羅漢寺

投稿日:

1____p9177717-2017-10-30-11-00.jpg

「羅漢寺」(らかんじ)は、大分の本耶馬渓にある曹洞宗の寺院です。
日本国内の羅漢寺の総本山となります。

1____p9177735-2017-10-30-11-00.jpg

リフトで簡単に上ることもできますが、せっかくなので歩いて登ります。

1____p9177710-2017-10-30-11-00.jpg

風情ある山門が見えてきます。

p9177709-2017-10-30-11-00.jpg

うもれるようにあるお地蔵さん。

p9177712-2017-10-30-11-00.jpg

立派な杉の木などが迎えてくれます。

1____p9177716-2017-10-30-11-00.jpg

少し頑張って登れば、

1____p9177719-2017-10-30-11-00.jpg

岩のくぼみに造られた、羅漢寺が見えてきます。

1____p9177733-2017-10-30-11-00.jpg

石段の先には「無漏窟」(むろくつ)と呼ばれる岩屋があります。
「無漏窟」とは煩悩の無い空間を持つ洞窟だと云います。
打ち付けられた「しゃもじ」は願いを掬う(すくう)と言われ、願い事がそれぞれ書かれています。

1____p9177720-2017-10-30-11-00.jpg

羅漢山の中腹に位置する羅漢寺は、大化元年(645)にインドの僧・法道仙人が、この岩山の洞窟で修行したことが始まりとされます。

1____p9177721-2017-10-30-11-00.jpg

無漏窟の中には様々な表情をした五百羅漢などが安置されています。

1____p9177722-2017-10-30-11-00.jpg

さらに奥に進むと本堂があります。

p9177732-2017-10-30-11-00.jpg

岩肌に大きな穴が空いていましたが、その横にも地蔵のようなものが彫ってあります。

1____p9177726-2017-10-30-11-00.jpg

ここから見る風景は絶景です。

1____p9177727-2017-10-30-11-00.jpg

また岩肌迫る太鼓橋はなかなかのパワースポット。

1____p9177729-2017-10-30-11-00.jpg

中津の秘境と呼ぶにふさわしい場所でした。

1____p9177730-2017-10-30-11-00.jpg

0615e7be85e6bca2e5afba-2017-10-30-11-00.jpg

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中