八所宮

投稿日:

p4180095-2017-11-5-13-00.jpg

福岡県宗像市赤間区吉留に「八所宮」(はっしょぐう)があります。

1____p4180090-2017-11-5-13-00.jpg

ここは、県道287号線沿いに鎮座する神社です。
始めは鶺鴒山(せきれい)の麓、御手洗池の辺りに鎮座していましたが、白鳳2年に現在の鶺鴒山山頂に遷座されたそうです。

1____p4180093-2017-11-5-13-00.jpg

とても趣のある参道を歩きます。

1____p4180094-2017-11-5-13-00.jpg

境内社の「現人神社」です。

1____p4180097-2017-11-5-13-00.jpg

社裏にある一本の木が印象的です。

1____p4180098-2017-11-5-13-00.jpg

のんびり参道を歩いて行くと、拝殿が見えてきました。

1____p4180099-2017-11-5-13-00.jpg

御祭神は
「泥土煮の尊」(ういじにのみこと)「沙土煮の尊」(すいじにのみこと)
「大戸の道の尊」(おおとのじのみこと)「大戸の辺の尊」(おおとのべのみこと)
「面足の尊」(おもだるのみこと)「綾かしこねの尊」(あやかしこねのみこと)
「いざなぎの尊」「いざなみの尊」

1____p4180100-2017-11-5-13-00.jpg

古事記の冒頭で出てくる、原初の神々です。
4組の夫婦神です。

1____p4180101-2017-11-5-13-00.jpg

これらの神様が祀られている神社はそんなにないと思います。

1____p4180103-2017-11-5-13-00.jpg

また別の伝承で、神武天皇が日向から東遷の際、この地の御手洗池のほとりに留まったそうです。

1____p4180102-2017-11-5-13-00.jpg

その時、道案内した神が赤い馬に乗って現れたので赤間(馬)の地名になったと云います。

p4180104-2017-11-5-13-00.jpg

本殿の両隅に、鎌倉時代の作の、木彫りの狛犬が鎮座していました。

p4180109-2017-11-5-13-00.jpg

盗難防止のための鉄柵が残念です。

1____p4180106-2017-11-5-13-00.jpg

山奥ではありますが、アクセスは容易です。

1____p4180113-2017-11-5-13-00.jpg

まだまだこんな神社が埋もれているもんだと感心しました。

1____p4180114-2017-11-5-13-00.jpg

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中