篠栗九大の森

投稿日:

b201005-2017-11-21-07-00.jpg

最近、絶景系の雑誌でよく紹介され、人気になっているスポットがあります。
「篠栗九大の森」へ出かけてみました。

img_9184-2017-11-21-07-00.jpg

篠栗九大の森は、九州大学の敷地(九州大学福岡演習林)の西端にあり、篠栗町と九州大学が共同で整備、管理を行っています。

p9260026-2017-11-21-07-00.jpg

人気となっている場所は、「水辺の森」のラクショウの木。

p9260031-2017-11-21-07-00.jpg

北口駐車場から徒歩5分ほどで目的の場所に着きます。

p9260036-2017-11-21-07-00.jpg

根元が大きく膨らんだラクショウの優美な姿に出会えます。

p9260033-2017-11-21-07-00.jpg

ラクショウは水に浸かる場所でも棲息でき、湖畔に浮かぶように立ち並ぶその姿が多くの人を魅了しています。
が、残念ながらこの時は水かさが減っていて、その姿を見ることはできませんでした。

p9260039-2017-11-21-07-00.jpg

この約17ヘクタールの「森」には、スダジイ、アラカシ、タブノキ、クスノキ、ヤマモモなど約50種の常緑広葉樹と、コナラ、ネジキ、ハゼノキなど約40種の落葉広葉樹が生育しています。

p9260042-2017-11-21-07-00.jpg

中心にある蒲田池の周り約2キロメートルの遊歩道には、町の森林の間伐材を使用したあずまややベンチが所々にあり、自然を感じながら休憩することができます。

p9260046-2017-11-21-07-00.jpg

ラクショウはとても美しいのですが、せっかくなら森を一周して見るのも良いと思います。

p9260048-2017-11-21-07-00.jpg

緩やかなアップダウンのある道は、散歩にちょうど良いコースです。

p9260052-2017-11-21-07-00.jpg

身近に素敵な森を維持管理し、公開してくださる篠栗町と九州大学のみなさんに感謝です。

p9260059-2017-11-21-07-00.jpg

なので最低限のルールだけは守ってほしいものです。
特にラクショウの撮影に、ついついロープを超えて侵入してしまったりしないよう、心がけなくてはなりません。

p9260062-2017-11-21-07-00.jpg

b_ornament-2017-11-21-07-00.jpg

b201004-2017-11-21-07-00.jpg

再び、紅葉の頃にやってきましたが、またしても水が引いています。
残念といえば残念ですが、これはこれで美しい景色です。

b201010-2017-11-21-07-00.jpg

ちょっと加工して彩度を上げてみました。

b201034-2017-11-21-07-00.jpg

北欧のような景色。

b201030-2017-11-21-07-00.jpg

しばらくうっとりと眺めていました。

b201032-2017-11-21-07-00.jpg

b_ornament-2017-11-21-07-00.jpg

b201020-2017-11-21-07-00.jpg

b201021-2017-11-21-07-00.jpg

b201027-2017-11-21-07-00.jpg

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中