鹿島神宮:八雲ニ散ル花 東国編之壱

投稿日:

p2220295-2017-02-26-07-00.jpg

「ついにマズいやつがやって来たか」

暗雲に包まれる出雲の空を見上げ、オオクニヌシはこぼした。
見れば、荒れる稲佐の浜に、三柱の神の姿が、雷光の影となって映っている。
中心の男は剣の柄を波に立たせ、その切っ先に胡座で坐している。

「葦原中国の王よ聞け、この国は我が御子が治めるべきだと天照大御神は仰せである。そなたの意向はどうか」

嵐風の音にも負けない、大地轟く声が響く。
声の主は雷神にして剣の神、天津神最凶と謳われる高天原の武神「タケミカヅチ」、その神であった。

b_ornament-2017-02-26-07-00.jpg

p2220288-2017-02-26-07-00.jpg

この日僕は、千葉の舞浜を早朝4時に飛び出し、車を借りて茨城県の鹿島へ向かっていました。

p2220296-2017-02-26-07-00.jpg

たどり着いたのは大波が打ち寄せる「明石海岸」。

p2220303-2017-02-26-07-00.jpg

そこに一つの鳥居があります。
鹿島の神は海からやって来て、まず最初に通るのがこの鳥居だと云います。

p2220308-2017-02-26-07-00.jpg

冬至のときの日の出の方を向くこの鳥居は、これから目指す「鹿島神宮」の「東一の鳥居」と呼ばれている鳥居です。
東一の鳥居から、鹿島神宮神門、本殿、そして香取神宮本殿まで、直線上にきれいに並ぶように配置されているそうです。
東日本大震災の時でも倒れることのなかった鳥居ですが、手前の堤防は強化されたようで、
背の高い堤防からちょこんと顔を出す鳥居は、その景観が少し残念なようで、またちょっと可愛くも見えてしまうそんな感じです。

p2220309-2017-02-26-07-00.jpg

ここは、「大彦・長髄彦」の子「ヌナカワワケ」らがたどり着き、住み着いた場所で、「常陸国」(日立ちの国)と呼ばれました。
それは「太陽の昇る国」の意味であり、「常陸国風土記逸文」には、鹿島の西方の「信太群の地は本、日高見(ひだかみ)国なり」と記されています。

p2220311-2017-02-26-07-00.jpg

東一の鳥居のあるこの明石海岸は、「すべての始まりの地」とも呼ばれ、「人生のターニングポイント」としてのご利益あるパワースポットと言われています。

p2220314-2017-02-26-07-00.jpg

b_ornament-2017-02-26-07-00.jpg

p2220319-2017-02-26-07-00.jpg

東国三社のひとつ、「鹿島神宮」へやって来ました。

p2220320-2017-02-26-07-00.jpg

この大鳥居は、かつては石造りだったそうですが、先の東日本大震災で倒壊してしまいました。
今は木製で再建されています。

p2220323-2017-02-26-07-00.jpg

鳥居をくぐると、すぐに楼門が見えて来ました。

p2220339-2017-02-26-07-00.jpg

手水舎で身を清めていると、横に道があるのを見つけました。

p2220326-2017-02-26-07-00.jpg

その先が、もうすでに神秘的な雰囲気を醸し出しています。

p2220329-2017-02-26-07-00.jpg

そこには右に

p2220328-2017-02-26-07-00.jpg

左に末社が立ち並んでいますが、

p2220335-2017-02-26-07-00.jpg

中央に摂社二社の遥拝所が設けられています。

p2220336-2017-02-26-07-00.jpg

わざわざ摂社の遥拝所があるということは、その二社は重要な社であるということです。
この「沼尾神社」と「坂戸神社」も訪ねてみましたが、それがとんでもないところだったのは、後の話で。

p2220340-2017-02-26-07-00.jpg

朱塗りの立派な楼門をくぐります。

p2220446-2017-02-26-07-00.jpg

楼門の足元には、切り株に雷があしらわれた物が祀られています。

p2220445-2017-02-26-07-00.jpg

それはここに祀られる神が「雷神」だからでしょう。

p2220341-2017-02-26-07-00.jpg

楼門の先にはすぐ本殿がありますが、その前に拝殿前に鎮座する摂社「高房社」を参拝します。
古来より本社参拝の前に高房社に参るのがしきたりのようです。

p2220359-2017-02-26-07-00.jpg

御祭神は「武葉槌神」(たけはづちのかみ)で、武甕槌・経津主では服従しなかった「星神香々背男」(ほしのかがせお)を征服した神とされています。
別名を「倭文神」(しとりのかみ)とも呼ばれ、映画「君の名は」で出てくる宮水神社で祀られているのがこの神です。
武葉槌と香々背男のエピソードは謎を多く含みますが、それぞれを祀る聖地が出雲から伯耆国に点在しており、物部系統の人物でありながら出雲王国に傾倒した人物たちだったのではないだろうか、と推察しています。

p2220344-2017-02-26-07-00.jpg

鹿島神宮本社です。
御祭神の「武甕槌神」(たけみかづちのかみ)は武神で、雷神であり、剣の神と伝えられています。
大和朝廷の頃、同じく武神で剣の神である香取神宮祭神「経津主神」(ふつぬしのかみ)と合わせて、蝦夷討伐の際に祭祀されたとあります。
なので通常は東か南を向く社殿が多い中、鹿島神宮の社殿は北を向いていて、蝦夷に睨みを利かせていると云われています。
しかし調べていると、当神宮はむしろ、蝦夷を見守るように建立されているのではないか、と考えられるようになりました。
そこには大彦らの子孫の、消された歴史があったのです。

p2220348-2017-02-26-07-00.jpg

武甕槌の威光が最も現れるのは、出雲神話に伝わる「葦原中国平定」(あしはらのなかつくにへいてい)、いわゆる「国譲り」のシーンです。

高天原のアマテラスは、下界を覗き見て、「葦原中国を統治すべきは、我々天津神の子孫でなくてはらならい」と言い出します。
そこで幾柱かの神に、葦原中国を治めるオオクニヌシの元へ向かわせようとしますが、
「天忍穂耳命」(あめのおしほみみ)は天の浮橋から下界を覗き、「葦原中国は大変騒がしく、手に負えない」とこれを拒否します。
「天菩比命」(あめのほひ)はオオクニヌシに服従し、三年たっても高天原に戻りません。
「天若日子」(あめのわかひこ)はオオクニヌシの娘「下照比賣」(したてるひめ)と結婚し、八年たっても高天原に戻りません。

困り果てたアマテラスを始めとする天津神の面々は、ついに最終手段に出ます。
そこで葦原中国平定に選ばれた三柱の神が「武甕槌」と「経津主」、それに「天鳥船」(あめのとりふね)でした。

p2220349-2017-02-26-07-00.jpg

しかしこれは例によって、記紀による創作された神話です。
真実のタケミカヅチを、追ってみたいと思います。

p2220346-2017-02-26-07-00.jpg

鹿島神宮本殿裏手には「鏡石」という霊石があるそうです。
丸い鏡のような石が地面から覗いているということで、一般に拝することはできないようです。

p2220444-2017-02-26-07-00.jpg

また同じく本殿裏には大きな御神木が姿を見せていました。
それはまるで、心の御柱のようです。

b_ornament-2017-02-26-07-00.jpg

p2220370-2017-02-26-07-00.jpg

本社からその先に、鎮守の杜(ちんじゅのもり)が続いています。

p2220372-2017-02-26-07-00.jpg

杜は深く、霊気を放っています。

p2220373-2017-02-26-07-00.jpg

国家「君が代」に詠われる「さざれ石」があり、

p2220377-2017-02-26-07-00.jpg

その横には「鹿園」がありました。

p2220379-2017-02-26-07-00.jpg

武甕槌の元へアマテラスの命令を伝えに来た神は「天迦久神」(あめのかぐのかみ)という鹿の神霊でした。
故に鹿島神宮の使いは鹿となっています。
鹿島神宮の武甕槌は、藤原氏によって奈良の春日大社に分霊されますが、その際も鹿が運び手を担ったことから、両社では鹿が神鹿として大切にされています。
ちなみに「鹿島アントラーズ」のアントラーは鹿の枝角のことです。

p2220382-2017-02-26-07-00.jpg

物部勢に敗北した「大彦」、いわゆる「ナガスネヒコ」は「越国」北陸へと敗走しました。
大彦の息子「ヌナカワワケ」は伊豆へ退却していきますが、この時、摂津三島の人々は大彦の王家を守るために同行し、伊豆半島の入口に三島の町を造った
と云います。
ここで大彦らは「安倍(阿部)」の姓を名乗りますので、大彦王国は以後、「安倍王国」と呼ぶのが相応しいでしょう。
物部勢は更に執拗に、安倍王国の征服に向かい、焼津や日本平の戦いなどで勝ち進みます。
安倍勢は船で房総半島に渡って北上し、鹿島を都とし、そこに鹿島神宮を建て、「雷」(出雲竜神の化神)を祀りました。
そしてその国を「常陸国」としたのです。

p2220385-2017-02-26-07-00.jpg

鹿島神宮の祭神、タケミカヅチについて、その実在の人物と思われる名を、「登美家」の家系図に思いがけず見つけてしまいました。
富家の伝承を語る「斎木雲州」著の「出雲と大和のあけぼの」巻末に、その図はあります。
それによると、事代主の長男「クシヒカタ」の孫に、「健瓮槌」の名がありました。
斎木雲州氏は、この健瓮槌について言及していませんが、大彦は登美家出身であることに強い誇りを持っていましたので、その子ヌナカワワケが鹿島に、先祖の名で雷神を祀ったというのは十分にあり得ることでしょう。
もしそうなら、一般に常陸の鹿島神宮のタケミカヅチは「中臣氏・藤原氏」の祖神と考えられていますが、実際は登美家の祖神であるということになります。
後年、中臣氏率いる軍勢が西から攻め、鹿島神宮を奪い、そして祭神のタケミカヅチを自家の氏神に加えたということなのかもしれません。

b_ornament-2017-02-26-07-00.jpg

p2220390-2017-02-26-07-00.jpg

鹿島神宮の深い杜の奥には、「奥宮」(おくのみや)が鎮座していました。

p2220397-2017-02-26-07-00.jpg

ここには武甕槌神の「荒魂」が祀られていると云います。

p2220399-2017-02-26-07-00.jpg

本殿の前に立つと、厳かで、重い空気が伸し掛かります。

p2220398-2017-02-26-07-00.jpg

やがて睦前や睦中へ宮殿を移した安部王国は、国名を「日高見国」と称し、その後、「日之元津国」や、「日本之(ひのもとの)国」と名乗りました。
「旧唐書」の「倭国日本国の条」に次の記事があります。

「日本国は倭国の別種なり。その国は日の辺にある故に、日本を名とする。倭国はその名が上品でないと自ら嫌い、改めて日本に変えた。あるいは言う。日本は古くは小国で、倭国と並立していた」

つまり当時、日本国と大和国は別であったことを示しています。
そして「日本国」は、安倍王国が先に使ったものでした。

p2220393-2017-02-26-07-00.jpg

b_ornament-2017-02-26-07-00.jpg

p2220402-2017-02-26-07-00.jpg

さて、杜は尚も深く続いています。

p2220404-2017-02-26-07-00.jpg

その行き着く先に、「要石」(かなめいし)という霊石が鎮座しています。

p2220407-2017-02-26-07-00.jpg

要石は武甕槌の御座であり、地震を起こす鯰の頭を抑えていると古くから伝えられています。

p2220415-2017-02-26-07-00.jpg

徳川光圀は、要石がどこまで深く埋まっているか確かめようと、7日7晩にわたって掘らせたそうですが、
いつまで経っても辿り着くことはできず、怪我人が続出したため掘ることを諦めたという話が、「黄門仁徳録」に記されています。

p2220401-2017-02-26-07-00.jpg

鹿島神宮と縁の深い香取神宮にも、似た要石があり、この二つの石は地下で繋がっていると云われます。
鹿島・香取の両神がこの要石でなまずの頭を釘のように打ち付け、動けなくしているので、この地方では地震は起きるが大きな被害はないと伝えられています。

p2220418-2017-02-26-07-00.jpg

香取神宮の要石は凸の形の石ですが、鹿島神宮の要石は中央が凹んだ形をしています。
またこの要石は高千穂神社から贈られたものだという話もありますが、地中に深く埋まるこの石が、他所から運ばれたというのはちょっと無理があるように思います。

p2220419-2017-02-26-07-00.jpg

しかし、古代の日本の聖地を結ぶ「レイライン」は、高千穂神社の「鎮石」(しずめいし)から鹿島神宮の要石までが直線上に結ばれ、
その間に「皇居」や「明治神宮」「富士山」「伊勢神宮」などが綺麗に並んでいて、このレイライン上を夏至の日に太陽が通るのだと云われているそうです。
高千穂神社の鎮石も、確かに、要石によく似ています。
鹿島神宮では、この要石は、伊勢神宮などでいう「心の御柱」的存在であるとしています。

p2220421-2017-02-26-07-00.jpg

参道を要石で折り返して道を行くと、ひっそりと祀られる石を、杜の中に見つけました。

p2220422-2017-02-26-07-00.jpg

どこにも説明がないので、何が祀られているのか不明ですが、とても神秘的でした。

b_ornament-2017-02-26-07-00.jpg

p2220423-2017-02-26-07-00.jpg

鹿島神宮の「御手洗」(みたらし)へとやってきました。

p2220424-2017-02-26-07-00.jpg

そこは神代に一夜にして湧水したという霊泉です。

p2220426-2017-02-26-07-00.jpg

干ばつでも決して涸れない、大人でも子供でも入ったら水面が胸の辺りにくる、と云われています。

p2220425-2017-02-26-07-00.jpg

あまりに清らかな、その湧水は、昔の禊場でした。
今でも、年始の大寒の禊行の際に200名ほどの人々が、寒さの中池に入り、祝詞を唱えます。

p2220432-2017-02-26-07-00.jpg

中華の国では、異民族を蔑称で呼ぶ風習があり、東に住む野蛮人を東夷と呼んでいました。
記紀は、それを真似て、敗走した大彦を「長髄彦」と呼び、その勢力を「蝦夷」と呼びました。
大彦は越後を通って信濃に移住し、布施で亡くなったと伝えられています。
その地には「布制神社」(長野市)が建てられ、大彦の墓も造られているそうです。

p2220429-2017-02-26-07-00.jpg

出雲王国に傾倒していた安倍一族は、サイノカミ信仰の主神「クナト大神」にちなんで、自分たちの勢力地を「クナトの国」と呼んでいたそうです。
その言葉がやがて「クナ国」となり、北陸地方から東海地方までを指したと云います。
クナ王国では、銅鐸祭祀が尊重され、祭りに鏡は使われませんでした。
神獣鏡は物部好みの道教の道具だとして、あくまで嫌ったと云うことです。

p2220427-2017-02-26-07-00.jpg

伝承によると、安倍王国には、アイヌ代表も加わっていたと云います。
ということは、安倍王国=日本国は、北海道や樺太も領土にしていたことになるようです。

pa061157-2018-01-21-07-00.jpg

青森県の東北町に東北の蛮族を征伐した「坂上田村麻呂」が彫ったとされる「日本中央の碑」(にほんちゅうおうのいしぶみ)という謎の石碑がありますが、

pa061158-2018-01-21-07-00.jpg

これは安倍王国の王「安倍致東」が残したものだと云うことのようです。

pa061159-2018-01-21-07-00.jpg

本州の外れに、なぜ日本中央の碑があるのか、大いに謎とされていますが、安倍王国でいうところの日本国が東北から北海道に至っていたのなら、まさしくそこは日本の中央であったということになります。

p2220428-2017-02-26-07-00.jpg

つまり「日本」という国名は、東北・安倍王国が名乗った後に、大和王国が勝手に名を使った、ということらしいです。
東北地方を領国とした安倍王は、都を津軽半島に定め、出雲と同じ竜神木信仰「アラハバキ」の信仰を広めました。
王国各地より、代表が祭りに参列し、祭壇には「目閉じ女神像」が立てて拝まれたと云うことです。

p2220435-2017-02-26-07-00.jpg

御手洗のそばに、ひときわ大きな切り株がありました。
これは参道入口の、大鳥居再建の際に切り出されたものだそうです。

p2220436-2017-02-26-07-00.jpg

御手洗の奥には、大国主を祀る「大国社」があり、そこはまた特別な雰囲気のあるところでした。

p2220437-2017-02-26-07-00.jpg

安倍王家の一部は奥六群に中心を移しますが、そこに源氏の軍勢が進出し、政府の指示なしに私闘を繰り広げます。
それがいわゆる「前九年合戦」です。
これに敗れた安倍王家は領土を狭め、鎌倉時代には名を「安東」と称するようになります。

p2220438-2017-02-26-07-00.jpg

やがて安東氏は鎌倉時代後期に北条執権政府の支配下に入ったので、古代から続いた安倍王国はこの時、終了したと言えます。

p2220442-2017-02-26-07-00.jpg

文永と弘安年間の二回、蒙古軍船の大襲来がありました。
この蒙古襲来は神風が吹いて、敵船は全滅したと歴史に記されています。
しかし、実際は執権政府の要求に応えて、津軽の安東水軍らが海上で懸命なゲリラ戦を繰り広げ、蒙古船を追い払った、と伝える古老がいるそうです。
重油を樽に入れ積んだ安東船は、夜陰にまぎれて蒙古船に近づき、重油をつけた松明に火をつけて敵船に投げいれ、多くの敵船を燃やしたと云います。

p2220447-2017-02-26-07-00.jpg

また、前九年合戦で敗れた「安倍宗任」は肥前松浦に移って「松浦」姓を名乗り、一族は「松浦党」という水軍(海賊)となりました。
かれらも蒙古軍船撃退のために活躍したそうです。
しかし時の鎌倉幕府は、彼らに恩賞を与えることを嫌い、安東水軍の活躍を無視し、神風神話が生まれたということのようです。

p2220448-2017-02-26-07-00.jpg

松浦党の一部の人は古代先祖の地「出雲」へ移住したそうですが、その人らが長門に移り住み、今の総理大臣の家系へと繋がるのかどうかは、与り知らぬところです。
ただ、大和の皇子「大彦」の子孫であり日本の名門である「安倍」家は、時の政権から異民族ではないのに蝦夷扱いされ、出雲王国と同様に、勝者の歴史「正史」から、葬られたのです。

p2220659-2017-02-26-07-00.jpg

ところで鹿島神宮の境内では、社叢を注意深く散策すると、ハートに見える枝が幾つか見られるそうです。

p2220657-2017-02-26-07-00.jpg

b_ornament-2017-02-26-07-00.jpg

p2220662-2017-02-26-07-00.jpg

鹿島神宮、東一の鳥居の反対方向に、西の一の鳥居があります。

p2220665-2017-02-26-07-00.jpg

かつては東西南北、それぞれに一の鳥居があったそうですが、今は東西にその姿を残しています。
北の鳥居は消失し、南の鳥居は息栖神社の一の鳥居が兼用しているそうです。

p2220666-2017-02-26-07-00.jpg

海面に浮かぶ朱色の鳥居は、今は平和になった我国を、静かに眺めているようでした。

1302e9b9bfe5b3b6e7a59ee5aeae-2018-01-21-07-00.jpg1303e9b9bfe5b3b6e7a59ee5aeaee5a5a5e5aeae-2018-01-21-07-00.jpg

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中