笠山荒神社

投稿日:

c59ceb9f-8e93-4954-96c6-b74009be9962-2017-12-20-22-00.jpeg

奈良を車で移動していると、「日本第一」の文字に惹かれて、ふらふら立ち寄ってしまいました。
「笠山荒神社」(かさやまこうじんじゃ)です。

14a9df42-4eee-4aab-af46-dbe089ecfe85-2017-12-20-22-00.jpeg

石灯籠が立ち並ぶ、立派な参道が見えます。

43a3b6da-a3c3-49f2-be0f-7f891aaf1523-2017-12-20-22-00.jpeg

「三宝荒神社」とも称され、「土祖神」「興津彦」「興津姫」の三神を祀るそうです。
荒神発祥の社だそうで、ここでいう「荒神」とは大地を守り、竃(かまど)、火鎮めの神として祀られると云います。

af131686-48d5-4273-9ab7-594cc0b0fc77-2017-12-20-22-00.jpeg

最近は出雲にハマっていましたので、荒神という名に反応してしまいましたが、それとは別物のようです。

97a87553-ef9e-4dee-8fe5-85e184258cf5-2017-12-20-22-00.jpeg

昔は年の暮れになると、どこのうちでも竃のすすをはらい、荒神さまのお札を祀ったと云います。

612f831e-6b09-4c25-bc7a-2b51f56e1586-2017-12-20-22-00.jpeg

荒神と竃のむすびつきは、荒神が不浄を忌む神なので、不浄を焼き尽くす炎から、家庭にあっては火を燃やす竃がそれにあたることになったそうです。

43afb90f-3033-41a8-919f-57e8f5fd7dc7-2017-12-20-22-00.jpeg

「土祖神」「興津彦」「興津姫」の荒神は、陰陽道に由来するようです。

c582b5d7-f014-48cf-b221-84e9b4919746-2017-12-20-22-00.jpeg

「役行者」(役小角)が金剛山で祈っていると艮の方に赤雲が幢のようになびいていたので、そこへ行ってみると、宝冠をつけた六つの腕の神人がいたそうです。
右の手には独鈷、蓮華、宝塔をもち、左の手には鈴、宝珠、羯磨杵をもって、小角に告げて云うのには、
「われはこれ三宝衛護の神として、世に呼んで荒神という。われつねに淨信修善の者をたすけて不信放逸の者を罰す、ゆえに人は荒乱神といへり…」
そこで小角はその地に祠を作って祀ったと言い伝えられています。

37e65a03-a41b-4e96-9f89-a61d6f008e36-2017-12-20-22-00.jpeg

ここにはスサノオの墓とされている場所があるそうです。
写真で見ると太陽と剣のオブジェのようなものが刺さっているみたいです。
当然それは、スサノオの墓であるはずもなく、せっかくの聖地も安っぽいB級スポットに成り下がるようで、例の熊本の某社のように残念な限りでした。

77405158-a5c0-428e-b749-05cd27f1f8e1-2017-12-20-22-00.jpeg

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中