八千矛山大国主神社

投稿日:

p7310192-2017-11-17-23-00.jpg

出雲から西へぐぐっと外れ、大田市仁摩町大国の山中に「八千矛山大国主神社」があると云うので、行ってみました。

p7310187-2017-11-17-23-00.jpg

駐車場らしきところに車を停め、わりと急な坂道を登ります。

p7310189-2017-11-17-23-00.jpg

猿を見かけたのでついていくと、民家の車庫に入って行きました。

p7310191-2017-11-17-23-00.jpg

さて、とても神さびた神社が姿を現します。

p7310193-2017-11-17-23-00.jpg

磐座らしき巨岩が目につきます。

p7310195-2017-11-17-23-00.jpg

栄枯盛衰を経て、荒廃していたのを明治八年の頃再建されたようです。
その再建されたお宮はこの場所ではなく、ここから山をさらに登ったところにある、「御籠り岩」(みこもりいわ)のところだったと云います。

p7310197-2017-11-17-23-00.jpg

僕がこの神社に興味を持ったのは、大国主が八千戈王だったと、社名が正しく伝えていたからです。

p7310199-2017-11-17-23-00.jpg

本殿は残念ながら、大社造りではありません。

p7310202-2017-11-17-23-00.jpg

裏の山に、大国主の「みこもり穴」があるそうです。

p7310205-2017-11-17-23-00.jpg

社殿の裏山に、おそるおそる登って行きます。

p7310204-2017-11-17-23-00.jpg

なんだか穴らしきものがちょいちょい見られますが、これではなさそうです。

p7310208-2017-11-17-23-00.jpg

みこもり穴は、大国主がお隠れになった穴と伝わっているようだが、それは猪目洞窟が正しいようです。
洞窟で枯死した事件を聞いた出雲国の民が悲しんで、伝説をここに伝えたのかもしれません。

p7310211-2017-11-17-23-00.jpg

ある程度登ってみましたが、道が荒れてきたので断念しました。
が、里宮だけでも十分雰囲気を感じ取れる神社でした。

p7310213-2017-11-17-23-00.jpg

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中