息栖神社:八雲ニ散ル花 東国編之参

投稿日:

p2220732-2017-03-1-18-00.jpg

東国三社の最後の一つ、「息栖神社」(いきすじんじゃ)へとやって来ました。
茨城県神栖市にある息栖神社は、東国三社の中でも、ちょっと異質な感じがしました。

p2220735-2017-03-1-18-00.jpg

息栖神社の駐車場に車を停めたら、すぐに境内が見えますが、
ここは反対方向に進んで「一の鳥居」を目指します。

p2220683-2017-03-1-18-00.jpg

利根川河口近くに位置する息栖神社、その一の鳥居の下には、

p2220692-2017-03-1-18-00.jpg

二つの井戸があります。

p2220686-2017-03-1-18-00.jpg

それは魚も泳ぐ、清らかな井戸なのですが、実はこの井戸が息栖神社の御神体なのです。

p2220684-2017-03-1-18-00.jpg

この井戸は「忍塩井」(おしおい)と呼ばれ、「日本三霊泉」のひとつに数えられています。
この辺りは海水と淡水が混ざる汽水のエリアになりますが、 忍塩井では海水を押し返し清水のみが湧きだしています。

p2220687-2017-03-1-18-00.jpg

社伝では神功皇后3年に造られたとしている忍塩井は、それぞれ「男瓶」「女瓶」という名の2つの土器から水が湧き出ています。
こちらは男瓶で銚子の形をしているそうです。

p2220695-2017-03-1-18-00.jpg

女瓶はやや小ぶりで土器の形をしていると云われています。
井戸の水が澄んでいる時だけ見ることができるこの瓶は、見事拝むことが出来れば幸運が訪れると云います。
さらに、女瓶の水を男性が、男瓶の水を女性が飲むことで 二人の仲が良くなる縁結びのご利益があると伝わっています。

p2220689-2017-03-1-18-00.jpg

息栖神社は実は過去に移転しているのですが、その際、この井戸も元あった日川から、自力でついてきたと云われています。

p2220698-2017-03-1-18-00.jpg

数キロ下流の日川から息栖神社がこの地に移された時、取り残されてしまった男女二つの瓶は、神のあとを慕って三日三晩哭きつづけました。
そこで二つの瓶はとうとう自力で川を遡り、一の鳥居の下にヒタリ据え付きます。
しかしこの地に定着して後も、時々日川を恋しがり、二つの瓶は泣いたと云われています。
日川地区には瓶の泣き声そのままの「ボウボウ川」と、瓶との別れを惜しんで名付けた「瓶立ち川」の地名が今も残されているそうです。

c1d-2017-03-1-18-00.jpg

p2220734-2017-03-1-18-00.jpg

さて、参道へと戻って来ました。

p2220701-2017-03-1-18-00.jpg

入り口には立派な樹勢の稲荷社があります。

p2220702-2017-03-1-18-00.jpg

鹿島・香取の両神宮に比べると、やや印象の薄い息栖神社ですが、訪れてみるとまた両宮とは違った、瑞々しい神気を感じます。

p2220704-2017-03-1-18-00.jpg

神門をくぐります。

p2220706-2017-03-1-18-00.jpg

境内には力石や、

p2220707-2017-03-1-18-00.jpg

古い狛犬もありました。

p2220712-2017-03-1-18-00.jpg

御神木も勢いがあります。

p2220715-2017-03-1-18-00.jpg

主祭神は「久那戸神」(くなどのかみ)で、 相殿神として「天鳥船命」(あめのとりふねのみこと) と「住吉三神」(すみよしさんしん)が祀られています。

p2220716-2017-03-1-18-00.jpg

主祭神、そう出雲王朝最古の神「クナドの神」です。

p2220725-2017-03-1-18-00.jpg

「日本書紀」は、葦原中国平定後、経津主神の全国平定にお供した神の名を「岐神」(くなどのかみ)と記しています。
しかし原初の日本において出雲に渡来した、インドのドラヴィダ族の王が「クナト」でした。
縄文時代、クナトとともに出雲に定着した民が出雲王国を築き上げ、初代王「菅之八耳」(すがのやつみみ)らが主神として「クナト大神」を祀ります。
そしてクナト王の后を「幸神・斉神」(サイノカミ)、「キサカ姫」「八岐股姫」などの名で祀りました。
また両神の子神としてインドのガネーシャを「サルタ彦」に、ナーガを眷属神「龍神」として祀ります。

p2220717-2017-03-1-18-00.jpg

やがて秦国から徐福が出雲に2000人、佐賀に3000人の童男童女や技術者らを連れて渡来します。
彼らの文明が弥生時代を生み出すのですが、その佐賀の子孫が「物部氏」となり、第二次物部東征により、出雲王国は終わりを告げることになります。
経津主は物部の神なので、「日本書紀」の葦原中国平定後の記述は、物部氏が出雲氏を制圧し恭順させたことを暗喩しているものと思われます。

p2220720-2017-03-1-18-00.jpg

息栖神社の創建は、神功皇后の頃か応神天皇の頃となっていますが、元はもっと古い時代の「大彦・安倍王国」の時代の創建だと考えます。
大彦は出雲王国に傾倒していましたので、一族はここに「クナト大神」を祀ったのだと思われます。
後に神功・応神の代に、皇后とは切っても切り離せない重要な海神「住吉三神」が配祀されたのでしょう。

p2220721-2017-03-1-18-00.jpg

ところで、もう一方の配神「天鳥船命」です。
この神は徐福の出雲への渡来の際、同行した「穂日」(ホヒ)の息子「夷鳥」(ヒナドリ)のことです。
ホヒとヒナドリは野心を持ち、当時の出雲主王「大国主」と副王「事代主」を拉致し、孤島に幽閉し、枯死させた主犯です。
そして以後、その子孫は出雲における要職を得て、記紀の編纂においても自家の後ろめたい歴史を隠匿するために、裏工作を働いています。
古事記で、高天原から派遣された父「ホヒ」は大国主に恭順して3年帰らなかったのに、息子「ヒナドリ・トリフネ」はタケミカヅチとともに大国主に国譲りを迫るというチグハグな表記となっているのが、彼らの策謀のあらわれの一端です。
また時の国造家は意味を理解していなかったのか、「出雲文書」で「ホヒは隠中であった」と記してしまい、大問題になったとあります。
隠中とはスパイという意味です。
つまり、息栖神社に鳥船が配祀されたのは記紀の編纂の影響で、権力者に強制的に書き換えられたということなのかもしれません。

c1d-2017-03-1-18-00.jpg

e382b9e382afe383aae383bce383b3e382b7e383a7e38383e383882017-03-014-53-31-2017-03-1-18-00.jpg

さて地図上でこの三社を結ぶと綺麗な 二等辺三角形となります。
地図の緑の部分がそうです。
謎のトライアングルという人もいて、トライアングル内の地域では不思議な出来事が起こるそうです。

しかし息栖神社は神功皇后・応神天皇の代に日川(にっかわ)の地にに創建され、後の大同2年(807年)に藤原内麻呂によって現在地に移転したと伝わります。
この話は息栖神社御神体の男瓶・女瓶の伝承にも見られます。
そこで御神体の井戸が遡って来たであろう常陸利根川を伝っていって、日川のあたりまで行ってみました。

p2220668-2017-03-1-18-00.jpg

そこには「蚕霊神社」(さんれいじんじゃ)と呼ばれる神社がありました。
旧字体で「蠶靈」と彫られています。
この蚕霊神社を息栖神社に置き換えて、鹿島神宮・香取神宮を線を結ぶと、地図のピンクの部分、そう正三角形が浮かび上がります。

p2220671-2017-03-1-18-00.jpg

確証は得られていませんが、ネットの噂をみると、やはりどうやらここが元宮らしいです。

p2220672-2017-03-1-18-00.jpg

蚕霊神社は、その名の通り、養蚕の神を祀る神社です。
養蚕業はかつては一大事業だったため、養蚕の神を祀る神社も少なくはなかったようです。

p2220670-2017-03-1-18-00.jpg

蚕霊神社の由来というのがありました。
ある日、漁夫の「権大夫」が「豊良湊」沖に漂う丸木舟を引き上げて見ると、世にも稀な美少女が倒れていたそうです。
少女はインドの「金色姫」というお姫様でした。

彼女の継母はとても妬み深く、国一番の美女ともてはやされる姫が憎くてたまりません。
そこで継母は姫を「獅子の山」へ放ち、「鷹の巣山」へ放ち、「絶海の孤島」へ島流しにしますが、姫は「獅子」に「鷹」に「漁夫」に助けられて戻ってきます。
業を煮やした継母は、城の片隅に穴を掘って姫を埋めてしまいます。
すると埋めた場所から、今度は眩い金の光がさして来て、継母は驚いてしまいます。

憎しみに取り憑かれた継母は、桑の木で作った「丸木舟」に姫を押しこめて、大海に投げ込みました。
流れ流れた丸木舟は、常陸国豊浦に流れつき権大夫に救われたというのです。

心痛めた権大夫は、我が娘のように育てますが、姫は病死してしまい、小さな虫となり変わってしまいます。
権大夫はこれも姫の化身と桑の葉を与えて飼育していると、四眠して五回目に美しい糸を吐きながら、繭を作ってその中に納まりました。
その繭から繰りとった絹糸で織り上げられたものが、見事な常陸絹織となって、その名声は高く、各地に広がっていったそうです。

p2220673-2017-03-1-18-00.jpg

蚕霊神社の拝殿は赤く塗られており、とても印象的です。
ここにある蚕霊神社の由来は、「養蚕秘録」という江戸時代の養蚕秘伝書に書かれている伝承とほぼ同じだそうで、養蚕が盛んだった地区によく伝わっている話のようです。

p2220674-2017-03-1-18-00.jpg

ただ、姫が流れ着いた「豊良湊」というのは神栖市波崎の舎利浜(しゃりはま)だという話があります。
舎利浜は、ここから利根川沿いに下った河口付近になります。
そこに着いた丸木舟は「うつろ舟」だったと云う話もあって、神栖の蚕霊神社も一気にミステリー色を帯びてきます。
「うつろ舟」というのは、どうやらUFOなのではないかという話があるからです。

p2220681-2017-03-1-18-00.jpg

ただ「うつろ舟」の話は中国や韓国の話によくある話で、養蚕業も「秦氏」、つまり中国の渡来人がもたらした文化の一つなので、ここが物部家の安倍家制圧の拠点とした古社のひとつで、権大夫と金色姫の話が一帯に語られたのかもしれません。

p2220677-2017-03-1-18-00.jpg

出雲のDNAを持つ安倍家とタケミカヅチ、それを攻める物部家とフツヌシ、その両者を乗っ取った中臣家、そしてそこに乗っかった穂日家とトリフネ、
東国の謎のトライアングルは歴史の闇に埋もれつつも、今はどこも素晴らしい、清々しい聖地となって残り続けていました。

p2220676-2017-03-1-18-00.jpg

1304e681afe6a096e7a59ee7a4be-2017-03-1-18-00.jpg

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中