くつな石

投稿日:

1____pa310245-2017-11-18-10-10.jpg

昔この巨石に目を付けた石屋が石を切り出そうと、石鑿で「コン!」と一打ち…。
すると石の割れ目から、赤い血が流れ出し、傷ついた蛇が顕れた。
驚いた石屋はそのまま逃げ帰ったそうな。
ところがその夜から、ひどい熱と激しい腹痛におそわれ、とうとう亡くなってしもうた。
村人たちは、これを「祟り」と恐れ、敬い、此の石を「神の宿る石」として祀った。

それが「くつな石」である。

1____pa310251-2017-11-18-10-10.jpg

「くつな石」の由来は地元の掲示板から引用させていただきました。
そんなくつな石を探して奈良は明日香の山奥へ。
山奥と言っても、有名な石舞台から5分ほど車を走らせた、田園風景広がる丘の上になります。

1____pa310230-2017-11-18-10-10.jpg

チェーンを解いて、猪、鹿よけの檻を開いて山の奥へ進みます。

1____pa310231-2017-11-18-10-10.jpg

10分も登らないうちに見えてきました。

1____pa310232-2017-11-18-10-10.jpg

鳥居が立っています。

pa310235-2017-11-18-10-10.jpg

「くつな」とは「くちなわ」、つまり「蛇」のことです。

1____pa310234-2017-11-18-10-10.jpg

石屋が石鑿(のみ)で打ったということですが、削ったような跡やひび割れが、確かにあります。

1____pa310237-2017-11-18-10-10.jpg

山から横に生えているような岩。

1____pa310239-2017-11-18-10-10.jpg

木や土と絡み合うように体を横たえて、こちらを覗き込んでいます。

1____pa310238-2017-11-18-10-10.jpg

地元では「弁天様」と呼ばれ、雨乞いなども行われるそうです。

pa310247-2017-11-18-10-10.jpg

蛇、と言うよりは魚類のような様相。
知る人ぞ知る、ミステリースポットでした。

pa310248-2017-11-18-10-10.jpg

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中