-10-12-22-00.jpg

ホックホクの里芋と、プルップルの玉こんにゃくが染み染みです。
出された料理だけでも満腹なのに、コメと芋煮、おかわりしてしまいました。
そう、「かるべ」ではおかわりも当たり前なのです。

b_ornament-2017-10-12-22-00.jpg

img_1097-2017-10-12-22-00.jpg

2日目、朝食です。
もちろん朝から炊きたてのご飯です。
熱々のご飯と味噌汁、もうそれだけで幸せなのです。

img_1098-2017-10-12-22-00.jpg

ずんだの和え物。

img_1099-2017-10-12-22-00.jpg

これはタラでしょうか。

img_1096-2017-10-12-22-00.jpg

食堂の奥の部屋には、とても立派な神棚があります。
かるべのお父さんは、三山神社の何か資格をもってあるそうで、特別に神棚を儲けることができるのだそうです。
つまり、ここで三山巡りのご利益にあやかることも出来るのだとか。

img_1119-2017-10-12-22-00.jpg

立石寺、羽黒山を踏破した2日目の夕食です。

img_1115-2017-10-12-22-00.jpg

アケビの味噌焼き。

img_1116-2017-10-12-22-00.jpg

ブナハリタケだったでしょうか、これも美味しいキノコの和え物。

img_1120-2017-10-12-22-00.jpg

そしてこの肉厚なカレイ丸ごと一匹。

img_1121-2017-10-12-22-00.jpg

更に生姜焼き出ました。

img_1122-2017-10-12-22-00.jpg

そして刺し盛り。

img_1123-2017-10-12-22-00.jpg

更に更に、主食はそばです!
いや、昨日より多くない!?

img_1124-2017-10-12-22-00.jpg

山口さんに伺うと、かるべのお母さんは、初めてのお客さんは最初の食事で様子を見るのだそうです。
好み、食べる量、そしてお客がお腹いっぱいになるように次の食事を用意してくださるのだということです。
もちろん完食しました。
デザートのラフランスもめちゃうまでした。

b_ornament-2017-10-12-22-00.jpg

img_1114-2017-10-12-22-00.jpg

3日目朝です。

img_1132-2017-10-12-22-00.jpg

今日は月山登頂、そして湯殿山へ縦走が目標です。
朝からしっかりいただきます。

img_1131-2017-10-12-22-00.jpg

この後、壮絶な旅を経験するのですが、ここでお母さんのご飯をしっかりいただいていたので、生きて帰ることができました。
本当です。

img_1095-2017-10-12-22-00.jpg

岩根沢地区には、出羽三山の行者が当地に伝えたとされる秘伝の豆腐「六浄豆腐」が作られています。
それはカッチカチに固めた豆腐を、削り節のようにカンナで削って調理するというものです。
主に精進料理で使われるそうです。

img_1139-2017-10-12-22-00.jpg

3日目の夕食です。

img_1143-2017-10-12-22-00.jpg

海老です。

img_1145-2017-10-12-22-00.jpg

赤魚だったでしょうか。

img_1140-2017-10-12-22-00.jpg

赤飯です。

img_1141-2017-10-12-22-00.jpg

そしてキノコめし、これ最高です。
めっちゃキノコの風味が染み込んでます。
最高です。
おかわりします。

img_1142-2017-10-12-22-00.jpg

そして岩根沢にしかない秘伝の豆腐「六浄豆腐」と肉厚キノコの味噌汁です。
バリうまいです。
味噌は日本一になった味噌をつかっているんだとか。
おかわりします。

img_1144-2017-10-12-22-00.jpg

そしてお母さん、なんと新聞にも載っていました。
かるべはお父さんとお母さんが心を込めてもてなしてくれる、温かい宿です。
そして若旦那と若奥さんも素敵です。
若奥さんの肌が、もうこれまた見たことがないくらい、ぴっかぴかなのです。
大地のしっかりとした恵みを受け続けていると、本当に綺麗な肌になるのだと、実感しました。

b_ornament-2017-10-12-22-00.jpg

img_1162-2017-10-12-22-00.jpg

4日目朝の食事です。
美味しかったかるべの食事も最後です。

img_1163-2017-10-12-22-00.jpg

ずんだっぽいとうふ。

img_1164-2017-10-12-22-00.jpg

味噌汁サイコー!
これでもう、山形の味は食べつくしました。
と思いきや、春の山菜料理はこれまた最高なのだとか。
山形の春は6月、その頃またかるべに足を運ばなくてはならなくなってしまいました。
これだけ食べて1泊2食で7000円、安すぎです。
安すぎですよ、お母さん。
でもまた逢える日がたのしみです。。

img_1134-2017-10-12-22-00.jpg

近くのダム湖では、でっかい噴水ショーも見られます。

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中