鷹見神社

投稿日:

pb170158-2017-11-15-07-30.jpg

北九州市八幡にある「鷹見神社」に訪れました。

pb170159-2017-11-15-07-30.jpg

ここはたまたま偶然訪れた神社です。

pb170160-2017-11-15-07-30.jpg

藤の楽園で有名な「河内藤園」へ、秋の紅葉を見に訪れた帰りでしたが、雰囲気の良さに思わず車を降りたのでした。

pb170162-2017-11-15-07-30.jpg

筑豊から北九州一帯に英彦山・鷹羽鷹見系の神社群があるというのは後に知ったことです。

pb170201-2017-11-15-07-30.jpg

参道入り口に、大きな磐座があります。

pb170164-2017-11-15-07-30.jpg

参道に一歩足を踏み入れると、一気に別世界になります。

pb170165-2017-11-15-07-30.jpg

鷹見神社群は、高木神、「栲幡千千姫」(たくはたちぢひめ)にゆかりある神社ということになります。

pb170166-2017-11-15-07-30.jpg

栲幡千千姫は、記紀などでは様々な設定がなされていますが、要するに徐福・スサノオの母親です。

pb170167-2017-11-15-07-30.jpg

素晴らしい杜が広がっています。

pb170195-2017-11-15-07-30.jpg

ひときわ存在感を放っていた、コブのある大木。

pb170170-2017-11-15-07-30.jpg

祭神は「伊弉册尊」(いざなみのみこと)、「速玉男命」(はやたまおのみこと)、「事解男命」(ことさかおのみこと)

pb170171-2017-11-15-07-30.jpg

速玉男命はスサノオのことであり、徐福を指しています。

pb170173-2017-11-15-07-30.jpg

その母神として伊弉册尊が鎮座していますので、ここでいうイザナミは栲幡千千姫を指しているのではないでしょうか。

pb170175-2017-11-15-07-30.jpg

拝殿です。

pb170177-2017-11-15-07-30.jpg

つまりここは、物部系の聖地だった痕跡が残っています。

pb170176-2017-11-15-07-30.jpg

ただ、事解男命に関しては、一説に「一言主」と同神であるという説もあり、字面からして「事代主」を表しているように思えます。

pb170178-2017-11-15-07-30.jpg

ということは、ここは出雲系の神も祀ったのでしょうか。

pb170180-2017-11-15-07-30.jpg

奥にある権現山山頂には奥宮もあるということです。

pb170184-2017-11-15-07-30.jpg

参拝の帰り道、穴の空いた御神木に気がつきました。

pb170188-2017-11-15-07-30.jpg

完全に貫通し、

pb170189-2017-11-15-07-30.jpg

上部は二つの幹に別れています。
かなり珍しい大木ですが、一度は争った出雲族と物部族の和睦を表しているような、そんな気がしました。

pb170191-2017-11-15-07-30.jpg

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中