大戸神社 / 側高神社/ 沼尾神社 / 坂戸神社:八雲ニ散ル花 東国編之外

投稿日:

p2220619-2017-03-1-06-00.jpg

東国三社の鹿島神宮と香取神宮には、それぞれ重要な二社の境外摂社があります。
東国三社参りではつい見落としがちですが、訪れる価値のある神跡が、そこにありました。

b_ornament-2017-03-1-06-00.jpg

p2220549-2017-03-1-06-00.jpg

【大戸神社】
「大戸神社」(おおとじんじゃ)は、香取神宮の真西8kmの場所にある境外摂社です。

p2220551-2017-03-1-06-00.jpg

堂々とした風格の拝殿は、地元の総鎮守といった趣です。

p2220552-2017-03-1-06-00.jpg

御祭神は天の岩戸をこじ開けた「天手力男命」(あめのたぢからおのみこと)ですが、
一説には経津主神の父母神「磐筒男神」「磐筒女神」であるとも伝わります。

p2220553-2017-03-1-06-00.jpg

社伝によれば、日本武尊が東征の際、蝦夷征伐祈願のため創建したと云います。

p2220554-2017-03-1-06-00.jpg

境内は本殿の背後に、小さな社が点在していました。

p2220557-2017-03-1-06-00.jpg

大戸神社は東国三社(鹿島神宮・香取神宮・息栖神社)の大元の神社(元宮)と推定される古社のひとつです。

p2220559-2017-03-1-06-00.jpg

旧県社であり、例祭には献幣使の参向も今だ行われているそうです。

p2220560-2017-03-1-06-00.jpg

香取神宮・息栖神社の真西、鹿島神宮の60度南西にあり、三社の起点となる位置関係に本殿は建っています。 

p2220564-2017-03-1-06-00.jpg

境内の樹勢もよく、

p2220565-2017-03-1-06-00.jpg

貴重な和鏡も伝わっているそうですが、鏡は物部好みの祭具であり、安倍家は鏡を使わなかったと云います。

p2220566-2017-03-1-06-00.jpg

ここは物部家の前線だったと思われます。

b_ornament-2017-03-1-06-00.jpg

p2220582-2017-03-1-06-00.jpg

【側高神社】
香取神宮の北東4kmの場所にある「側高神社」(そばたかじんじゃ)は、香取神宮の第一摂社で、利根川下流域に多くある側高神社の本社になります。

p2220583-2017-03-1-06-00.jpg

小高い杜に囲まれるように、鎮座しています。

p2220584-2017-03-1-06-00.jpg

香取神宮と同じ頃の創建と伝わりますが、古来より御祭神は神秘とされており「言わず語らずの神」として口外を戒められていました。
現在は一般名称として「側高大神」と称されています。

p2220594-2017-03-1-06-00.jpg

「香取郡誌」では、主祭神を「高皇産霊尊」「神皇産霊尊」、相殿神を「天日鷲命」「経津主命」「天児屋根命」「武甕槌命」「姫御神」としていて、祭神の中に忌部氏系の天日鷲命が見られるので、氏と当社の関係を匂わせています。
また、経津主神の后神が祭神であるという説もあるようです。

p2220589-2017-03-1-06-00.jpg

境内に入ると、数々の御神木、巨木の樹勢に驚かされます。

p2220596-2017-03-1-06-00.jpg

こうした健康な樹木は、訪れる人の気分も良い方へ導いてくれるようです。

p2220598-2017-03-1-06-00.jpg

伝承では、昔、側高神が香取神の命により陸奥の馬2,000頭を捕らえて霞ヶ浦の浮島まで帰ってきたところ、陸奥神が馬を惜しんで追いかけてきました。
そこで側高神は霞ヶ浦を干潮にして馬を下総に渡らせ、次いで満潮にして陸奥神を渡れなくしたと云います。

p2220599-2017-03-1-06-00.jpg

境内を散策すると、本殿を取り囲むように、小さな社が多数ありました。

p2220600-2017-03-1-06-00.jpg

まるで本殿を守るかのようです。

p2220585-2017-03-1-06-00.jpg

素朴な神社に、ちょっと気になる「四季の甕」というものがありました。

p2220586-2017-03-1-06-00.jpg

「春の甕」「夏の甕」「秋の甕」「冬の甕」と呼ばれる4つの甕があり、それぞれの甕の中の雨水量がその年の降水量を占うと伝わっているそうです。

p2220608-2017-03-1-06-00.jpg

b_ornament-2017-03-1-06-00.jpg

p2220616-2017-03-1-06-00.jpg

【沼尾神社】
鹿島神宮の境外摂社「沼尾神社」(ぬまおじんじゃ)と「坂戸神社」(さかとじんじゃ)は、道無き道を進むような、とんでもないところに鎮座していました。
案内板も無く、地図にも載っていないような道の先にあります。

p2220617-2017-03-1-06-00.jpg

苦労の末たどり着いた「沼尾神社」では、神秘的な杜のトンネルが出迎えてくれました。

p2220623-2017-03-1-06-00.jpg

「常陸国風土記」によれば、鹿島神宮は「香島の天の大神」と記され、本来は次の三社の総称であると云います。
・「天の大神の社」(あめのおおかみのやしろ): 現在の鹿島神宮(本宮)。
・「坂戸の社」(さかとのやしろ)
・「沼尾の社」(ぬまおのやしろ)

p2220627-2017-03-1-06-00.jpg

沼尾神社の御祭神は、香取神宮の主祭神「経津主神」です。

p2220629-2017-03-1-06-00.jpg

武甕槌・経津主両神は明石の浜に上陸し、経津主神はここから香取へ、武甕槌神は現在の本宮へと移ったと云います。

p2220632-2017-03-1-06-00.jpg

参道は白い砂地です。

p2220631-2017-03-1-06-00.jpg

境内後方には今は枯渇していますが、かつては「沼尾池」があったそうです。
「常陸国風土記」では、沼尾池を「天から流れてきた水がたまった沼」と表記しており、天から降った神として祀っていたと思われます。
この沼尾池並びに沼尾神社が鹿島神の本源とする説もあるとのことでした。

p2220633-2017-03-1-06-00.jpg

b_ornament-2017-03-1-06-00.jpg

p2220638-2017-03-1-06-00.jpg

【坂戸神社】
坂戸神社も、民家の中の、分かりにくい細い道の先にありました。

p2220639-2017-03-1-06-00.jpg

社名「坂戸」について、「さか」は本来「境」と言う意味で、「蝦夷地への境界・入り口」を意味するという説があります。

p2220642-2017-03-1-06-00.jpg

堂々たる風格、御祭神は「天児屋命」で、中臣氏の氏神です。

p2220643-2017-03-1-06-00.jpg

社殿は東に面していて、明石の浜のの「東一の鳥居」と正対するのは坂戸神社であるという説もあるようです。

p2220644-2017-03-1-06-00.jpg

この深く神秘的な東国の杜には太古の安倍、物部、中臣の知られざる歴史が眠っているのでしょう。

p2220645-2017-03-1-06-00.jpg

鹿島神宮(本宮)には、この坂戸神社と沼尾神社の遥拝所が設けてあり、ここが特別な場所であることを示唆しています。
古代出雲王朝に由来する謎は、こんな遠いところにも痕跡を残していました。

p2220646-2017-03-1-06-00.jpg

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

w

%s と連携中