坐摩神社

投稿日:

p4030330-2017-11-1-08-00.jpg

摂津国一宮といえば「住吉大社」となりますが、中世にその末社になったとのことで、もう一社、摂津国一宮を称する神社があります。
大阪のど真ん中にある「坐摩神社」(いかすりじんじゃ)を訪ねてみました。

p4030333-2017-11-1-08-00.jpg

坐摩神社は、一般には「ざまじんじゃ」と読まれることが多く、地元では「ざまさん」の通称で呼ばれています。
祭神は「生井神」(いくいのかみ)、「福井神」(さくいのかみ)、「綱長井神」(つながいのかみ)の井水の3神と、
「阿須波神」(あすはのかみ)、「波比岐神」(はひきのかみ)の竈神2神です。
聞きなれない神の名ばかりですが、これらを総称して「坐摩大神」(いかすりのおおかみ)と云うそうです。

p4030332-2017-11-1-08-00.jpg

手水は柄杓を使わない、斬新なスタイルです。

p4030334-2017-11-1-08-00.jpg

創建は神功皇后が新羅遠征の帰りに、坐摩大神を淀川河口の「渡辺」に祀ったと伝わります。

p4030336-2017-11-1-08-00.jpg

創建時に鎮座した場所は、大坂城の西方一帯の天満橋の南詰の辺りですが、天正11年(1583年)、豊臣秀吉が大坂城を築くために現在の地に遷座しました。
この時、地名の「渡辺」も引き継がれています。

p4030347-2017-11-1-08-00.jpg

当社の宮司職は「天津彦根命」の子孫である「渡邉」氏が受け継いでいると云います。

p4030338-2017-11-1-08-00.jpg

祭神の坐摩大神は、初代神武天皇の時から宮中で祀られる、皇居の守護神だったそうです。
「坐摩巫」(いかすりのみかんなぎ)と呼ばれる坐摩神に奉仕する巫女によって祀られたそうですが、これは都下国造の7才以上の童女が奉斎し、結婚したときは別人に替えたと伝わります。
坐摩巫は西から来る穢れを祓う儀式を行うと云われています。

p4030341-2017-11-1-08-00.jpg

境内の端には多くの摂社が立ち並びます。

p4030342-2017-11-1-08-00.jpg

が、そこに並ぶ社名も

p4030343-2017-11-1-08-00.jpg

あまり馴染みのない名が多くみられます。

p4030348-2017-11-1-08-00.jpg

平成23年10月19日、桂文治(初代)が寄席を開いたという故事に則り、境内に「上方落語寄席発祥の地」の顕彰記念石碑が建立されました。

p4030351-2017-11-1-08-00.jpg

裏参道側には「陶器神社」と

p4030327-2017-11-1-08-00.jpg

「稲荷社」があります。

p4030325-2017-11-1-08-00.jpg

社殿は昭和20年(1945年)の第一次大阪大空襲で焼失したそうです。

p4030350-2017-11-1-08-00.jpg

現在の社殿は昭和35年(1960年)に再建され、今も陶器祭りが行われ続けているそうです。

p4030345-2017-11-1-08-00.jpg

1307e59d90e691a9e7a59ee7a4be-2017-11-1-08-00.jpg

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中